蝶の様に舞う〜FootballManager2007日記〜

SEGAのサッカーゲーム『FootballManager』シリーズの日記と、 たまに思った事、サッカー、音楽に関する日記も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Napoli 2年目 9月 10月 11月 12月~セリエA開幕~

プログのデザインを試験的に変更。
前のデザインは、かなり好きだったんですが、
横幅が狭いので、表等を使う際に少し使いにくかったんで。。
結局悩んだ末、デザインより’読みやすさ’をと選択。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
vsParma(Home)
セリエA開幕戦。ホームでパルマを迎え撃つ。
Pカンナバロにとっては古巣との対決。
怪我人続出のためカルスをボランチに据える。
獲得したばかりにキルギアコスマラエフはベンチスタート。
試合開始から、完全にゲームを支配。
フラミニが中盤でボールを奪えば、
カルスがボールを散らし両サイドを中心にチャンスを作る。
もちろん攻撃的な両サイドバックの働きも見逃せない。
32分左サイドからゼルビーが逆サイドに大きな展開を見せる。
タッチラインぎりぎりで拾ったオリベイラが中にマイナスのクロスを放り込むと、
フィオーレが落ち着いて押し込み先制!
そして、後半開始すぐFK後カルスが倒されPK!
疑惑の判定らしいですが、ホームの特権でしょうw
しかし、この後FKの競り合いからGKのスペローニが、
相手DFのヘッドに競り負け無人のゴールに叩き込まれ失点。
なんとかこれを守りきり勝利。
ホームの大観衆に勝利の美酒をプレゼントした。
○2-1

フラミニ素晴らしいなぁ(´∀`)


vsCatania(Away)
前半は互角の展開。
後半、相手CKから弾いたボールを拾われ、
PA内の味方に繋げられ失点。
そして、すぐに相手FKを直接決められ突き放される。
ブッチが終了間際に入れるが時既に遅し。
早くも、今期初黒星を喫した。
●1-2

vsTorino(Home)
大黒様はリザーブで干されてますが、
よく目を凝らすと中盤にNakamura・・・・・・憲剛が!
390Mでフロンターレから移籍したようです。
そして、この試合はマラエフキルギアコスを先発で試してみる。
試合は開始から互角の展開が続くが、
前半終了間際にブッチが左サイドでキープしてクロス!これが相手DFに当たり、
走りこんでいたオリベイラがシュート!これを決め先制。
後半開始直後、相手のアーリークロスからカンナバロが振り切られヘッドを許し同点に。
その直後、ブッチがPA内で倒され(疑惑の判定)PKを得これを決めて、再び突き放す。
すると61分には、フィオーレが相手を倒し、PK献上。
しかし、これを止め、胸を撫で下ろす。
守備的に4-1-2-2-1にし、中盤の守備力を高める為、
フィオーレ等を外し、ガルシアドナーティー投入。
すると70分にブッチのクロスにレゲイロが左足であわせ追加点をあげる。
そして、このままタイムアップ。
○3-1 オリベイラ1 レゲイロ1 ブッチ1

これで2勝1敗。カルスのパス精度が悪く18本中9本しか通っていない。
中盤でこの割合だと攻撃も組み立てる事ができない。
やはりドナーティー君の方が優秀ですね。

↑4位


次節のラツィオ戦を迎えて、ライバルとの対決になりますがと記者に聞かれたんですが、
ナポリってなぜかライバルがかなり多いんですよね。
過去に色々あったんでしょうか・・・・。
napoli onfo




vsLazio(Away)
お・・・今気づきましたがナカミューラがボスマンでラツィオ入りしたようですね。
昨季のセルティックでは24試合5G12Aの7.96という驚異の数字を残してます(;・∀・)
試合は守備的に入るナポリを尻目にラツィオが試合を支配し、
18分にナカミューラのプレイから最後はロッキにゴールを奪われる。
27分にはRブラボー、39分にはブッチが負傷交代。
前線でタメを作れる選手を失ったナポリは、チャンスをなかなか作れず、
この後も追加点を奪われ、敗戦。
●0-2
ナカミューラをもう少し早い時間から警戒しておけばよかった。。。

↓8位

Rブラボーが1ヶ月~2ヶ月の負傷離脱(-_-;



vsMilan(Home)
来ました。優勝候補との対戦。
布陣を従来の4-4-2に戻して挑む。
開始早々8分Bocaから2,85Bもの大金でミランに移籍してきた、
PlacioにPカンナバロが完全に1対1で抜かれ先制点を許す。
しかし、ホームのナポリは負けじと、
ゼルビーの長いピンポイントパスに逆サイドから走りこんできたオリベイラが点で合わせるボレーで、
同点とする。
しかし、20分相手CKからジラルディーノにヘッドを許し再び突き放される。
またまた44分ムペンザのクロスが相手DFに当たりオリベイラの足元へ!これを豪快にネットに突き刺し再び同点とする。
この後、ナポリは数回決定機を迎えるがこれを決めれず試合終了。
強豪相手に良い試合でした。なんとか連敗は避けた。
△2-2 オリベイラ

↓9位


【親善試合】
vsBeijing Tiankong(Home)
次の試合まで20日あるので、北京のチームを招いて控え選手の調整試合。
△1-1



vsLivorno(Away)
●1-2 オリベイラ
試合を完全に支配するものの、
CKからヘッドとマークミスからヘッドで敗戦。




【チーム見直し】
07formati
基本的なフォーメションは前回で書いたこんな感じです。
なぜ見直すかというとフィオーレが機能していない。
やはりトップ下だとプレッシャーがきつく前になかなか向けないので、
彼のストロングポイントであるパスを有効に出せてないんですよね。
考えられる策としては、
・ハーフの位置まで下げ4-1-2-2-1と3トップ型にする。
・サイドに張らせ、ナカミューラのような感じでゲームをコントロールしてもらう。
左サイドで一度後者をやってみたのですが、
あんまり上手くいかなかったんです。
現在、6試合で4得点を挙げているオリベイラはもっぱら逆サイドからのクロスに、
フリーで走りこんできて、ドカンという感じなので、
彼の得点能力をわざわざ消す必要もないなと思ってます。
一度前者の方で作ってみましょうかね。
(内心は4-4-2のブッチムペンザの2トップが一番良い気がするんですが、
それだとフィオーレ使えないんで・・・・・)




4-3-3_fiore.jpg

スローインやCKの設定もイジってみました。
これでFioreが活躍できるはず。
また、オリベイラのパス成功率が低いのでその辺も修正。



vsUdinese(Home)
試合開始直後、カウンターからゼルビーのクロスは弾かれますが、
それを拾ったドナーティーがPA内のブッチにパスし、ブッチがこれを決め先制。
そして、この後押し込まれる展開が続くが、
64分にオリベイラのパスカットから再び、ブッチが決め追加点。
この後、かなり攻められるがスペローニのスーパーセーブ連発で凌ぎきり勝利。
やっぱ、GKはスペローニしかいない(*´Д`)
○2-0 ブッチ1

↑12位

新しいフォメは・・・う~ん押し込まれてたのでなんともいえませんが、
フィオーレはパス41本中26本成功で2本がキーと微妙・・・・。
比べちゃ悪いですが、ピルロは前回対戦時に、
ハードマーキングしているにも関わらず39本中30本でしたから。
でもフィオーレの方が彼より前線でパスを受けるケースが多いんで、
なんともいえないところですが・・・。
まだまだ改善の余地ありそうです。


アリディエール使わなそうなんで、アーセナルに返還。


vsAtalanta(Away)
4-4-2で挑む。
試合を通し17本とシュートを放ち試合を支配するが、
ゴールを決めれず、相手の枠内シュート1本を決められ敗戦。
アウェイで勝てない・・・。
●0-1

↓14位 やはりセリエAは甘くないですね・・・・・。




vsCagliari(Away)
4-2-3-1で右サイドにフィオーレを据える布陣で挑む。
試合開始から次々と点を奪われ気づけば前半で3失点。
気づいてしまいました・・・・・。
いえ、実は気づいていたんです・・・・・・・・。

Glen Johnsonジョンソン


が穴ということに・・・・。次節見せる軽いプレー。
しかも積極的に上がるので裏をつかれる。
言語の問題を理由にはできません。
●2-4

↓14位

しばし、カセッティを起用してみます。



【コッパ・イタリア 1回戦1stLeg】
vsRoma(Away)
序盤から攻められるが、フィオーレの直接FKとムペンザのゴールで、
なんとか次節のホームでの試合に望みを繋げた。
●2-3 フィオーレ ムペンザ



vsEmpoli(Away)
開始直後からアウェイながら攻めまくるが、
前半に相手FKを前に出すぎ、ポストに当たってそれを押し込まれ初のシュートで先制される。
後半も攻めまくるが、なかなか得点を奪えず、
終了直前にブッチが1点返すがそれが精一杯。
60対40でボールを支配するが、点に結びつかず。
失点の原因になったスペローニですが、
予測力が低いせいか、相手FKの際によく間違えて飛び出して、
頭を超えて決められるってのがよくあるんですよね・・・・。
△1-1 ブッチ

↑13位


vsParelmo(Home)
そろそろ勝っておかないとヤバイ感じになってきました。
幸い相手は強敵ですが、中盤のメンバーを少し落としてきているみたいです。
ワントップのアマウリを警戒しながら試合に入る。
この試合も序盤からボールを支配し、38分にカルスが移籍後初ゴールで先制点をあげるが、
50分にまたもやFKから得点を許しドロー。
スペローニ・・・・・反応は良いんですが、FKから得点入れられすぎ。
結局16本シュートを放ちますが1点しかとれず。。。
△1-1 カルス


【コッパイタリア 2ndLeg】
vsRoma(Home)
●0-2
結局、PK2本を献上し、敗退決定。
内容は互角以上なんですが、やはり’個’の差なんでしょうか・・・・。



vsJuventus(Away)
なにかと相性の良いユーベとの対戦。
今期のコッパイタリアでも勝利してますし、
このチームはとりあえずパロを潰せばいいということを知ってます。
試合はお互い一進一退の攻防が続くが決め手に欠く展開。
試合が動いたのは76分。
この日たびたびサイドに流れチャンスメイクしていたムペンザが、
左サイドからクロス!このボールを名手ブッフォンの手前でブッチが捕らえ先制!
しかし、80分にサラジェタのゴールで追いつかれ同点で試合終了。
またまた引き分けかぁ(;´Д`)

→13位 メディアの予想通りの順位ですね(;・∀・)



vsRoma(Home)
強豪相手が続く・・・・。
開始からローマに主導権を握られ、
裏へ抜け出される場面が目立つ為、ラインを下げる。
すると22分フラミニのパスカットからゼルビーにパスが通り一人交わしてシュート!
これは防がれるが、こぼれ玉をオリベイラがごっつあんで押し込み先制。
この後再三決定機を迎えられるが、なんとか凌ぎ、
42分にカセッティのクロスが相手OGを誘い追加点!
そして、後半はローマの攻撃を寄せ付けず、
2位のローマを破り久々の勝利!
○2-0 オリベイラ1 OG

→13位 Aだと相手GKがいいのか、なかなかブッチが得点できませんね(;・∀・)
1対1もいいところ蹴ってるのですが止められます。
まあ相手の1対1もあまり入ってないですしね。



vsInter(Away)
来ました・・・・イタリアのタイガース(ぇ
残念ながらマテラッツィ兄さんはベンチでミット打ちしてますが、
他はほぼフルメンバーです。
開始早々3本のシュートを放ち、おっ・・・・と思ったのもつかの間、
13分にインテルのファーストシュートをアドリアーノのヘッドで決められ先制される。
26分にも見ていて惚れ惚れするようなパス回しから、追加点を奪われる・・・Orz
この後も追加点を奪われ敗戦。
●0-3


vsChievo(Home)
△1-1 ムペンザ
圧倒的に攻めるがワンチャンスを活かされ同点(;´Д`)
ブッチが1週間の怪我。

↑13位 これで一応年明けまでお休み。


全然使わないのに、年棒110M払ってるので、
レゲイロをバレンシアに返却。






【順位表~07/08シーズン12月31日】
07decem
やはりセリエAは甘くはなかった・・・。
前半戦はやはり守備ラインが安定しませんでした。
GKもコロコロ変えてますし・・・。
あまり良い流れではありませんが後半戦の巻き返しに期待!
ボスマンも楽しみ♪
それと数名の選手が合流予定。
でも即戦力じゃないんだよなぁ・・・・。



【日本代表監督辞任】
あれほど前回盛り上げておいてなんなんですが・・・・・
メンバー選んでたんですよ・・・・フレンドリーマッチに向けて・・・・・
そしてら・・・・なんか、日本の選手がほとんど海外のチームに所属してて・・・・
凄いレート叩き出してて・・・・なんか、これを率いてもかなり簡単なんじゃないかって・・・・
てことで辞任しましたm(_ _)m


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ヌザッチ観察日記~黄昏~】
<観察日記>
ヌザッチは最近、私に不満があるようだ。
リザーブのコーチ曰く、’俺を使え’としきりに言っているらしい。
なので、先日リザーブに視察も含め練習を見てきた。
そこで私はある種の衝撃を受けた。
彼は1対1の場面になると必ずルーレットで抜こうとするのである。
マルセイ・・・・いや、ナポリルーレットになるのであろうか。
しかも、毎回失敗してボールを奪われるのである。
良いように言うと彼のひらめきに体が追いついていないのである・・・・。
良いように言うと・・・・・である。
そして、その事をリザーブコーチにたずねてみると、
彼の口から驚愕の事実が明かされた。
『ああ、彼ねえ。いつも練習終わるとウイイレで3Dスティック回して練習してるらししよ・・・・・・・・・ルーレット。』
開いた口がふさがらないとはこの事なんだなと思った。

能力~08年1月1日~
nzatti2

スポンサーサイト
  1. 2007/03/06(火) 04:17:54|
  2. Napoli 2年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<三国志BattleField | ホーム | Napoli 2年目 6月7月8月~セリエAに向け準備~ >>

コメント

>すろうさん
こんにちは^^

『上向き三角形』は実は昔使って、中盤からのプレスが遅れ、
結構押し込まれた悪い記憶があるので使わなかったのですが、
フィオーレの攻撃力を生かす意味ではいいかもしれません^^
また、ウイングの矢印を中央にもってくるのは面白そうですね。
来週の中頃まで、FMできそうにないのですが、
次のプレイの時に、早速試してみたいと思います。

このデータは、もうフィオーレを諦めて、
オーソドックスな4−4−2でやっていたんですよね。
でも、またフィオーレの起用に挑戦してみたいと思います。

実は、私も2006でペドレッティ獲得したんですが、
結局、使いこなせず投げた記憶があります。
守備ができない選手を中盤の底で使うのは難しいですよね。
タイプは少し違えど、フィオーレ獲得の際は、
その記憶が蘇り、少し躊躇しました(汗

すろうさんの次回のFM日記楽しみにしてます^^
  1. URL |
  2. 2007/03/09(金) 14:45:21 |
  3. Hendrikse #-
  4. [ 編集]

中盤の『下向き』の正三角形を『上向き』にしてみてはどうでしょう?
Fioreを中心に据えて、DonatiをG. Johnsonのフォローにして、
前線は左右ウイングの矢印を中央寄りに。

以前フィオレンティーナとフェイエノールトで使っていた『3トップ、2ボランチ』です。

カウンター攻撃になってしまいますがw
  1. URL |
  2. 2007/03/09(金) 01:42:24 |
  3. すろう #7MGhqQCk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://footballmanager.blog93.fc2.com/tb.php/15-867b6c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★Hot Item★

管理人のオススメ(各商品画像クリック後、商品画面に飛べます。)


『ヒストリー オブ フットボール VOL.1(DVD)』   『マンチェスター・ユナイテッド・オフィシャルヒストリー 1878-2002(DVD)』>   クラシックダービー#ACミランvsインテル・ミラン

最近の記事

FootballManager

プロフィール

Hendrikse

Author:Hendrikse
フットボール、音楽好きの自称NEET。
好きなバンド:The Used,Fall out boy,Weezer,The Hush Sound,Hellogoodbye,Panic! at the disco,blink-182
好きな選手:高原直秦、他海外で活躍する日本人選手
好きなチーム:高原が所属するクラブ・・・Jスポーツしか観れないんで必然的にw


FC2 Blog Ranking

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。