蝶の様に舞う〜FootballManager2007日記〜

SEGAのサッカーゲーム『FootballManager』シリーズの日記と、 たまに思った事、サッカー、音楽に関する日記も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Benfica 1年目 7月 8月~赤天当立~

【ゲーム設定】
英、仏、独、伊、蘭そしてポルトガル、スペインの7か国を選択。
データベース中、DDT評価5000Overを導入。

【Pedro Costa監督 Benfica就任】
Benficaサポーターたちは、この老監督を温かく迎えた。
就任会見で、記者から息子であるルイ・コスタについて尋ねられると、
『もちろん彼は優秀な選手だ。重要な戦力として考えている。』
とコメント。



ひとまず、戦力確認。
ふむふむ・・・・フムフム・・・・フムフム
粒はなかなか揃ってる気がします。
特にCBのルイゾンとアンデルソンというブラジリアンコンビは良さげ。
やっぱブラジリアン多いですねぇ~( ´ー`)y-~~
優先補強ポイントはSBですかね。

そして、コーチが計4人しかいなかったので、3人追加。

ちなみに、ポルトガルの1部リーグは、“bwin Liga”というらしい。
聞いた事ないなぁ(;・∀・)
日本だとスーペルリーガなどと言われていますが、
bwin Ligaというのが向こうでの本当の呼ばれ方なのでしょう。


【Benficaについて】
ここで恒例のWikiより勝手に引用でBenficaについて、お勉強。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ベンフィカSport Lisboa e Benfica)は、ポルトガル・リスボンに本拠地を置くサッカークラブチーム。

FCポルト、スポルティング・リスボンとともにポルトガルの強豪チームの一角を占める。1960年代にはUEFAチャンピオンズカップを連続して制覇するなど隆盛を誇り、近年はタイトルから遠ざかっていたが、2004-2005シーズンのリーグ戦を制した。

-------------------------------------------------wiki pediaより引用・抜粋----------------------------

とあまり書かれていなかったw
もちろんのこと国内カップとリーグの優勝回数は、かなり多いのですが、
意外にCL2回制してますね(´゚д゚`)
しかも2年連続・・・・・・。
約40年前ですがw
おそらく、ポルトガルの伝説的な選手“エウゼビオ”が在籍していた時なのでしょう。
その、エウゼビオ氏ですが、ちゃっかりスカウトにいましたw
能力も、能力判定19 潜在能力判定18 とこちらでもエース級なようです。

Benfica_info.jpg
そういえば、CLの出場資格あるんですね。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
ナポリでは成し遂げる事ができなかったCL出場。
しかし、監督はPedro Costaなのであしからず。
ちなみに、Pedro CostaはRui Costaの父という設定ですが、
勝手に付けた名前で、ルイコスタの父親は、
本当にプロフットボーラーだったようですが、その後は不明です。





そして、順位予想なのですが・・・・・

メディア予想 3位
理事会要求 優勝
サポーター要求 優勝


オイオイ・・・しょっぱなから少しきつくないですか(;゚∀゚)=3ハァハァ
明らかにポルトの方がタレントは豊富。
こりゃ少しきつそう(;´∀`)
サックされるのもたまにはいいかも・・・・ナンテw







【06-07シーズン ローン獲得】
loan_06.jpg
ミランから超一流の二人のローン獲得に成功(;゚∀゚)=3ハァハァ
ローン獲得(゚д゚)ウマー



【06-07シーズン 戦力】
キープレイヤー 
レギュラー 水色
ベンチ 灰色

Name Position Nat Age Value  コメント
Moreira(モレイラ) GK POR 24 ¥320M  将来有望。
GKスキルのみならレギュラークラス
Moretto(モレート GK BRA 28 ¥140M  リアルでは奇跡の男。
安定感が問題
Quim(キム兄) GK POR 30 ¥210M  親善試合でいいところなし。
レスポンスが売り
Dario Simic(シミッチ D RC CRO 30 ¥400M  経験豊富なDF。早くもポルトガル語(Basic)
しかし、当落線上。
Léo D L BRA 31 ¥120M  ヤンクロフスキの控え。
Marek Jankulovski(ヤンクロフスキ) D L, WB/AM RL CZE 29 ¥875M  左サイドバックで起用予定。
ミランレギュラーでもおかしくないのに着てくれました。
Ω\ζ°)チーン
Anderson(アンデルソン D C BRA 26 ¥280M  穴のないDF。ルイゾンとのコンビに期待。
Danilo(ダニーリョ) D C BRA 22 ¥270M  中盤での起用も
David Luiz D C BRA 19 ¥140M  
Luisão(ルイゾン D C BRA 25 ¥380M  DFリーダー 身体能力○
Nélson D/WB R POR 23 ¥250M  
Miguelito(ミゲリート) D/WB L POR 25 ¥140M  
Kostas Katsouranis(カツォラニス DM GRE 27 ¥320M  ペドロコスタ監督のお気に入りの選手。
Perdigão DM BRA 29 ¥230M  
Petit(ペチート DM POR 29 ¥410M  ベンフィカの闘将
Beto M C BRA 29 ¥14M  
Manu AM R POR 23 ¥260M  
Marco Ferreira AM R POR 28 ¥190M  
Paulo Jorge AM R POR 25 ¥170M  
Mauro Rosales(Mロサレス AM R ARG 25 ¥525M  スピードスター
Simão(シモーーーーン AM RL POR 26 ¥1.07B  ベンフィカの至宝
Andrey Karyaka AM LC RUS 28 ¥200M  
Rui Costaルイ・マニュエル・コスタ AM C POR 34 ¥290M  ポルトガルが生んだ天才MF
Giorgos Karagounis(カラグーニス AM C GRE 29 ¥330M  こちらも好きなタイプの選手。
がむしゃらにやってくれる。
Nuno Assis AM C POR 28 ¥400M  
Mika Väyrynen(ヴァイリネン AM C FIN 24 ¥550M  フィンランドのファンタジスタ(?)
Fabrizio Miccoli(ミッコリ F C ITA 27 ¥725M  かつての輝きを・・・・
ウイングで起用予定。
Derlei(デルレイ ST BRA 31 ¥575M  エース候補(レンタルですが。。。)
Mantorras(マントーラス ST ANG 24 ¥140M  アンゴラ国民の期待を一身に受ける、
アンゴラの希望。能力はイマイチ
Nuno Gomes(ヌノゴメス ST POR 30 ¥775M  点取り屋



























































なんて読むかわからない選手多かったんですが、
超ワールドサッカーに載ってるのを参考にしましたw

こうしてみると経験豊富なベテランが多いです。
やっぱりこういうチームは大崩せず安定した成績を収めることができるのかも。
FWの層が若干心配。




ルイコスタ練習中の負傷で約1ヶ月の離脱
主人公不在(´Д⊂ヽ
開幕戦には間に合わないぽい。


ポルトガルリーグはいままでプレイした欧州主要リーグと違い、
どこからでも選手獲り放題なのが良いですね。
おかげで色々な国も自分の庭先になったような気分。

まあ、その背景には色々黒い歴史があるんでしょうが・・・・。
(;´∀`)


【フォーメーション】
↑       ○       ↑  
○               ○
            
      ○   ○
   
        ○
     
○    ○     ○     ○
    
        ○
4-3-2-1


     ←○  ○→   

        ○ 
            
      ○   ○
   
        ○
     
○    ○     ○     ○
    
        ○
4-1-2-1-2

でいく予定。
後者のトップ下での起用もあり得るが、
フィジカルの衰えを考え、ルイコスタを底で起用し復活させる予定。



【親善試合】
vsConcordias
○2-0
調整試合

vsSchaffhausen
△2-2
4-3-2-1を試すが、そこそこの出来。
ミッコリ1トップ×

vsChiasso
○2-0
4-1-2-1-2機能

vsE.Amadora
△3-3

vsFelguiras
○2-0

どの試合も底にヴァイリネンを負傷のルイコスタの変わりに配置。
このタイプの戦術は初めてなのですが、
なかなか良さげでした。




【親善試合で気付いた点】
・ミッコリの1トップは厳しい
・GKはモレットが一番安定
・シモンFW起用も考慮に
・現実でもそうですが中盤の前2人はプレスをきつめに設定


【UEFAChampionsLeague 予備予選 3回戦 1stLeg】
vsSpartak Moscow(Home)
相手は3バックで来る可能性が高いので、
3バックには3トップをということで初の公式戦4-3-3で挑む。

↑       ○       ↑  
○      デルレイ     ○
ミッコリ            シモン
      ○   ○
   カトウラニス プティ
        ○
       ヴァイリネン 
○    ○     ○     ○
    
        ○

というような布陣で挑む。
前半30分辺りまでフルで観て、互角の展開。
カトウラニスの攻撃参加をOftenに設定。
このフォメの場合、中盤に一人攻撃参加Oftenにしないと、
ウイングがボールを持った際にサポートが遅れる気がします。
試合は互角で進むが、セットプレーから2得点、チャンスを確実にものにしたBenficaが5得点の大勝。
高い位置で奪ってカウンターという思惑通りのフットボールが出来ていました。
といってもやはりMVPがFWのデルレイでしょうか。
チャンスを確実に決めてくれる。
気がかりなのはDF陣。
ヤンクロフスキ ルイゾン アンデルソン シミッチだったのですが、やはり加入選手二人入ると不安定です。途中からオフサイドトラップ使用のチェックを外してからは少し安定した気がします。
それと、後半から投入したマウロロサーレス効きますね(・∀・)イイ!!
○5-2 デルレイ3 カトウラニス1 ベト1



負傷のルイコスタが復帰!
リーグ戦には間に合うかも((o(´∀`)o))ワクワク




【UEFAChampionsLeague 予備予選 3回戦 2nd Leg】
vsSpartak Moscow
負傷明けのルイコスタは76%なのでベンチスタート。
フォメは前回と同じで中盤の底に守備ができるペルディガオを入れ、
守備的にいくことに。

△0-0(○合計5-2)
相手に攻めらしい攻めをさせずシュート2本に押さえ完勝。
中盤にファイター系3人置くのいいですね。

これでCLグループステージ進出決定♪



いよいよ、スーペルリーガ開幕へ♪
結局、夏では誰も完全移籍で獲得せず・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/26(木) 21:32:22|
  2. Benfica 1年目〜FM2007〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Benfica 1年目 プロローグ ~Rui Manuel Costa~

※以下の文章はSegaのサッカーゲーム『Footballmanager2007』を題材に扱ったものであり、
実在する選手・団体とは関係ありません。


【Prologue】
かつての栄光・・・・・いつしか評論家たちは彼を形容する際に、この言葉を使うようになった。
91-92シーズンにベンフィカでデビューした彼は、
94-95シーズンに名門フィオレンティーナに電撃移籍。
かつて芸術の街として栄えた美しい街に住むサポーターたちは、
彼の両足から繰り出される美しいタッチに魅了されるまでには、そう時間はかからなかった。
しかし、ヴィオラのクラブ経営破綻に伴いACミランに移籍した彼は、
かつての輝きを失った。
そして、誰もがもう’終った’選手として彼を扱うようになった。

彼はそのような批判を知ってかしらずか、自分の’原点’であるBenfica復帰の道を選んだ。
しかし、このような批判に彼以上に耐え切れない人物がいた。

Pedro Costa。
そう彼の父親、その人である。
元々、プロフットボーラーであった彼は、息子がプロのキャリアをスタートさせるのと同じ頃、
指導者の道に入った。
もともと指導者としての評判が高かった彼であったが、運にも恵まれず、
ポルトガル3部や2部のチームを率いる日々が続いた。
しかし転機が訪れた。
05-06シーズンに降格候補とみなされていた3部のチームを率い、2部昇格に導き、
カップ戦では準々決勝においてBenficaを延長の末に破るという快挙を成し遂げたのであった。

64歳の誕生日を間近に控えた、ある日、彼の元に1本の電話があった。
Benfica会長のルイス・ヴィエラ氏からであった。
初めは自分の耳を疑ったが、二つ返事で快諾した。
また、その際に息子ルイ獲得についても知らされた。


彼の胸にはある思いがあった。
『ルイはここで終る選手じゃない。
もう一度、息子を欧州のトッププレイヤーと言われる位置にまで高めてやりたい。』
・・・そんな事を思い描いていた。

こうして、ルイコスタの父ペドロ・コスタによる、息子を中心としたチーム作りがスタートした。

【Pedro Costa】
pedro_costa.jpg


【Benfica Information】
pedro_costa.jpg

  1. 2007/04/23(月) 20:50:50|
  2. Benfica 1年目〜FM2007〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランクフルト

まず初めに、FM日記の予告をしておきます。

私の連れがオランダに住んでいる為、それを活かしオランダ語も色々混ぜつつ、
オランダで撮った色々なオリジナルな写真を混ぜつつ・・・・というようなのを初めは予定していたのですが、
よく考えてみたら、オランダのクラブでのプレイ日記ってなんか多いんですよね(;・∀・)
しかもFMでは蘭2部までしか選べないので、私の滞在していたEdeのクラブはないんですよね(涙

てことで、ふと昨日思いついた(単なる思い付き)ルイコスタを中心とした日記にしようかなと考えています。
ポルトガルリーグでやっている人も少ないですしね♪
Benficaで簡単そうだしw


そして、つい先程、フランクフルトvsボーフムを観戦。
いやー酷いですね^^;
最近、久しく観ていなかったので。。。
相手がOGから得点した辺りから観たので立ち上がりはどうだったのかわかりませんが、
フッケルが酷かったのか、DFがひどかったのかわかりませんが、
まさしくFMJさんの記事にあったようにDFが活躍する・・・というか中盤のプレスが全く効いてなかったように思います。
相手FWのジェャコス?(ギリシャ人のFW)は得点王というだけあって良い選手ですね。
正統派ストライカーの匂いを感じます。
まさに自信に満ち溢れたプレーでした。
あと、フランクフルトの後半から入ったヘラーもよかったですね。
なんか監督として後半から入れたいというのは、よくわかりますw
セルティックにいたマロニーと顔もプレーもなんか似ているなぁと思いながら観てました。
高原はチームと共に調子を落としている感じ。
今日も1つ決定機がありましたが・・・まあ難しいですかねあれは。
てか本当にフランクフルトホームだったんだろうか(~_~;)


それともう1つ。
FMJさんの最新の記事にあったFootballManagerLive。
少し公式サイト覗いてみましたが2008年予定なんですね。
これはかなりかなりかなり楽しみですw
画像見る限りでは、やっぱりソフトを発売してっていう感じなんですかね。
とりあえず今から期待せずにはいられません。
(ということはFM2008は・・・?)



’アンデルセンでもこんなストーリー書けないだろう’
ビビッっときたら↓w



①の方持ってますが、トイレに置いてトイレに入るたびに読んで噛み締めていますw
  1. 2007/04/22(日) 02:27:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 5年目 8月 ~擦り切れた剣鋩~

AGE of EMPIRES III
おすすめですw

最近、高原調子イマイチですね。(というか点決めていない)
でも、もし今季15点くらい獲ってビッククラブから目をつけられて、
万が一オファーが来たらどうするんでしょうね。
私はこのままフルンクフルトにいてほしいと思いますが。
でも、ヘルタやトリノ辺りからとかありそう。。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
vsSampdoria(Away)
コネを怪我で、ヤクブを代表戦で怪我を欠くため、
ニムアニとアクーニャの2トップで挑む。
試合は開幕戦ということもあり、フルで観る。
う・・・・ん・・・・・・・つ・・・・・つおい(;´Д`)
ナポリつおい・・・・。
特にDFラインが、かなり安定している。
中盤でも常に勝ってるし・・・・。
てことで試合は完全に支配するもののなかなか得点が決まらず、
試合は終盤へ・・・・。
60分に投入したリタがカウンターから1対1を決め、
この虎の子の1点を守りきり開幕戦勝利。
結局、相手に許したシュートは枠外の1本のみ(!)。
内容には大満足の試合でした。
これは、かなり強いぞ・・・ナポリ《゚Д゚》

○1-0 リタ1

なんか、うちはレンタルで来る選手が軒並み活躍するんですよねぇ・・・。



【UEFACup 予選1回戦 1stLeg】
vsBanat(Away)
○2-1 リタ1 ベルグ1
控え中心で挑む。
微妙にあぶなかったw





vsRoma(Away)
●1-5 マルセロ1
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
オフサイド・オブ・ザ・イヤーを授与したいくらいのオフサイドで得点されると、
選手の気持ちが切れたのか、ポンポン入れられ気づけば5失点・・・・。
ファンデルファールトが鬼だった。
実力はそんなに変わらないのにOrz



vsGenoa(Home)
○5-1 リタ2 ニムアニ1 ベルグ1 OG1
今度は5得点の大勝♪
やっぱ昇格チームには負けられません(・∀・)
この試合でヤクブではなくリタを先発で起用したんですが、
なんかキレキレのようで。。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この試合でマルセロが3週間~1ヶ月の離脱。


vsMilan(Home)
○4-2 OG1 ニムアニ2 オベルタン1
カカの凄まじいミドルとジラのゴールで2点先制されるが、
そこから大量4得点を奪い逆転勝利。
覚醒中リタはいまひとつでしたw
というか親善試合までは鉄壁だったDFライン・・・どうしたものか-y( ´Д`)。oO○

↑2位



【UEFACup 予選1回戦 2ndLeg】
vsBenat(Away)
△0-0(合計○2-1)
結構アブナカッタ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



vsInter(Away)
なんか、これで早くも一通り強豪と対戦したことになる気がw
試合開始7分で電光石火の2得点を決められる・・・・。
しかし、29分にサムエルがニムアニをPA内で倒し一発レッド&PK。
これをヤクブがPK失敗ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
そしてグロッソにFK決められ3点差Orz
この後、スカチュラのヘッドで1点返すもズラタンの個人技からまた1点返され大敗北。
●1-4 スカチュラ1

これは、やはりDFラインは深刻な状態なのかもしれません(-_-;

↓8位

--------------------------------10月------------------------------------------------------------------------------
UEFA Cupグループステージの抽選が行われ・・・・
Chelsea AZ FCPoli(ルーマニアのクラブ) Slovan Liberec(チェコのクラブ)
と当たることに。
チェルシーとかがいますが・・・・間違っても3位以下になることはないでしょう。。




vsJuventus(Home)
△1-1 デンプシー1
計20本のシュートを放ちユーベを圧倒するも、
トレセゲの一発に沈む。
しかし、この試合FMJさんの運動量の記事を読んで、
ヤクブはマークされすぎて活躍できていないのではないか?
と思い、試合前にプレスを一番低く設定。
するとこの試合、評価点こそ6でしたが動きやチャンスメイクは良かった気がします。
確かに昨シーズンの始めに’ヤクブを止めなければいけない’と相手監督に2回連続で、
警戒されて以来、全然パッとしていないので、
本当にマークされすぎているのが原因かも。
まだまだ調査が必要ですが・・・・。

→8位


vsTorino(Away)
○2-1 ディアッラ1 ヤクブ1
ヤクブが今期初ゴール。
もしかして・・・もしかして・・・本当にマークの受けすぎが原因だったのだろうか?
確信には至ってませんが、この試合でもかつてのキレのある動きをしていた、
ヤクブがいました。
もう少しで確信に変わりそう。。。


vsChievo(Away)
△1-1 ヤクブ1

vsAtalanta(Away)
△1-1 アドルフ君1
オベルタンが前半早々に相手選手にエルボー(肘鉄)を喰らわせ退場。
それでも終始優位に試合を進めるがドロー。

↓6位

オベルタン2試合出場停止。。

下位チーム相手に2戦連続ドロー(´・ω・`)ショボーン
ヤクブがまたもやゴール。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
でも実際、プレスを最低値に設定しタックルも弱いに設定、
つまり守備ではチームに全く貢献しないFWなんぞ要りませんがね-y( ´Д`)。oO○


-------------------Sweet November---------------------------------------------------------------------------
マイカーリチャーズが3週間~1ヶ月の怪我Orz

次節のUEFACupチェルシー戦に向け、
ジョゼモウリーニョ監督が’オベルタンは最も警戒しなければならないプレイヤーだ。’と発言。


なぜか最近、FMの試合画面がかなりカクカクです。
ゲームを入れまくってるせいか、それともFM自体が年数とともに重くなっているせいか・・。
かなり試合を見る気が失せる(´Д⊂ヽ




【UEFA Cupグループステージ】
vsChelsea(Away)
△0-0 
アウェイながら終始押し気味に試合を進めるが、結局最後までチェフの牙城を崩せず。
後半から相手もドログバ、ディエゴ等本戦力を投入するが、
終了間際にはAコールを退場に追い込みドロー。
しかし、勝てた試合でした。




vsCagliari(Home)
○1-0 ニムアニ1
前半は62%の支配率で攻め立て、後半少しポゼッションされたが、
それでもあぶなげない勝利。



【コッパイタリア 1stLeg】
vsTaranto(Home)
○3-1 コネ1 ベルグ2
若手の育成の為の試合としてコッパイタリアは重要。
この試合でコネがまたまた負傷・・・・。
1~2ヶ月の離脱。
そして、このエリアに馴染めない発言まで飛び出す。


vsUdinese(Home)
○3-0 アクーニャ3
アクーニャが大爆発!といっても全部ごっつあんでしたがw
きっちり点取れる選手がいないので彼には期待してます。

↑5位




vsCatania(Away)
●1-2 Fアウレリオ
前半に相手が一人退場になるも、まさかの敗戦。
相手のへなへなミドルが決まった時には我が目を疑いました。
そして、軽症マーク点灯の相手GKに神光臨。。。
というかうちのストライカーが決めない。。。

↓8位 こういうとこを勝ちきれないうちはダメですねやっぱり。。。
前々から思っていたのですが、ブッチのようなチャンスを確実に決めるストライカーが必要。
トニ とか トニ とか トニ とか
Ω\ζ°)チーン





----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

突然で申し訳ありませんが、Napoli日記はモチベーション低下のため、
ここで筆を置かせていただきます。
やはり、ある程度強くなってくると戦術的にも余裕が出すぎて自分にとって飽きてしまう傾向があるようです。
Napoli日記を楽しみにしていた奇特な方おられましたら、心からお詫び申し上げ、
次にもっといいものを作りたいと思います。

次回は、頭の中に2つ構想があるのですが・・・とりあえず来週中には新作を更新できたらと思います。
ここまでお付き合いください、本当にありがとうございました。

  1. 2007/04/21(土) 13:43:24|
  2. Napoli 5年目 〜FM2007プレイ日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

戦術公開

さんを皮切りに、ボビーさんも戦術公開され、私もお二人に看過され戦術公開に踏み切る事にw


【説明】
これはFM2006の時に使っていた4-4-2をナポリの時から少しずつ改良・・・・
というかチームのメンツ等に合わせ、いつも少しずつイジっています。
また、FM2006のやつも2005から使っていたのを改良と、
ある意味、ラーメン屋の注ぎ足しダレのような戦術ですw
しかし、お二人の戦術と結構違ったので、かなり怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



【システム】
napoli_formation_public.jpg

4-4-2 フラット

【チームへの指示】
napoli_team_instruction.jpg



【個人への指示】

FW         left_FC.jpg     right_FC.jpg
 









MF ML.jpgleft_MC.jpgright_MC.jpgMR.jpg




DFDL.jpgleft_DC.jpgright_DC.jpgGK.jpg





GK
DR.jpg








中盤の設定が一番イジります。あと、CBもよくイジってますね。
MCは両翼がこんなに優秀じゃなければ、もう少し攻撃的に設定するのですが、
両翼が優秀すぎるので二人とも守備的です。
あと中盤で序盤は攻撃参加の指示は1人だけで、点取りに行くときには2人か3人に増やします。
全体指示でプレイメーカーにチェック入ってますが、プレイメーカーはほとんどセットしません。

 

  1. 2007/04/19(木) 01:07:45|
  2. FM超私的チーム作成術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超雑記

こんばんは・・・・。
なんだかんだいって、アフィリエイトに傾倒気味な自分がいます。(ノ∀`)

やはり4月になりなかなか時間がない上に、
アフィリエイトに傾倒気味と、もうある意味踏んだり蹴ったりw
それでもFMの方は、ボチボチ日に2~4試合程は進めています。


昨日、アフィリエイトの関係で色々とユニフォームを見ていたんですが、
こんなに一杯豊富に種類が揃ってるとは知らなかった(´Д⊂ヽ
スポーツ用品店は地元のDEPOくらいしか行かないので。。。。
で・・・トップページには自分が欲しい商品を置いてみたんですが、
中でも・・・・

フランクフルト(H)06/07 #19高原 フルマーキング
ff04_1.jpg

これ・・・・めちゃくちゃかっこいい(TдT)
画像がデカイからか、フルマーキングのを初めて見たからか、
ブンデスリーガが好きだからか、高原が好きだからか、それとも普通にカッコイイからか
わかりませんが・・・・。
やっぱユニ買うならケチらずにフルマーキング買いたい。
地元の草サッカーチームがユニを新調するらしく、渋々、私も新しいのを購入予定ですが、
どうせならこれ買いたい。

プロのフットボーラーはユニが無料で貰えるのがうらやましいw
昔は同じ事を野球選手に思ってましたがw
  1. 2007/04/18(水) 02:16:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

アフィリエイトはじめました

みなさん、もうお気づきかとは思いますが・・・・・。
アフィリエイトなるものをはじめました。

Web上で’アフィリエイト’という文字はよく見かけましたが、
正直なんのことか全然知りませんでした。

昨日始めたばかりで、まだ完璧には理解していませんが、
アフィリエイトとはブログに広告主の商品画像や宣伝画像を載せ、
それの成果に従って利益を得れるというもの。
例えば 私のブログの商品バナーから来た訪問者が、その商品を買った場合にそれの値段の○%が私に入ってくるという仕組み。

商品単体を宣伝するものや、ショップ自体を宣伝する方法など色々あるようです。
(でも主流は商品単体の宣伝みたいです)

そこで、その広告主とブログユーザーの間に紹介者(アフィリエイトプログラム提供企業)が必要な訳ですが、その紹介サイト(企業?)も多岐にわたります。
正直、色々ありすぎてどれがいいのかわかりません。
その中から初心者に優しいらしい3つを選び登録してみました。

【FC2アフィリエイト】
アフィリエイト・SEO対策

このブログの会社で、一番簡単そうだったので登録。
あと、ここの利点は小切手(報酬)が登録した住所に直接届く(らしい)ですね。
銀行口座とかに振り込みとかは面倒ですからね。
まあ個人差はあるかと思いますが・・・。
ここの、欠点は参加企業数が少ないことですかね。


【電脳卸】商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


ここは、なんか還元率が良いらしいので一応、登録。
でも、やはりなんか・・・売れ残りっぽい商品(自分が買いたいような商品がない)が多く、こういうのを売るのは至難の業なのでは?と思った。
でも、商品数や企業数は、かなり多いです。




【アマゾン アソシエイトプログラム】
Amazon.co.jp

みなさんもご存知アマゾン。
ここはみなさんも良く見かけると思いますが、アマゾンで売っている商品の画像を貼って、
そこから購入してくれれば、そのうちの何%還元という感じ。
やはり、本からゲームまで様々な商品があるのが利点。
つまりピンポイントで宣伝したい画像が見つかるということ。






とりあえず、まずはこの3つでボチボチやってみます。
個人的に月の売り上げが、うまい棒10本買えたら万々歳かなと思っているのですが、
さてどうなることやら。
売り上げ等も、いやらしく小出しにしていきながら、ちょこちょこと報告できればと思います。

というか、やっぱりアフィリエイトやるならそれ用にブログ作るべきですかね・・・。
そこまでガツガツやるつもりは今のところないので、
あくまでFM日記メインという姿勢を崩さずに、
FM日記読者の方に不快感を与えない程度にやっていけたらと思います。




Shockwave gameblast

テーマ:アフィリエイターになりたい - ジャンル:ビジネス

  1. 2007/04/15(日) 23:14:04|
  2. アフィリエイト
  3. | コメント:0

Napoli 5年目 6月~セリエA~

最近、非常に気になってるゲーム・・・・。
シヴィライゼーション4 完全日本語版

体験版やってみましたが、かなり面白い。
かなり有名なゲームなので知っている方も多いはず。
本編はやりだしたら止まらないらしく、4まで出ているのがなによりの証拠らしい。
エイジオブエンパイア3も面白そう。。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
余談はさておき・・・・

スイス代表を率いてのW杯を終え、ホッと一息つきたいところだが、
Napoliというビッククラブを引きいる監督に、そんな暇はない。




あ・・・そういえば、今季昇格してきたユース選手に日本人が・・・。
名前は全然日本人ぽくなく能力もいまいちでした。

【欧州カップ参加資格発表】
qualitified_00.jpg

やっぱり・・・・Orz
てか、ユーベが3位以内入ってれば4位も出れたのにヽ(`Д´#)ノ ムキー!!




【今季目標】
seirieA 3位以内
UEFA Cup or コッパ・イタリア 優勝


予定では、今季CL出場し、いいところまで行く予定だったんですけどね・・・。







【移籍金発表】
今季の移籍金が発表されました。

2,4B
昨季同様(・∀・)イイ!!
CL出ればもっと出たはず(´Д⊂ヽ
おそらく、こんなに使わないので、
移籍金1,9Bにし、給与予算を増やしてくれるように要請。
しかし、昨季の3,3Bという額を考えると、ナポリの財政も伸びきってしまったか。
もともと伸び白が多かったクラブなんで、CL出れるようになれば、
もっと大きいクラブになれるはず。





スイス代表のポストを辞任した直後、ナイジェリアから監督就任のオファーが・・・・・。
いや、いいっす・・・・無理っす・・・絶対無理っす・・・・しんどいっす
murissu.jpg


と謹んでお断りしておいた。





【有名選手と契約】
258013marcelo.jpg

Name Marcelo(マルセロ
Nationality Brazil
Caps 30 caps / 0 goals
Birth 12.5.1988
Age 22 years old
Position D/WB L, AM L
Preferred Foot Either
Height 177 cm
Weight 71 kg
Value ¥2,500,000,000
Basic Wage ¥550M per annum
Contract Expires 30.6.2014

マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオール(Marcelo Vieira da Silva Júnior、1988年5月12日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ市出身の同国代表。スペイン・レアル・マドリード所属のサッカー選手。ポジションはDF。 強力なシュート、スピードが武器で、積極的にピッチを駆け上がる事からロベルト・カルロスの後継者と目されている。

2006年に行われたブラジル対ウェールズの親善試合にて代表デビューし、強力なミドルシュートで代表初ゴールを決めて見せた。

2007年1月まではフルミネンセに在籍していた。

wikiより引用・抜粋




シーズン終了直後に契約がまとまった。
Rマドリッドではキヴの後塵を拝し、昨季はわずか10試合の出場にとどまっていた。
当初は年棒700M(7億)を希望するマルセロと折り合いは付かないと思っていたが、
理事会が示す限度額550M+キープレイヤーで打診すると、
こちらの精一杯の誠意に負けたのか、契約にサインしてくれた。
ナポリでは左サイドハーフのポジションでの活躍を期待している。
両足を遜色なく使いこなせるのも大きい。


00/01 シーズン 夏獲得選手
Person From Fee Comment
Barkat, Nicolas Chievo Free 将来有望な若手GK
Wallner, Thomas Piacenza Free オーストリア人DF。
DM/L DMもこなす。将来有望株。
Riff, Martial Sochaux Free フランス人司令塔
ナポリに新しい風が・・・
Potenza, Alessandro Fiorentina Free 長丁場に備えて、両サイドこなせるSB
Dostal, Roman Sparta Prague ¥120M 若手チェコ人。レンタル放出へ
Rinaudo, Leandro Palermo Free 控えのベテランCB
Marcelo R. Madrid ¥2.35B  
Koné, Arouna PSV Free 期待の快速FW。
先日のW杯での活躍が記憶に新しい。
Sivagnanam, Mithunan Boca ¥1.1B U-21アルゼンチンDF。
将来のナポリをしょって立つ予定。
Acuña, Carlos Javier Cádiz ¥800M 2010年W杯での活躍が目に留まり、
獲得に至る。ニムアニに似たタイプ。
Total   ¥4.35B  
































08/09 ナポリ戦力紹介
-獲得選手 -レンタル

☆:キープレイヤー
◎:スタメン
○:ベンチ
△:カップ戦要員

Inf Name Position Nat Age Value Comment
Nicolas Barkat GK BEL 20 ¥220M レンタルに出すか迷ったが、
結局、控えとしていてもらうことに。
Antti Niemi GK FIN 38 ¥130M 大大ベテラン。コーチ免許取得待ち
Marco Storari(ストラーリ GK ITA 32 ¥550M 今季は怪我なくシーズンを戦ってくれることを期待。
Alessandro Potenza D RL, WB L ITA 26 ¥350M 伊語できるので、控えとして○
Micah Richards(リチャーズ D RC, DM ENG 22 ¥1.25B フィジカル○鉄壁。
Adolf Neuhold D RC, DM, M RC AUT 22 ¥525M 若きDF。
今夏はビッククラブからの打診が相次いだ。
Maurizio Domizzi D LC ITA 30 ¥330M ベンチのエース。

Edu Dracena(ドラチェナ

D C BRA 29 ¥725M 昨季の雪辱を果たせるか。
Sotiris Kyrgiakos D C GRE 31 ¥400M 安定○
Mithunan Sivagnanam D C ARG 20 ¥1.1B 伊語マスター待ち。DF能力高
Leon Andreasen D C, DM DEN 27 ¥420M 貴重なバックアッパー
Fábio Aurélio D/WB L BRA 30 ¥430M 左サイドの職人。クロス○FK○
Thomas Wallner D/WB L, DM AUT 21 ¥430M アドルフ君とかぶる
Marcelo D/WB L, AM L BRA 22 ¥2.5B ナポリの新10番
Alou Diarra DM FRA 29 ¥750M ナポリの汗かき屋。
Marcin Szkatula(スカチュラ DM POL 20 ¥875M エレガント
Didier Zokora DM CIV 29 ¥775M ディアッラをライバル視
Clint Dempsey AM RLC, F C USA 27 ¥340M 成長に期待。
El-Hadji Diouf(ディウフ AM RL, F C SEN 29 ¥775M 貴重な控え。スピード↓
Gabriel Obertan(オベルタン AM R, F C FRA 21 ¥2.75B チームの核
Frédéric Nimani(ニムアニ AM L, F C FRA 22 ¥1.25B エースへ。フィジカル全て○
Martial Riff(リフ AM C FRA 20 ¥775M 自身の優秀さを示せるか
Roar Berg AM/F C NOR 18 ¥250M 伸び盛り。末恐ろしい選手。
Carlos Javier Acuña(アクーニャ ST PAR 22 ¥800M ヤクブのポジションを虎視耽々と狙う。
ニムアニのようなプレイヤー
Arouna Koné ST CIV 26 ¥1.42B 怪我で出遅れる。
快速ドリブラー
Leroy Lita(リタ ST ENG 25 ¥900M 意外に良いかも。スピード○
Kevin Monnet-Paquet ST FRA 22 ¥975M 控え脱出へ
Yakubu(ヤクブ ST NGA 27 ¥1.92B エースの座を取り戻せるか勝負の年。









 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













そういえば、セリエBからの功臣ムペンザとの契約交渉が平行線を辿り、
結局、放出する羽目に。。。。お疲れ様でした。

スカチュラを筆頭に、過去に青田買いした選手がすくすくと成長し、
トップチームの中核を担いはじめました。
それと、少し頭数が心配だった、STとSHの位置に二人レンタルで獲得。
リタは親善試合で良い動きしていたので少し期待。




【00/01 シーズンフォーメーション】
00_formations.jpg
リチャーズが伊語を完全にマスターし、ドラチェナも伊(ベーシック)をマスター。
これで昨季よりはだいぶ守備陣が安定するはず。
そして、なんといっても注目は中盤。
マルセロとオベルタンの両翼は破壊力、安定力ともに抜群。
世界的に見ても、かなりのはず。
そして、ディアッラをやっとアンカーとして配置できる。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
BlackAuraのお陰でSS撮るのが楽でした♪ 
それでも時間がかかる訳ですがw
ガキの使い見ながら作ってます(゚Д゚#)

  1. 2007/04/14(土) 00:40:48|
  2. Napoli 5年目 〜FM2007プレイ日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Switzerland ③ ~2010 南アフリカ W杯~

  Switzerland

        swiss

         ''  Unus pro omnibus, omnes pro uno ''
''(一人はすべての為 に、そして、すべては一人の為に)''


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2009年12月某日。
スイスのチューリッヒにて、2010年に開催されるFIFAWorldCupのグループリーグ組み合わせ抽選会が行われた。

イタリア・・・・アルゼンチン・・・・次々に組み合わせが発表される度に歓声があがる。

中でも注目だったのは、前大会の覇者イタリアと前々会の覇者ブラジルがAグループに入った瞬間であった。
そして、そこにガーナ・・・・が入り・・・・・スイスが入った。
そう・・・・スイスが・・・・・死のグループキタ――(゚∀゚)――!!
グループリーグ敗退決定どうもありがとうございました。
ブラジル イタリア ガーナってw
せめて最下位は免れたいw

ちなみに、日本はマリ アイルランド イングランドと同組に入った模様。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【親善試合 2010年3月24日】
vsItaly
●1-4 シュトレーラー1
アシマネに任せましたが、CPUが操ればこれくらいの実力差ってことか(-_-;)


6月6日 W杯に望む23名のメンバーがスイスサッカー協会から発表された。
Name Position   Club Height Weight Age Value
Manuel Docourt(ダコート) GK スタメン Nürnberg 180 cm 80 kg 23 ¥310M
Pascal Zuberbühler GK ベンチ(長老 Oldham 193 cm 92 kg 39 ¥400K
Kim Jaggy(ジャギー) D RL ベンチ Mantova 176 cm 71 kg 27 ¥200M
Johan Djourou(ジュルー) D C ベンチ Arsenal 191 cm 89 kg 23 ¥575M
Frédéric Laurent Page D C ベンチ Toulouse 185 cm 82 kg 31 ¥210M
Patrick Müller(ミュラー) D C スタメン Lyon 182 cm 81 kg 33 ¥24M
Philippe Senderos(センデロス) D C キープレイヤー Arsenal 190 cm 89 kg 25 ¥925M
Christian Schwegler D/WB R ベンチ Reims 176 cm 75 kg 26 ¥380M
Philipp Degen(Pデゲン) D/WB/M R スタメン Wigan 185 cm 81 kg 27 ¥600M
Reto Ziegler D/M L ベンチ Tottenham 183 cm 80 kg 24 ¥775M
Raphael Wicky(ウィッキー) WB R, DM スタメン Charlton 178 cm 75 kg 33 ¥150M
Valon Behrami(ベルハイム) WB R, AM RL キープレイヤー Arsenal 186 cm 79 kg 25 ¥1.25B
Liridon Gergoci(ゲルゴッチ) DM ベンチ Bielefeld 175 cm 75 kg 23 ¥340M
Benjamin Huggel(フッケル) DM ベンチ Berlin 190 cm 86 kg 32 ¥30M
Johann Vogel(フォーゲル) M C スタメン Recreativo 177 cm 71 kg 33 ¥350M
Tranquillo Barnetta(バルネッタ) AM RL スタメン West Ham 176 cm 69 kg 25 ¥1.05B
David Degen(Dデゲン) AM R ベンチ Reggina 183 cm 80 kg 27 ¥480M
Ricardo Cabanas(カバナス) AM LC ベンチ Southampton 173 cm 69 kg 31 ¥320M
Davide Chiumiento(キューミエント) AM LC, F C スタメン Juventus 173 cm 70 kg 25 ¥300M
Johan Vonlanthen(フォンランテン) AM/F C キープレイヤー Torino 175 cm 71 kg 24 ¥1.17B
Alessandro Elia(エリア) ST ベンチ Torino 176 cm 72 kg 24 ¥625M
Alexander Frei(フレイ) ST スタメン Dortmund 179 cm 75 kg 30 ¥1.17B
Marco Streller(シュトレーラー) ST スタメン Stuttgart 196 cm 90 kg 28 ¥190M





















































スイス代表のエースであるフレイが2~3週間の怪我の為、代表メンバー入りに懸念の声も多かったが、
’あくまで彼を連れて行くということに価値があり、決勝ラウンドの事も考えている。’と記者会見の席で力説した。



【W杯タイトルオッズ】
W杯の優勝オッズが発表された。
ブラジル-アルゼンチン-イタリア-フランスが2-1で同率1位
そして、スペイン ドイツと続き、
スイスは18-1という予想。
グループリーグ突破できれば最高でしょうという感じらしい。




【FIFA WorldCup 2010開幕】
会場外の物々しい警備を尻目に、場内の煌びやかな開幕式を終え、
ブラジルvsイタリアという超豪華な開幕カードで幕を開けた。

この試合はブラジルが主導権を握る中、イタリアが鋭いカウンターからとガットゥーゾがゴールを上げ先制するが、カカがすぐさま同点ゴールを叩き込み、同点に追いつく。
そこから試合は動かず痛み分けという結果に終わった。



【FIFA WorldCup Aグループ 第1戦】
vsGhana
ghanavsSwiss.jpg
幸い、相手はエース・ギャンを怪我で欠く布陣。
ざっと見る限り、どこも穴がなさそうな感じがします。
とりあえず、フルマッチで見ることに。
試合は左サイドのバルネッタを中心にスイスが試合の主導権を握る。
33分 フォンランテンがエッシェンを交しドリブルでPA内に進入しシュート!
ファーポストを狙ったシュートは惜しくも外れる。
そして、このまま試合は前半を終える。
前半はスイスが優勢に試合を進め相手にチャンスを与えなかった。
’1ゴール、とにかく1ゴールとりにいこう’とベンチで選手たちに声をかける。
そして、後半開始。
後半も前半と変わらず高いラインから、スイスが安定した攻めをみせる。
51分 DFラインのクリアボールを拾ったベルハイムが顔を上げ、すばやく逆サイドのバルネッタへ長いロングパス!
エッシェンの頭を超えたこのボールを拾ったバルネッタはワントラップし、すかさずシュート!
鋭いこのミドルシュートはGKの手をかすめネットへ!スイス先制!
ここで相手はエッシェンを中盤まで上げ攻撃的なスタイルへ。
スイスは疲れの見えるFWシュトレーラーを下げ、ボランチのゲルゴッチを投入。
58分 CBのミュラーが負傷退場を強いられ、ジュルーを代わりに投入。
70分 時間かせぎに入るスイスであったが、CKからヘッドで叩き込まれまさかの同点弾を許す。
4-3-3に変更する。

76分 DFラインの不備をつかれフリーでクロス!これをフリーで受けられGKをかわされ逆転弾を許すOrz
左SBをFWのエリアに変え投入し、3-3-4の布陣に。
直後の80分 フォンランテンがPAぎりぎりのところで倒されFKを得る。
これを蹴るのはプレーオフのルーマニア戦でも同じような位置から決めたゲルゴッチ!
彼の右足から放たれたボールは一直線の軌道を描きゴール右隅へ突き刺さる!同点!
そして、同点に追いつかれたガーナもお互いに同点ということは’彼ら’にとって有利な結果であることを知ってか知らずか、
リスクを犯し攻め合い何度も決定機を迎えるが、お互いに決めきれず、
無情にもホイッスルが鳴り試合終了。
初戦ドロー・・・勝ちたかった。。。。
△2-2 バルネッタ1 ゲルゴッチ1


ゲルゴッチ始めからいれておくべきですかね・・・。
初戦はグループリーグの4チームドロー。



【FIFA WorldCup Aグループ 第2戦】
vsItaly
vsItaly.jpg

正面きって勝てる相手ではないので、守備的に試合を進める事に。
上手くいけば、
①フォンランテンがゴール前で倒れる→FKをGergociが決める
②CKからセンデロスがヘッドでズドーン
③クリアボールが相手DFの裏へぬけフォンランテンがズドーン
のいずれかが決まる予定。どうなることやら。


試合は、お互いが高いラインを保ち、早いプレスを仕掛けなかなかチャンスを作れない展開。
17分にPデゲンのクロスにフリーで受けたバルネッタがシュートを放つもブッフォンが防いでゴールならず。
33分 右サイド浅い位置でガスバッローニがキープしジラルディーノに浮き玉を送る!
ジュルーの裏へ飛び出したジラがバックヘッドであわせGK動けず・・・・てかオフサイドぽかったけど(-_-; 先制を許す。
そして、このまま前半終了。
明らかにイタリアのゴールはまぐれ。スイスの方がチャンス作っていますがゴールを割れず。
右サイドが穴ということはわかってるんですけどね・・・。
後半開始
49分 スローインを受けたZieglerが逆サイドPA内フリーのベルハイムに絶妙なパスを通すと、
フリーでうけたベルハイムがシュートを放つがDFにクリアされる。
57分にも ワンツーで抜け出したフォンランテンが1対1を迎えるもブッフォンに防がれる。
ここで、3-5-2に変更。左SBのZieglerに代えシュトレーラー投入。
74分 バルネッタに代えキューミエント投入。
81分 フォンランテンに代え エリア投入。
そして、結局このままタイムアップOrz
ブッフォン強ス。
●0-1

完全に内容的には勝っていたんですが・・・・Orz
イタリアはやっぱり試合巧者だ・・・・歴史の差がでた・・・と自分を慰める。
1分1敗で迎えるブラジル戦。どこかで聞いたことあるシチュエーションですね(・∀・)



次の日に行われたガーナ対ブラジルは、ガーナが先制するも、
アドリアーノの2ゴールで試合をひっくり返しブラジルが勝利。


ブラジル戦はとりあえず最低、2点差での勝利が必要な模様・・・・・。



vsBrazil
vsBrazil.jpg

まぁ・・・・もうヤケッパチですw
試合開始
8分にゴール前でFKを得るがGergociはこれを決めれず。
この後も両翼を起点に押しまくるが、ジュリオセザールの壁を崩せず0-0で後半へ。
後半も何度も決定機を迎えるが、決めれず・・・・。
yakeppati.jpg

もうヤケッパチフォメでいくしかない!
センデロスめがけて放り込め!
そして・・・・・終了間際にロナウジーニョに決められ万事休す・・・・・。
全て終わった・・・・・。
●0-1

’誰も責めることはできない。お前らは精一杯やった。’ロッカールームでそんな声がした。
結局、前回大会のベスト16を超える事なく終わったスイス代表であったが、
意外に国民の反応は暖かなものであった。
きっと彼らの’魂’が伝わったのだろう。




結局、ブラジル対フランスという98年と同じ決勝戦、そしてブラジルの優勝で幕を閉じた。

スイス代表協会の必死の慰留もHendrikse代表監督の固い意志は変わらず、
’辞表’を提出した。





辞任の記者会見を終え、もう戻ってくることはないだろうなと思いつつも、
振り返る事なくスイスサッカー協会事務所を後にし空港へ向かう。
その左手に握られた懐中時計の短い針が’6’の字で止まっている事に気づくよしもなかった。



          END

  1. 2007/04/12(木) 23:28:47|
  2. スイス代表記〜FM2007〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 4年目 2月~5月 ~予感から確信へ~

最近、なぜかよく聴いている曲・・・・。
Vanessa Carlton - A Thousand Miles ( official video)
昔、MTVでずっと流れていた記憶ありますが、なぜか今よく聴いてますね。
聴きやすいので、ここの日記を見る時のBGMとしてどうぞw

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

練習中の負傷でディアッラが2ヶ月の離脱Orz

【コッパ・イタリア 準々決勝 2ndleg】
vsMilan
前半にデンプシーのミラン戦2戦連続ゴールで先制するが、
カカ、ジラルディーノ、そしてとどめに、カカに立て続けにゴールを奪われ逆転を許す。
あと、1点で延長戦での決着に望みを繋ぐこともできたが、
結局、ゴールを割れず敗戦。控えなのに良く頑張りました。ミミ彡  ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄ .|ミミ彡  感動した
●1-3(合計4-5)


vsUdinese(Home)
お互いに代表戦でエースのヤクブとギャンを欠く布陣。
互角の展開だが、Fアウレリオの直接FKが決まりそれが決勝点になった。
最近は運も味方につけてます。
○1-0 Fアウレリオ1

↑4位 これは来季CLも夢ではない。。。。



ディアッラ負傷、ゾコラが代表戦で不在なので、ローンで貸し出ししていた選手を呼び戻す事に。

Name Marcin Szkatula(スカチュラ
Nationality Poland
Caps 9 caps / 1 goal
Birth 16.9.1989
age 20 years old
Position DM
Preferred Foot Right Only
Height 179 cm
Weight 77 kg
Value ¥625,000,000
Basic Wage ¥3.5M per annum
Contract Expires 30.6.2012

2年目に青田買いで獲得した選手。
いやー逞しくなりましたw
現在、急遽中盤のレギュラーとして活躍中のアドルフ君と良い勝負しそう。
てか、なんて呼べば良いかわからないw
スカチュラとか絶対違う(´Д⊂ヽまあいいや・・・。





vsTaranto(Away)
○2-1 カリュー2
辛勝。



シーズン前に怪我したニムアニがやっと怪我から復帰。
これからトレーニング積んでリザーブの試合出て・・・・1ヶ月後くらいには、
元気な姿が見たいものです。



【UEFACUP 決勝ラウンド1回戦 1stLeg】
vsSevilla(Home)
こちらは、ゾコラとヤクブを欠く厳しい布陣。
カリューとブッチの2トップで挑む。そして、真ん中にはアンドレアセンとスカチュラ。
試合は開始早々から動く。
17分 カウンターからブッチが前線でキープしタバーノへパス。
PA内で受けたタバーノが後方から走りこんできたスカチュラへパス!これをミドルで決め先制!
そして、試合を終始支配し前半終了。
後半、46分にはオベルタンがゴール前のこぼれ玉を拾いドリブルで持ち込み、
1対1を決め追加点をあげる。
57分には相手がブッチを蹴り、一発レッド!数的優位に立つ。
そして、61分にはスカチュラがPA内で倒されPKゲット。これをブッチが沈め3点目!
この後も数的優位を活かし試合を支配し続けタイムアップ。
2ndLegを残すが、ほぼ勝利を手中に収める結果となった。
MOMはスカチュラ(・∀・)イイ!!
○3-0 スカチュラ1 ブッチ1 オベルタン1

しかし、入ってくるニュースは良いものばかりではありません。
ネイションズカップに参加中のヤクブが試合中の怪我で2~3週間離脱。
中盤そして、DFもこなしていたアンドレアセンがセヴィージャ戦の負傷で2~3ヶ月の離脱。




vsAtalanata(Away)
○2-0 オベルタン1 カリュー1
試合は互角・・・いや、やや押されていましたが、
チームの勢いの違いが出た結果に。



【UEFACUP 決勝ラウンド1回戦 2nd Leg】
vsSevilla(Away)
度重なる怪我でベンチ入り人数が5人しかいないナポリ。
なんとかゾコラが間に合ったのが救い。
ホームで3-0で勝っているので、守備的布陣で挑む。
試合開始からペースを握ったのはホームのセヴィージャ。
しかし、前半28分にカウンターからブッチがサイドに流れクロス!これをオベルタンがヘッドで押し込み先制!
そして、後半にニエミが負傷退場を強いられブッチがGKを務めるという場面もあったが、
このままタイムアップ。
ナポリが次のラウンドに駒を進めた。
○1-0(合計4-0) オベルタン1

気になる次戦はブンデスリーグで現在8位と本来の力を発揮できていないシャルケとの対戦。

ニエミが2週間の負傷。



vsCagliari(Home)
○3-1 セナ1 カリュー1 OG1
主審の誤審にも助けられ快勝。
この日、ナポリでの初先発であった、GKのBerniのミスから1点を献上するが、
それ以外は○でした。

↑3位 1試合少なくての3位。2位のミランは8ポイント差wありますが、3位をキープできればCL♪




vsRoma(Home)
●0-2

↓4位 3位ローマから6位トリノまで勝ち点差1の大激戦。



vsMilan(Away)
4-5-1の布陣で挑む。
ワイドは最大に設定し、サイドでタメを作っての攻めを想定。
試合は開始からミランペース。
こちらのサイドハーフが攻めの際に相手のSBを追い越そうと動くため、
なかなか起点を作れず。
そこで、SHの意識を下げ矢印も消す。
ミランの猛攻を凌いだ24分にタバーノがカウンターからザッカルドをかわしクロス!
これを混戦からカリューが決めファーストシュートを先制点に繋げる!
直後の28分に再びヘディングのクリアボールが相手DFの裏へ抜け、
これをカリューが難しいところから決め追加点をあげる!
60分にもカウンターからタバーノが1対1を決め3点目。
この後、クローゼに1点返されるが、反撃を押さえきり勝利!
まんまとしてやったり!という感じ。
特筆すべきだったのはカリューのキープ力でしょうか。
カリューはワントップの理想型って感じな選手ですね。
それと復帰したてのストラーリの活躍ですね。
○3-1 カリュー2 タバーノ1

↑3位



---------------------------------------3月-------------------------------------------------------------------------
【UEFACUP 決勝ラウンド2回戦 1st Leg】
vsShalke(Home)
この試合、ネイションズカップで負傷したヤクブの復帰戦。
相手の戦力を見たところ、セリエAの下位チームレベルかも・・・・。
少なくともセヴィージャよりは弱いです。
リンコン、アサモア、クラニィも歳ですし。。
試合は、開始23で相手のパスミスをカットしたヤクブが復帰後初ゴールを叩き込む。
しかし、この後アサモアのヘッドで同点弾を許す。
この後、攻めるも引いて守る相手を崩せずホームで痛すぎるドローOrz
△1-1 ヤクブ1





vsTorino(Home)
○3-2 ヤクブ1 オベルタン1 ムペンザ1
一度は逆転されるものの、終了間際に2点入れ劇的逆転勝利を飾る。
試合は押されっぱなしでした。
スイス代表でも大活躍してくれているフォンランテンにキリキリ舞でした。

→4位




【UEFACUP 決勝ラウンド2回戦 2nd Leg】
vsShalke(Away)
●0-1
はぅ(´д⊂)
最後まで相手の守備的な布陣を崩せず、PKを献上し敗戦。
今季の欧州カップ挑戦はここで幕を閉じることに。

あとは、リーグ戦一本に。
日程的に楽になるので、助かります。
CL出場権獲得に向け邁進ヽ(´∀`)/




vsJuventus(Away)
●1-2 カリュー1
試合は完全にナポリペースであったが、枠内シュートを全部決められる。
まぁこんな日もあるさ。。。。
それにしても、ヤクブが全然決めない・・・・。
彼に何があったんでしょうか(´Д⊂ヽ

→3位

この試合で復帰し途中出場したディアッラが、またまた試合中に負傷し、3~4ヶ月の負傷。
今季絶望(´Д⊂ヽ出すんじゃなかった・・・。



vsSampdoria(Home)
○2-0 カリュー2
8ヶ月の長い怪我&リハビリを経、この日FWで初先発のニムアニがMOM。

→3位 4位ローマが引き分けた為、勝ち点差は4に(・∀・) 2位ミランとの勝ち点差は5




vsBari(Away)
○3-0 ニムアニ2 カリュー1
ニムアニ2G1Aの大爆発ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

→3位 ついに2位ミランと勝ち点差3に。



--------------------------------4月-------------------------------------------------------------------------------


vsFiorentina(Home)
●0-1
試合を支配するが、打てばポストを叩きゴールが決まらずOrz
やっぱり引いてくると崩せない。

→3位 4位ローマと勝ち点差1に。。。そして、早くも断トツでインテルが優勝を決める。

そして、レンタルから復帰以来11試合出場の驚異の7,45というレートで大活躍だった、
スカチュラが試合中の負傷により1ヶ月の離脱。
中盤ゾコラしかいない(´Д⊂ヽ



vsChievo(Away)
●1-2 デンプシー1
同点で迎えた91分に放り込みをオフサイドのはずが誤審で逆転弾を許す。チーム状態が悪すぎる。。。。。

↓4位 2連敗でついに4位にOrz




vsCatania(Home)
○2-1 ニムアニ1 Fアウレリオ1
内容は完全に勝っていたが、CK一発でやられるところだった。。

→4位 ローマが敗れた為同率3位に。



vsModena(Home)
○2-0 ニムアニ1 キルギアコス1
引いて守る相手を崩しての勝利♪
引いて守る相手には、ワイドを最大にし、プレスを弱める=スペースを作ることが重要かも。
と少し悟りました。まだ確信ではないですけどね。

→4位 ローマも勝ったため、4位のまま。



----------------------5月-----------------------------------------------------------------------------------------

vsLazio(Away)
△2-2 ヤクブ1 ニムアニ1
よくやった(・∀・)
ポゼッションもアウェイで上回り、シュート数も倍でした。
FMJさんの記事で紹介されていたようにCKの際に前に残っている人数増やしたんですが、
それが間接的に影響し得点が生まれました。

↑3位 ローマが敗れた為、3位浮上(・∀・)イイ!!


ストラーリが練習中に、またまた負傷・・・・2~3ヶ月の離脱Orz
といっても次が最終節ですけどねw



vsInter(Home)
●0-3
最終節。
すでに優勝を決めているインテルでしたが、やはりコテンパンにやられました。
ズラタンとアドリアーノの2トップは反則だ。

↓4位 結局、ローマが勝ち4位でフィニッシュ




【09/00シーズン成績】
セリエA 4位
コッパ・イタリア 準決勝 敗退
UEFA Cup 決勝ラウンド2回戦 敗退

今季は、かなり奮闘したと思います。
どれも中途半端な結果ですが・・・・。
何か一つくたいタイトルが欲しかった(´Д⊂ヽ
09_position.jpg

この画像見て気づいたんですが・・・・ECCはCLでECはUEFACupを表しているようなんですが・・・・ぅ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
ルールのところには上位4チームまでがCL出場資格って書いてるので間違いですよね(;・∀・)・・・・間違いですよね??。・゚・(ノД`)・゚・。

それにしても、インテルは圧倒的でした(;・∀・)
ミランは最近はあまり怖くありません。怖いのは、もうインテルのみ。
しかし、最凶2トップがなぁ(;^ω^)



【チーム内得点ランキング】

カリュー 22得点
オベルタン 10得点
Yakubu 10得点
Fredric Nimani 5得点
ムペンザ 5得点

ヤクブが、まさに急ブレーキだった。
100歩譲って徹底マークされていたとしても、1対1外しまくり。
国際試合(代表)では活躍してるのになぁ。
まあ、こういう時もあるんですかね(´Д⊂ヽ
プレの親善試合では、かなり絶好調だったのに・・・・。
ニムアニは計8試合の出場で5得点なので、やはり頼りになる男です。



【09/00選手総括】
Antti Niemi(ニエミ) GK 今季も主に前半はチームの主軸として活躍。
後半には凡ミスが目立った。といっても37歳だからなぁw
Marco Storari(ストラーリ) GK 怪我さえなければ、ニエミから完全にレギュラーを奪っていただろう。
出れば好パフォーマンス。
Micah Richards(リチャーズ D RC, DM 怪我なくナポリの右SBを担った。
来季はさらなる飛躍に期待。
まだ伊語(Basic)
Maurizio Domizzi(ドミジー) D LC 今季も怪我で空いた穴を埋める働きをみせた。
ある意味欠かせない存在。
Paolo Cannavaro(Pカンナバーロ) D C 今季はMOMも取り、安定したパフォーマンスを披露。
ドラチェナにはレギュラーを渡さない。
Edu Dracena(ドラチェナ D C 新DFリーダーと期待されつつも、
わずか9試合の出場にとどまった。
いまだ伊語のBasicすら覚えず・・・・。
Sotiris Kyrgiakos(キルギアコス) D C 今期はセットプレーからの得点にも期待したい。
ナポリ3年目。
Leon Andreasen(アンドレアセン D C, DM

シーズン終盤こそ怪我で不在であったが、
中盤とCBをこなした。
チームに欠かせない控えの一人。

Iván Helguera(エルゲラ) D C, DM 出番がなかった。
他チームに移籍予定。
Fabiano(ファビアーノ) D/WB L

Fアウレリオの控えであった。

Fábio Aurélio(Fアウレリオ) D/WB L

FK、そしてクロス、攻撃参加で数多くのゴールをアシスト。
30歳に入り、’味’が出てきた。

Alou Diarra(ディアッラ) DM

前半戦は昨季に続き、チームの心臓として機能。
後半の怪我での長期離脱が悔やまれた。

Didier Zokora(ゾコラ DM 1年通して怪我なくこなす。
来季はレギュラーの座が危うい。
Senna(セナ DM, M RC 後半戦に監督の信頼を掴む。
層の薄い中盤にあって、立派にフィルターとして機能。
Gabriel Obertan(オベルタン) AM R, F C 10ゴールと得点力も証明し、もはやナポリの顔。
Inácio Piá(ピア) AM LC, F C そのスピードを活かし、後半から試合を活性化させた。
後半の怪我が痛かった。
Frédéric Nimani(ニムアニ) AM L, F C 怪我の為、わずか8試合の出場だったが、
5得点は立派。
Francesco Tavano(タバーノ AM LC, F C ベンチ要員のはずが、結局はシーズンを通し、
ナポリの左サイドからチャンスを量産。
John Carew(カリュー ST 22得点でチーム得点王に輝く。
またセリエA得点ランキング2位。
こんな良い選手が控えのリヨンって(;・∀・)
Emile Mpenza(ムペンザ) ST ベテランの領域に。
スピードは完全に衰え、高さのみになってしまった。
今季は出番がなかった。
Yakubu(ヤクブ) ST ナポリのエース、今季は大ブレーキ。
来季もこれが続くようだと売却も考えないと(;´∀`)











 















































----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いまからW杯に向け南アフリカ行きの飛行機へ・・・・・。

  1. 2007/04/06(金) 16:19:54|
  2. Napoli 4年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Napoli 4年目 11月 12月 1月~欧州席巻の序章~

最近、3800円で購入したナイツ・オブ・オナーに浮気中(ノ´∀`*)
時間があっとういう間に過ぎてしまうゲームで、
気づけば朝になっていることもしばしば。
こういうのやっとけば世界史も、もっと勉強できたんだけどなあw

しかし、FMも忘れちゃいませんよ。
今日、気分転換の意味合いも込めてスキンを変更。
ずっとデフォルトのやつでやってたのですが、
人気のBlack Auraを導入。
いやーいいですね。(´∀`)
デザインも良いんですが、
私のPCは画面が小さすぎる為、
いままではウインドウモードだと下2段のパラが表示されなかったんですが、
Black Auraだと全部表示されます。ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ
これはデカイw
これでSS撮るのもだいぶ楽になりそうです♪
導入して良かった♪

Black_Aura.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日程的に過酷な11月に突入。
カップ戦は、ほぼ捨てます。


vsSiena(Home)
ウハw
なんか2Dの試合画面もBlackAura仕様なのですが、
選手がインベーダーみたいにニョキニョキ動くw
でも選手がどの方向に体を向けてボールを受けているかが、わかって良いです♪
match_09.jpg
試合は、相手が引いてくるのがわかっているので、
ラインを上げてテンポを遅めに設定。
すると開始早々の9分に相手DFラインのミスをつきヤクブが先制ゴール&今期初ゴールをあげる♪
そして、前半終了間際にもオベルタンが追加点をあげる。
後半も相手にチャンスらしいチャンスを作らせず勝利。
久々のリーグ戦快勝です。それとヤクブ今期初ゴール♪
○2-0 ヤクブ1 オベルタン1

↑8位


そろそろ、スイス代表のプレーオフだ(;´∀`)



【コッパイタリア 1stRnd 1Leg】
vsTernana(Home)
○1-0 ブッチ1
試合中にムペンザが怪我で1~2ヶ月の離脱(;><)

全盛期は17近くあったムペンザのスピードも今や15や14をいったりきたり。
やはり歳には勝てませんなぁ。




vsSampsoria(Away)
●1-2 カリュー1

↓11位




[UEFA Cup GrpLeague]
vsSporting SP(Home)
おそらくグループリーグ最大の敵。
中盤より前の選手は全員テクニック16以上ありますw
とりあえずMoutinhoを潰すように指示。
試合は7分に先制を許すが、
27分にCKからPカンナバロ、43分にヤクブのゴールで逆転に成功する。
後半、相手は攻撃的にきたのでFWを一枚ボランチに下げるが、
62分にLiedelsonにこの日2点目のヘッドを許し同点でタイムアップ。
△2-2 ヤクブ1 パオロカンナバロ1
これでUEFACUPグループリーグ暫定2位。

これがPカンナバロにとってナポリでの公式戦初ゴールらしい(;・∀・)




そういえば・・・・・・
契約切れを狙い獲得した、GAKより10月に加入した新戦力がいますので、ご紹介。

名前 Adolf Neuhold(アドルフ君
国籍 Austria
代表歴 8 caps / 0 goals
Birth 5.10.1987
age 22 years old
position D RC, DM, M RC
Preferred Foot Right Only
Height 180 cm
Weight 79 kg
Value ¥400,000,000
Basic Wage ¥10M per annum
Contract Expires 30.6.2012


すでにオーストリア代表としてキャップ数もあり、なかなかの能力の持ち主。
かなり将来性高いです。
DFというよりは中盤の選手かなと思っています。
名前はあえてアドルフ君と呼ばせていただきます。(・∀・)ニヤニヤ
怪我人とか出た時には出番がありそうです。



vsBari(Home)
開始早々にCKからキルギアコスのゴールで先制するも、
すぐさまゾコラのクリアミスで追いつかれる。
しかし、後半にFKからディアッラのヘッドで突き放し、
そのままタイムアップ。
セットプレーからの2得点となにか嫌ぁ~な感じ。
FWがことごとく外すOrz
○2-1 キルギアコス1 ディアッラ1

↑7位 2試合連続のCKからの得点。シーズン当初にFMJさんのコーナーを真似たのが、
ここにきて効果てき面(^ω^)




[UEFA Cup GrpLeague]
vsLille(Away)
△0-0
お互いチャンスを作れず。



vsFiorentina(Away)
トニのゴールで先制を許すが、
ヤクブとカリューのアベックゴールで逆転!
しかし、後半にDeGuzmanに同点弾を許しドロー。
ヤクブが5回くらい決定機あったんですが、
全部外した(-_-;
△2-2 ヤクブ1 カリュー1

→7位




【コッパイタリア 1stRnd 2ndLeg】
vsTernana(Away)
△2-2(合計3-2) ピア2
準々決勝進出♪次はローマとOrz




vsChievo(Home)
開始早々にディアッラの強烈なミドルで先制すると、
ヤクブが’らしい’ゴールで追加点をあげる。
後半もヤクブが得点をあげ、
終了間際にもヤクブのクロスからオベルタンがヘッドで叩き込み、
合計4得点の快勝♪
○4-0 オベルタン1 ヤクブ2 ディアッラ1

この試合のヤクブは昨季のヤクブでした(ノ´∀`*)
この調子を持続してほしいところ。

↑6位




ミランがナポリ不動の右SHのGabriel Obertanに興味を持っていると報道。
これに対し、ハンドオフ警告を出しておいた。

そういえば、ずっと思っていた疑問なんですが・・・、
Gabriel Obertanで’オベルタン’とずっと呼んでいましたが、
果たして、こんな読み方であっているのか。
なんか日本語名だと間抜けな感じですが、
実は、もっとカッコイイ呼び方があるとか・・・・。
オベルタンなんて恥ずかしい間違いな読み方なのではないのか・・・。
クライファートではなくクライフェルトみたいな。
そこで、携帯の超ワールドサッカーのみんなで作る選手図鑑にアクセスし、
ボルドーの選手をポチポチ探していると・・・・・ありました。
32 オベルタン
良かった(*´ω`*)
いや・・・・・・オチがなくてすいませんw






[UEFA Cup GrpLeague]
vsDeportivo(Home)
前半から完全にナポリペースで試合は進むが、
決定機を決めきれない。
しかし、36分にそんなナポリを嘲笑うかのように、
CKからヘッドで先制を許す。
この後も攻め続けるもなかなか得点が生まれない。
66分カウンターからサイドを突破したヤクブのクロスをカリューがヘッドで押し込み待望の先制点を奪う!
この後攻め続けるもののゴールを割れずドロー。
△1-1 カリュー1

なんか・・・・気づいてませんでしたが・・・・

UEFACupグループリーグ突破ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ・・・・らしいw

これが最終節とは気づかずw
でも、ぎりぎりスポルティングCP、デポルティーボに続き3位での突破決定♪



続いて、スイス編で後述しますが、2010W杯の組み合わせ抽選会がありました。
・・・・・死のグループキタ――(゚∀゚)――!!
ここで明かすと面白くないので詳細は、また後日(・∀・)


そして、続いて続いてUEFA Cupのドローも行われました。
ナポリと当たる不幸?な相手は・・・・・
SeVilla F.C

まぁ3位だから仕方ないか(-。-
勝てない相手ではないです。
しかし、金があるのか、既存のメンツに加えファンブイテン、ローレン、ゴメツ等も加入している模様。
劣勢には変わりなさそうだ。



vsCatania(Away)
○1-0 カリュー1
アウェイながら試合を支配し、数多くの決定機を作るが結局1点止まり。
ポストは5回くらい叩きましたがw

↑5位 気が付けば5位にw始めのほうに、強敵固まってましたからね。





vsInter(Away)
来ました現在首位のインテル。意外にいつも良い勝負をする相手。
引かずに打ち合ったら意外にいけるということを過去のシーズンで学んでいるので、
始めから攻撃的なスタイルでいく。
しかし、左SHにイブラヒモビッチがいるのは脅威であり驚異である。




●1-3 カリュー1(PK)

シュート22本打たれましたw
やっぱり変に悟るべきじゃないということを学習しましたw
後半は少し魅せたのでそれでいいや( ´_ゝ`)

→5位 負けたのに5位キープ




vsModedna(Away)
△3-3 ピア1 ヤクブ1 オベルタン1
最下位のチームなので勝ち点3が欲しかったのですが、
相手のトルコ人FWにトリプレッタを許し同点Orz
しかし、全ての采配が的中した試合でした。(^ω^)

↓7位


vsJuventus(Home)
前半15分に相手中盤のシッソコが早々に2枚目のイエローで退場。
そして、ここで得たFKをFアウレリオが決め先制。
さらに、38分にCKからPカンナバロ。
42分にはFKからディアッラのヘッドで3点をあげる。
そして、後半も試合を支配し続け、
このままタイムアップ。
Pカンナバロが評価点10でMOMに輝く(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
○3-0 Pカンナバロ1 Fアウレリオ1 ディアッラ1

↑5位



そして、ここで12日間のクリスマス休暇。
フロントにとってはボスマン&冬の移籍市場です(*´Д`)


-------------------1月---------------------------------------------------------------------------------------
ここで、ひとまず1月1日に移籍が決定した面々をご紹介。

Date Person From Fee コメント
2.1.2010 Doronzo, Giancarlo
ドロンゾ
Lupa Frascati ¥20M

22歳の若手伊左SB。
Fアウレリオの後継者に。
スカウト一押し選手。

2.1.2010 Dempsey, Clint
デンプシー
Milan ¥280M ミランより格安で獲得。
両サイドをこなす両利きのプレイヤー。
重宝しそうです。
2.1.2010 Berg, Roar
ベルグ
Lillestrøm ¥35M 将来性+現在の能力も良いので獲得。
2.1.2010 Dohlsten, Jimmie
ドフルステン
Malmö FF ¥18M ↑に同じく。



おそらく、デンプシー以外はレンタルかリザーブでハードトレーニングになりそうな感じ。
ドロンゾ君はスカウトが絶賛してましたが、本当に伸びるんだろうか・・・・。
というか、中盤青田買いした選手がやけに多いw
既に5人くらいいるw


【コッパ・イタリア 準々決勝 1stleg】
vsInter(Away)
ベンチに加入したばかりの、デンプシーベルグが入る。
そして、遂に怪我から復帰したGKストラーリを起用。
試合は開始からナポリがカウンターから決定機を作りだし、
相手に付け入る隙をあたえない。
ナポリペースで試合は進むが53分にズラタンのシュートがDFに当たりそのままゴール。
やっぱインテルには勝てないか・・・と思っていた矢先にカリューが負傷。
そこでベルグを投入してみる。
すると63分PA内でオベルタンからパスを受けたベルグがサムエルを背に背負いながら、
反転シュート!これがGK正面も決まり、まさかの17歳デビュー戦ゴール( ゚Д゚)
これはワンダーボーイの誕生かも(;・∀・)
試合は、結局このままタイムアップ。
△1-1 ベルグ1


vsLazio(Home)
●2-3 ゾコラ1 タバーノ1
キルギアコス、PカンナバロとDFの中枢を欠く厳しい布陣であったが、
試合を終始支配する。
しかし、相手シュート4本中3本を決められ敗戦。ヽ(`Д´#)ノ



【コッパ・イタリア 準々決勝 2ndleg】
vsInter(Home)
疲れのせいか、途中で3時間程寝てしまった試合。
夢見心地で見ていたわけですが、
まさに夢のようなスコアになっていました。
この試合で覚えている事は、なにしろ怪我から復帰したムペンザが大活躍したこと。
かつてのスピード感溢れる突破はなりを潜めましたが、
人を使いながら攻めるというベテランらしさが出ていました。
ムペンザの1G1Aの活躍もあり、内容はよく覚えてませんが(w)3得点の勝利。
これで準決勝進出です。ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ
○3-0 ムペンザ1 カリュー1 オベルタン1


そういえば、まだ3冠の可能性も残しているんですねw


vsPalermo(Home)
○1-0 カリュー

↑4位


【コッパ・イタリア 準々決勝 1stleg】
vsMilan(Home)
○3-2 デンプシー1 ブッチ1 ピア1
控え中心で挑むも、怒涛の攻めで3得点奪う(;・∀・)
後半に2点返されるも、まさかの結果(;・∀・)




vsReggina(Away)
●0-1
まんまとしてやられた感じです。
こういう引いてカウンターのチームをどう崩すかが今後の課題Orz



【順位表 (2010年1月29日)】
january_10.jpg
やっぱり失点が多いですね。
位置的には好位置につけてます。
CL圏内も狙える位置。
パレルモ、ヴィオラ、ローマ、ラツィオ、ウディネーゼなどの強豪の低迷ぶりが目立つ。
まだ、コッパイタリア、UEFA CUPも残しているので、
共倒れにはならないように気をつけないと・・・。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
冬の移籍市場閉まりそうですが、獲りたい選手がいない。
いまだ3Bの移籍金を残していますが、EU圏外選手獲れないし、
ビッククラブ所属選手はきてくれないし。。。。
バルザーリとか欲しいんですけどね。
来Sの移籍金はどうなることやらw



  1. 2007/04/06(金) 04:01:13|
  2. Napoli 4年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Switzerland ② ~天下分け目の戦い~

  Switzerland

        swiss

         ''  Unus pro omnibus, omnes pro uno ''
''(一人はすべての為 に、そして、すべては一人の為に)''



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

何度も何度も丸い駒を入れ替え、動かした。
’フォンランテン’ ’デゲン’ ’フレイ’
駒には、そのようにカタカナで書かれた紙が貼り付けられ、テープで留められている。
破れかかった紙をテープでもう一度貼りなおす。
ふと、先日のナポリ対トリノ戦を思い出していた。
『(3-4-3・・・・フォンランテンか・・・・。)』


--------------------------------------------------------------------------------------------------------


【2008.11.7 W杯欧州予選 プレイオフ 1stLeg】
vsRomania(Home)
とうとうやってきました。W杯出場をかけたプレイオフ。
戦力的には全くの互角とメディアは予想。
色々悩んだ挙句、結局、ブルガリア戦勝利した時の布陣で臨むことにした。
(3-4-3の前振りは何だったんだろうか(-_-;))
RomaniavsSwiss.jpg
要注意選手は、やはりムトゥとマリカ。
特に、昨Sにプレミアで36試合22ゴール挙げているマリカは注意したい。
そして相手の両SBも穴がない。
CBが少し劣るか。
ムトゥにパスを通させないようにやるしかない。
ムトゥ対策として右SBにウィッキーを配置。
試合開始
試合開始早々の4分 引いた相手に対しフォーゲルが出す所に困った挙句、
フレイに浮き玉を送る。
しかし、相手CBがこれをヘディングミス!そしてフレイはGKと1対1を向かえショス!
これは相手GKがブロックするがこぼれ玉をバルネッタが詰め先制!!
14分 カウンターからフォンランテンがスピードで相手CBを抜き去り1対1を決め追加点!
しかし、25分にカウンターからウィッキーがムトゥに1対1で完全に抜き去られ、
GKとの1対1を決められ痛い得点を許す。
ここで前半終了。
相手の攻撃は完全に抑えているが、ワンチャンス&個人技で得点を許した。
2ndLegの事も考え、あと1点欲しい。
後半はカウンターからお互いチャンスを作るが、両GKが踏ん張る。
62分に相手CBが負傷し、出てきたのは・・・・35歳フェリペスクw
そして、このままタイムアップ。
2ndLegを考えると・・・合格点とは言えない結果。
内容は良かったんですけどね。
○2-1 バルネッタ1 フォンランテン1





2ndLegに向け、5バックで行く事も考えましたが、
やはり前回の内容が良かったので4-4-2で。
相手が大幅な戦術変更をしてこない事を祈るのみ。
そして、第二戦キャプテン・フォーゲルが累積警告で出れない事に(´Д⊂ヽ
ウィッキーも右SBも外せないし・・・中盤のクオリティーが心配。




【2008.11.11 W杯欧州予選 プレイオフ 2ndLeg】
vsRomania(Away)
相手は全く同じ布陣。
やれる事はやった。これがスイス代表監督として最後の試合になるかもしれない。
後は祈るばかり・・・・。
試合開始
試合は開始から、いきなりの波乱を見せる。
スイスのクリアボールが丁度、ルーマニアDFの間に抜け、
GKとDFの間に転がる。
これをフォンランテンが一歩先に触るが、飛び出したGKがフォンランテンを倒してしまう。
審判はPKを宣告!そして、赤い紙をかざした。
そして、このPKをフォーゲルの代わりのビーレフェルト所属Gergociが決め先制!
合計のリードは2点に広がり、数的優位に立つ。
相手は4-4-1に変更しマリカの1トップにボールを当てる攻めをしてきたので、
タイトマーキング、タックル強、プレス強で徹底的にマリカを潰せと指示。
そして、相手の攻撃が機能しなくなると、相手は4-3-2のムトゥ、マリカの2トップに変更。
中盤の選手にボール保持を指示し、中盤でゲームを作り相手FWにはタイトマーキングだけを指示。
そして、フォンランテンをトップ下に置き、支配率を上昇を狙う。
後半開始こそ相手に支配されたが、やはり徐々に数的有利が表れ、
69分にGergociが直接FKを叩き込み勝負あり。
92分 遂に笛が鳴った。

全大会に続き、プレーオフでW杯出場を勝ち取った若きイレブンは、
’歓喜’というよりは’安堵’の表情を浮かべる者が多かった。

○2-0 Gergoci2


swiss_w.jpg


この日、スイスに凱旋したイレブン達の宴が朝まで続いたのは言うまでもない。
しかし、次節のサンプドリア戦が間近に迫っている監督は、
半年後の夏にイレブンが一回り大きくなって返ってくる事に夢をみつつ、
’ミラノ行き’の看板を目指し歩いていた。

  1. 2007/04/04(水) 03:44:25|
  2. スイス代表記〜FM2007〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 4年目 9月 10月~セリエA&UEFA Cup 開幕~

今期は初のUEFA CUP挑戦とセリエAの2足の草鞋を履かなければなりません。
コンディション調整や、怪我人の事など、未知数な部分が多い為、
乗り切れるか少し不安。
今期も7位以内には絶対に入らないとなぁ。


そういえば、前回のやつに書くの忘れていましたが、
インテルのコルドバをレンタルしてたんですが、
コルドバも4ヶ月の重症を負う^^;
それで年棒高かったんで、返還しました。
もう、呪われているみたい。



【メディア予想】
メディアの予想では8位との予想。
そして、理事会は安全な中位、サポーターは立派な順位を期待しているとのこと。
要は今期も6位くらいでいいってことでしょう。


[UEFA Cup 1st knock round Leg1]
vsBeveren(Away)
ベルギーのチームみたいです。
4448人の観客を前にベルギーの地でプレー。
アウェイの地で物怖じせず、伸び伸び公式戦を戦うイレブン達。
試合は終始60%を超える支配率でナポリが優勢を保ち、
4得点を奪い快勝♪
こんなところで躓くわけにはいきません。
○4-0 ヤクブ1 ブッチ1 オベルタン1 ムペンザ1




[セリエA]
vsPalermo(Away)
セリエA開幕戦。
アウェイの地で開幕勝利といきたかったが、
2日前のUEFA Cupの疲労が残っているのか動きが重い。
結局、お互いチャンスらしいチャンスを作れずに試合終了。
△0-0



vsLeggina(Home)
ホームゲーム。しかも相手は昇格したばかりのレッジーナ。
しかし、戦前のメディア予想はなぜか3-1と4-5でレッジーナが優勢と予想。
やはり多くの怪我人を抱えるナポリの現状を察してなのだろうか。
3戦連続で中2日が続く。
選手の体調を考慮し、ヤクブを外し、怪我明けのカリューとムペンザの2トップ。
そして、中盤にゾコラアンドレアセンを起用。
試合は開始早々の4分、オベルタンにアンドレアセンから綺麗なワン・ツーが通りクロス、
これをカリューがニアに飛び込み先制!
21分カリューが裏へ抜け出すが相手がファールで止めカリュー負傷・・・・・。
またか・・・(-_-;;
そして、ゴール前のFKをアンドレアセンが直接突き刺し追加点!
さらに、59分にリチャーズが自身ナポリ初ゴールで試合を決定付けたように思われた。
しかし、この後立て続けに2点奪われまさかのドロー。
公式戦初勝利はお預けに。。。
△3-3 カリュー1 アンドレアセン1 リチャーズ1




vsUdinese(Away)
●0-1


だ・・・ダメだOrz
正直に告白します・・・・・面倒なんで昨季の4-4-2に選手を放りこんでるだけでした(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
やっぱりフルマッチ観て調整しないとダメですかね。。。。
あと、DFラインがやっぱり言語揃ってないとダメみたいですね。
凡ミスが多すぎる。
ウディネーゼ戦は前半攻められまくり、後半からカンナバロを入れてから守備が安定してました。


[UEFA Cup 1st knock round Leg2]
vsBeveren(Home)
△0-0(トータルスコア○4-0)
控え中心で挑む。
まぁ、こんなもんでしょう。。。
これでグループリーグ進出♪
どこと当たるかは運次第・・・・。





vsTaranto(Home)
こちらも昇格チームとの対戦。
開始からナポリが圧倒的にボールを支配し、
10分にFアウレリオのクロスをディアッラが中央でフリーで受けシュート!これが決まり先制。
そして、18分32分に続けてカリューがヘッドで決めて3点差をつける。
これで試合は決定したと思われたものの、この後、カンンバロとキルギアコスが揃って、
1本づつ相手にPKを与え、1点差の辛勝。
この試合、キルギアコス Pカンナバロのレートが5。・゚・(ノ∀`)・゚・。
○3-2 ディアッラ1 カリュー2
4試合で6失点。・゚・(ノ∀`)・゚・。

↑13位




UEFA Cupグループリーグ抽選会が行われた。
ナポリはスポルティングCP リール デポルティボ MyPa(フィンランドのチーム)と同組に。
うーん。。。。。まあまあですかね。
第一シードのチームがスポルティングCPなだけマシですね。


vsCagliari(Away)
○2-0 カリュー2


カリュー 4試合5ゴール (((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル




今日、無事実家より帰還。
1週間ぶりにナポリのイレブンたちと再会。
いやー改めて・・・怪我人多っ!


しかし、FMの情報収集は欠かさず行っていたんで、
怪我人対策情報もバッチリ収集してきました。
練習中の怪我人に対しては選手管理能力と規律の高いコーチを雇い、
練習全部担当させれば良いらしい。

早速、コーチを雇おうと思ったのですが、
そういえば、元フランス代表ミクーをユースコーチとして雇ったばっかりで、
コーチ上限人数だった。(;´Д`)

でも、アシマネならまだ雇えるみたいなので、
練習視察専用アシマネを雇うことに。
・・・・・と思ったらアシマネの移籍もクラブにキャンセルされた(;´Д`)

仕方ないのでコーチ一人を14Mの示談?の末、解約。ごめんよぉ(´Д⊂ヽ
気づけば、ほとんどの能力が1ケタのコーチもいたので、彼も5,5Mで解雇。
いやーこの強引さ・・・・ビッククラブっぽくて良いですなぁ(・∀・)


[UEFA Cup GrpLeague]
vsMyPa(Away)
フィンランドのチームとの対戦。
前半に4得点を奪い、後半も試合を支配し続け、そのままタイムアップ。
ここでは負けられない。
○4-0 ブッチ2 アンドレアセン1 オベルタン1




結局、シエナとトレヴィーゾより良質なコーチの引き抜きに成功。
もう少し早めにコーチの質を上げておくべきだった。Orz




vsRoma(Away)
問題であったCBはキルギアコス、Pカンナバロのコンビで挑む。
相手は豪華な中盤にファンデルファールト、ポドルスキを加えさらに攻撃的になった印象。
カウンターでいくしかない。
序盤からナポリがカウンター&右サイドからチャンスを作る。
そして、ローマもセットプレーからチャンスを作るがイアキンタのヘディングはバーに嫌われ前半はスコアレス。
相手はファンデルファールトを下げタッデイを入れ4-4-2の布陣に変更。
打ち合いになりそうだ(;´Д`)
カウンターの応酬からお互いチャンスを作るが、スコアには現れず、
92分にPカンナバロが2枚目のレッドで退場となるが、
このままタイムアップ。
△0-0

↑11位 むぅヤクブがリーグ戦で未だノーゴール。警戒されてるんですかね。。。



vsMilan(Home)
またまた強豪との対戦。
ヤクブを一回外してムペンザとカリューの2トップにしてみる。
前半からミランに一方的な展開に。
前半30分までで12本のシュートを放たれる(´Д⊂ヽ
そこで、右SHのオベルタンにボールの保持を支持し、真ん中の数的不利を解消する為、
ラインを上げる。裏を取られたら・・・・知らん(・∀・)
それでも、やはりミランのペース。
しかし、試合は意外なところで動く。
50分にジラルディーノが負傷し、相手は4-4-2に変更。
そして、54分にオベルタンのクロスが相手に当たりジダがこれを処理ミス!
これをムペンザがヘッドで押し込み先制!!!
しかし、60分にカラーゼのクロスに反応したリカルドオリベイラに同点弾を許す。
そして、両サイドハーフを交代し、ヤクブを投入し逆転を狙うが、
意地は見せたもののそのままタイムアップ。
○1-1 ムペンザ1

↓12位 2試合連続ドロー。相手が相手だっただけに・・・。
それにしても、ニエミ大先生のお陰で1失点だったものの、
シュート21本を許したDF陣。
やはりDFラインに伊語できる選手が3人と2人では大きな差があるように思う。



vsTorino(Away)
現在4位と好調なトリノとの対戦。
開始からトリノがチャンスを作り続け、
32分についに先制を許す。
ディアッラに攻撃参加を指示し、両サイドハーフを上げ4-2-4の攻撃的布陣にでる。
それからナポリが主導権を握るが、相手GKの踏ん張りでなかなか得点をあげることができない。
75分 カリュー、アンドレアセン、ゼルビーを投入し一気に勝負にでる。
しかし、結局得点をあげることができず、敗戦。
16本のシュートを放つも相手GKソーレンセンが良すぎたOrz
●0-1

↓14位



vsAtalanta(Home)
前半からホームのナポリが試合を支配する。
前半に幸先よくCKからキルギアコスのヘッドで先制。
そして、幾多のチャンスを作りだすものの得点はこの後生まれず。
後半に何度か危ない場面を迎えるもののウノゼロの勝利。
○1-0 キルギアコス1

FWが明らかに得点力不足。ヤクブに至っては6本シュートを放ってるんですけどね・・・。
2本がバーでした(;´Д`)
1点入れてくれれば楽になるんだろうけど・・・。

↑11位



【順位表 09年10月31日】
09_october.jpg

非常にヤバイ順位です(;・∀・)
でも、これから徐々に上げていく予定。
ニムアニ早く帰ってきてぇー


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10日以上ぶりの更新(;・∀・)
それでも、多くの方に来ていただいていたので、今日更新できてよかった。
最近は、リアルの草サッカー(社会人チーム)でFW→左MFに転向させられ、
MFの難しさを実感しています(;^ω^)

  1. 2007/04/02(月) 19:53:08|
  2. Napoli 4年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★Hot Item★

管理人のオススメ(各商品画像クリック後、商品画面に飛べます。)


『ヒストリー オブ フットボール VOL.1(DVD)』   『マンチェスター・ユナイテッド・オフィシャルヒストリー 1878-2002(DVD)』>   クラシックダービー#ACミランvsインテル・ミラン

最近の記事

FootballManager

プロフィール

Hendrikse

Author:Hendrikse
フットボール、音楽好きの自称NEET。
好きなバンド:The Used,Fall out boy,Weezer,The Hush Sound,Hellogoodbye,Panic! at the disco,blink-182
好きな選手:高原直秦、他海外で活躍する日本人選手
好きなチーム:高原が所属するクラブ・・・Jスポーツしか観れないんで必然的にw


FC2 Blog Ranking

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。