蝶の様に舞う〜FootballManager2007日記〜

SEGAのサッカーゲーム『FootballManager』シリーズの日記と、 たまに思った事、サッカー、音楽に関する日記も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

取止めない事をつらつらと・・・

こんにちは。

土曜日に草サッカーの試合がある為、実家にいます。
次にFMをやるのは月曜くらいになりそうな感じ。
最近、FM日記更新できていなかったのですが、
昨日は過去最高の訪問者数に!∑(゜∀゜)
色々な方のリンクのお陰です。

FMNoteさんの掲示板の方でも書いていらっしゃいましたが、
Wayneさんのブログを紹介したいと思います。
これまでは、競馬やフットボールネタだったようですが、
先日、FM日記を始められたようです。
とても丁寧に作られているので、見ていて面白いです。
今後にも期待です。(>Д<)ゝ
Un reino del futbol  http://ameblo.jp/iverson3



今日は、おそらくみなさん興味ないと思いますが、
読んでとても面白かった本をご紹介。

ドラゴンUMAの謎―生きていた恐竜・翼竜・海竜
dragon

いやーかなり面白かったです。
ワクワクしっぱなしでした。
もともと遺跡物やUFO物が大好きなオカルト好きな私ですが、
UMAもかなり興味があったんで、本当に面白かったです。
特にプテラノドン(翼竜)の件は、充実していて・・・・確信しました。
恐竜はいまでも生きている’ということをw 
普通に考えたら、なに頭のおかしい事を言ってるんだって感じですが、
そういう事を信じたい人にはピッタリの本ですw
初めは、どうせ矢追順○的な感じだろ と思って買ったので、
意外に理論的、客観的にデータを分析しているので、
そのギャップが私に、このような確信を持たせたのかもしれませんw

次は未確認動物UMAの真実を購入予定w


ここ1週間、FMできなかったので、代わりにやっているゲームがこれ。
WarRock   公式HP:http://warrock.jp/
こういうミリタリー系はメダルオブオナーを以前プレイしていて、
好きだったんですが、なにせ高性能なグラフィックボードなどが必要なので、
いつも泣く泣く諦めていたんですが、
これは結構、性能が高くないPCでも動く模様。
しかも、ほぼ無料
良い武器等を使うには課金が必要なのですが、
ほとんどの人が無料の武器でやってるんで、
無料でも十分楽しめるかと思います。
今日も新マップが追加されたようで、いまから出撃しようかと思ってますw


それにしても、FMできない時って色々、自分の監督としての欠点や、
チームの改善点を見直す時間として良いかもしれませんね。
情報収集もできますし。

今、私のプレイ日記の書き方を今から書き始めようかなと思っている人向けに公開するのとか、
以前のプレイ日記で書きましたがEU圏の国一覧等の殴り書きデータのような物も作ろうかなと思っています。
企画倒れの可能性は十分に孕んでいますがw



Football Manager トップサイト集 - FM2007 FM2006 - サッカ・#91;ゲ・#91;ム シミュレ・#91;ション
FMJさん主催のFMトップサイトリンクです。
FM関連のブログ等書いている方がいらっしゃいましたら是非、登録しましょう♪
そして、ここから飛んでいただけるとありがたいです。

スポンサーサイト
  1. 2007/03/29(木) 15:48:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

赤の女王

Now, here, you see, it takes all the running you can do, to keep in the same place.
If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!
(いいかい。ここでは力の限り走らなきゃいかんのだよ、同じ場所に留まるためにはね。
もし他のところへ行きたいのなら、その2倍の速さで走らなくてはならなんのだ。)

ルイス・キャロル 「鏡の国のアリス」より


つい先程、読んだ生物の本に書いてあった「赤の女王説」。
その突飛なネーミングに魅かれ読んでしまいました。
これは簡単に言うと、種を保ち続ける(=同じ所に留まるため)(生き残っていくため)には、
常に有性生殖によって進化し続けなければならない。(=走り続ける)ということなんですが(多分w)、
なんか倫理チックで現実の世界にも当てはまりますよね。
その説を「鏡の国のアリス」の一場面に似ているので、この仮説を、そう名づけたそうですが、
今、考えてみると幼い頃に観たアリスの物語は、どこか独特の雰囲気があり、
かなり深い作品だったのかもしれません。
また機会があれば読んでみたいなぁ。



今日は、新しい方からコメントを頂いたり、
またこのサイトを紹介していただいてるサイトを発見したり、
本当に嬉しい限りでした。
日頃、多くの方に見て頂いているのはカウンターで解るのですが、
実感があまり湧きませんからね。
もっと良い物を書いていかないとなぁとつくづく感じた日でした。
そして、もっと戦術的な事を詳細に記し、
ここの’ウリ’にしていけたらなぁと感じました。

それにしても、他の方のFM日記を見ていると、自分も早くFMしたい!って思います。
また、色々な発見もありましたし。

なんか、少し前に似非チーム作成術書きましたが、
それも、もっと良い物を書いていきたいですね。



今日も普通の日記&自己満足で申し訳ありません。

  1. 2007/03/28(水) 00:29:26|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多忙につき・・・

みなさん、こんばんは。

突然なのですが、今ずっと実家の方におり、現在FMができない状況です。
先週の金曜辺りから実家にいるのですが、
親族が入院した為、来週まで、ずっと実家にいないといけない模様。
その為、FM日記は、しばし・・・・おそらく来週初め辺りまで更新できません。

毎日、多くの方に訪問していただいているので、
更新したいんですが・・・・本当に申し訳ないです。

こんなに多くの方に訪問していただき、日記職人冥利に尽きます。


これだけで終るのも何なので・・・4月に友人とウイイレ大会(といっても総勢5人)があるので、
それの私の今考えているチームでも晒しておきますw

FW               クライフェルト
WG    バルネッタ                  クアレスマ

MF             ゼ・ロベルト  ジエゴ
                 ジウベウト・シウバ

DF     ボカ     イスマエル   フェリペ   ダニエウ・アウベス


今日、それに向けこのチームをマスターリーグのオリジナルチーム作成で作り(名前はモヒカーンズだったけなw)Com相手にやったんですが・・・・
ポゼッションは勝ちますが・・・・ゴール決まらない(*´д`*)
両ウイングの守備意識を高に設定してるんですが、それがいけないんですかね・・・・。
FW ST STの組み合わせだと、結構良い感じだったんですが、
なんかセコイ感があるので、あんまりやりたくないんですよね。
結局は、友人Aの3トップ ウイング守備意識低 のカウンターで負けるんだろうな(*´д`*)ハァハァ

  1. 2007/03/27(火) 03:37:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Switzerland ① ~中立国家に生まれし若き戦士達~

        
     Switzerland

        swiss

         ''  Unus pro omnibus, omnes pro uno ''
''(一人はすべての為 に、そして、すべては一人の為に)''




----------~Prologue 物語の序言~-------------------------------

日本から一緒に海を渡り、
いつも愛用している親譲りの懐中時計の短い針が’12’の文字を回ろうとしていた。

ふと、騒々しい携帯の着信音が鳴っていることに気がついた。
こっちに来たばかりの頃は、このヘンテコな着信音に嫌気が差していたが、
いまでは、安心感さえ覚えるほどになった。
相手はナポリの事務であった。
『スイスサッカー協会の方から電話があり、至急連絡をとりたいそうです。』

スイスと聞いてアルプスのハイジを思い出す自分は、
まだまだ生粋の日本人だな と変にニヤケながらも、
車に乗り込んだ。
ユーロ2008がフランスの優勝で幕を閉じ、
開催国であり、優秀な若手を擁していたスイスは、優勝候補の筆頭に数えられていたが、
蓋を開けてみれば見るも哀れな予選敗退。
1勝もできずにホスト国が早々と姿を消し、
穏やかな国民性で知られるスイスのサポーター達が暴動に近い形で暴れている姿が、
何度もTVで垂れ流されていたのを思い出した。

昨年、日本サッカー協会からの打診を受けつつも、
初戦を迎えぬまま、協会とのそりが合わず辞任したという、
苦い記憶が自分の心の片隅にあった。

しかし、ある意味、
その’苦い記憶’に後押しされた形で決断に至ったと言っても過言ではないかもしれない。

ナポリクラブの事務所に着いた先で、
’スイスサッカー協会’の文字が小さく印刷された車と、
そこに佇む二人の男性を見た。
彼らは説客のつもりかもしれないが、そう話は長引かないだろうなと思った。


次の日の新聞に、『ナポリ監督、スイス代表監督のポストへ』という記事が紙面を小さく飾っていた。
そこの写真の中の、ナポリ監督の右手に握り締められた時計には’made in Swiss'という文字が煌びやかに光っている様に見えた。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


就任したのはいいけれど、やる事が多すぎる(;´Д`)
就任初戦のW杯欧州予選にむけて・・・・・。
はじめにWikiの力を借りてスイスという国と、
スイスのサッカーの歴史を少しお勉強。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                        スイス連邦
公用語 ドイツ語、フランス語、
イタリア語、ロマンシュ語
首都 ベルン
最大の都市 チューリッヒ
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第132位
41,290km²
3.7%
人口
 - 総計(2004年)
 - 人口密度
世界第93位
7,450,867人
180人/km²


サッカースイス代表
国または地域 スイス
協会 スイスサッカー協会
愛称 La Nati
監督 ヤコブ・クーン
最多出場選手 ハインツ・ハーマン(117試合)
最多得点選手 Max Abegglen
Kubilay Türkyilmaz(34得点)
初の国際試合 1905年2月12日対フランス
1-0
最大差勝利試合 1991年6月5日対サンマリノ
7-0
最大差敗戦試合 1909年5月20日対イングランド
0-9
W杯出場回数 8回
W杯初出場 1934 FIFAワールドカップ
W杯最高成績 ベスト8(1934、1938、1954)
サッカー欧州選手権出場数 2回
サッカー欧州選手権最高成績 グループリーグ敗退(1996、2004)


----------------------------------Wikipediaより引用・抜粋-------------------------------------------

やはり就任したからには、2010年の南アフリカW杯を目指す。
W杯最高成績のベスト8を塗り替えられたら最高ですが、
現実的にはW杯出場+Grリーグ突破が目標。

【戦力確認】
やっぱりヨーロッパの’中堅’といった感じでしょうか。
飛びぬけた1級の選手がいないですが、どのポジションにもそれなりの選手を完備。
みんな若いので、2年後にはもう少し期待できそうです。

とりあえず、初戦のラトビア戦に向け、戦力を確認し23人を選出。
残念ながらアーセナル所属のジュルーが怪我の為、離脱したが、
それ以外はフルメンバー。

Pkd 名前 ポジション 所属クラブ 年齢 評価額
- Manuel Docourt GK Nürnberg 21 ¥47.5M
GK Pascal Zuberbühler GK West Brom 37 ¥130M
DC Steve von Bergen(ベルヘン) SW, D C Piacenza 25 ¥260M
S3 Frédéric Laurent Page(ペイジ) D C Toulouse 29 ¥290M
DC Patrick Müller(ミュラー) D C Lyon 31 ¥310M
DC Philippe Senderos(センデロス) D C Arsenal 23 ¥825M
- Bernt Haas D/WB R Nantes 30 ¥30M
- Christian Schwegler D/WB R Karlsruhe 24 ¥280M
S4 Ludovic Magnin(マニャン) D/WB L Piacenza 29 ¥60M
S6 Philipp Degen(Fデゲン) D/WB/M R Wigan 25 ¥480M
WBL Reto Ziegler(ジッヒャー) D/M L Tottenham 22 ¥800M
MC Raphael Wicky(ウィッキー) WB R, DM Hamburg 31 ¥410M
WBR Valon Behrami(ベルハイム) WB R, AM RL Lazio 23 ¥1.57B
S5 Benjamin Huggel(フッケル) DM München Lions 31 ¥240M
MC Johann Vogel(フォーゲル) M C Recreativo 31 ¥625M
S7 Tranquillo Barnetta(バルネッタ) AM RL West Ham 23 ¥975M
- Marco Padalino AM R Piacenza 24 ¥480M
- Fernando AM L Schaffhausen 27 ¥25M
AMC Hakan Yakin(Hヤキン) AM LC Parma 31 ¥470M
FC Johan Vonlanthen(フォンランテン) AM/F C FC København 22 ¥950M
- Alex Geijo ST Xerez 26 ¥450M
S2 Alessandro Elia(エリア) ST Fiorentina 23 ¥440M
FC Alexander Frei(フレイ) ST Dortmund 29 ¥1.3B
S1 Marco Streller(シュトレーラー) ST Stuttgart 27 ¥725M









































なんて、読んだらいいかわからない名前が多い(;・∀・)





【主力選手紹介】
名前 ポジション 年齢 評価額 コメント
Philippe Senderos(センデロス D C 23 ¥825M  ベンゲルの指導の下、プレミアを代表するDFに。
しかし、まだまだ成長段階。スイス代表のDFリーダー。
Ludovic Magnin(マニャン) D/WB L 29 ¥60M  個人的に好きな選手。リアルではFK蹴ってますが、
FK精度が低い・・・。
Philipp Degen(Fデゲン) D/WB/M R 25 ¥480M

 安定した守備。先日のW杯でも好プレーを見せた。

Raphael Wicky(ウィッキー WB R, DM 31 ¥410M  高原所属時のHSV時代から好きな選手。
ボランチの中では一番好きな選手かも。良い選手です。
Valon Behrami(ベルハイム WB R, AM RL 23 ¥1.57B  スイス代表一番の高給取り。
超快速ドリブラー。
Johann Vogel(フォーゲル M C 31 ¥625M  そのポテンシャルを嘱望されながらも、
開花しきれずに’終わった’と思われている。
スイス代表では中心的選手。
Tranquillo Barnetta(バルネッタ) AM RL 23 ¥975M  独W杯で見せた世界レベルのプレーは記憶に新しい。
Hakan Yakin(Hヤキン AM LC 31 ¥470M  足元の技術に冴えたトルコ生まれのファンタジスタ。
Johan Vonlanthen(フォンランテン) AM/F C 22 ¥950M  不遇の時代を経験し、一回り大きくなった。
輝ける場へ階段を上りつつある選手。
Alexander Frei(フレイ ST 29 ¥1.3B  スイス代表のエース。
なんでもできるタイプのストライカー。
Marco Streller(シュトレーラー ST 27 ¥725M  空中戦はあまり得意でない196cmの選手。



































色々、考えた末、センターバックに良い選手揃っているので3バックを採用することに。
前線には、キープでき、裏にも抜け出せる選手が揃っている。
基本的には中盤でゲームを作る。
サイドの守備が少し心配・・・・。
ベルハイムは、かなり攻撃的に設定。
とりあえず、これで初戦戦ってみて、様子みつつ変えていきます。

3-5-2










【2008ワールドカップ 欧州予選グループ4】
チーム
Germany
Andorra
Switzerland
Moldova
Latvia
Bulgaria












こんな組み合わせです。
やはりドイツが本命。
確か1位がW杯出場確定で、2位のチーム同士がプレイオフで戦うだった気がします。
つまり、最低2位以内に入らないといけない!ということ。
そこでのライバルがドイツとブルガリア、ラトビアになりそう。
勝てる試合を確実に獲る事が重要になってきそうです。
やるからにはW杯出たいです。FMでW杯出たことないですし・・・・。




【2008.9.3 W杯欧州予選 第1節】
vsLatvia(A)
戦前の予想はもちろんスイス有利。
しかし、ユーロ2004以来、着々と力をつけているラトビア・・・侮りがたし。
練習試合もなかったので、このフォメが本当に通用するか不安でもあります。
警戒すべきは、相手FWのディナモキエフのエースであるベルカホフスキ。
彼にマークを指示。
試合開始。
やはり自力で勝るスイスがカウンターから良い攻めを見せる。
しかし、12分早くも試合が動く。
ラトビアのCKからゴールへ曲がるボールを、
ポストすれすれで頭で’こすった’感じのボールがゴールに吸い込まれ、
早くも先制を許す。
すぐさま、相手スローインのこぼれ玉を拾ったフォーゲルがエリア内のフレイにパスを通し、
フリーで受けたフレイがこれを冷静に決め同点に追いつく!
そして、27分PA外ゴールまで18Mの位置でFKを得、これをフレイが直接叩き込み逆転!
この後、決定機を迎えられるも、なんとか防ぎきり、試合終了間際には、
ダメ押し点を決め試合終了。
監督就任初戦を白星で飾った。
○3-1 フレイ2 ベルヘン1

戦術もそこそこ機能していたように思います。
中盤のウィッキーとフォーゲルのコンビは素晴らしかった。
でも、やはりWBだけではサイドの守備が脆いです。
相手が強くなると、その辺も考えないとなぁ。


いやーW杯予選は、観ててかなり緊張します(;・∀・)
予選敗退なんて、国民の期待を考えるとできないですし、
リーグ戦と違い1戦の重みが全然違う・・・。


終盤に途中から5-4-1に変更したんですが、
アウェイで強敵相手には良いかも。
前に残っている攻撃の駒が少なくてもベルハイムのドリブルでなんとかなりそう。
その場合は彼ありきの戦術になりますが、
それはそれで良い。

【順位~第1戦消化~】
Pos Team 試合数 Won Drn Lst 得点 失点 得失点 Pts
1st Germany 1 1 0 0 6 0 +6 3
2nd Bulgaria 1 1 0 0 5 0 +5 3
3rd Switzerland 1 1 0 0 3 1 +2 3
4th Latvia 1 0 0 1 1 3 -2 0
5th Moldova 1 0 0 1 0 5 -5 0
6th Andorra 1 0 0 1 0 6 -6 0











やっぱり二つともボロ勝ちしたみたい(;・∀・)



【2008.10.4 W杯欧州予選 第2節】
vsGermany(Home)
2戦目にして来ました・・・前半戦の大一番。
ホームでドイツとの対戦。
最低でも引き分けておきたいところ・・・・。
しかし、こんな大事な時にエースのフレイとシュトレーラが怪我で離脱。
厳しい・・・・。
採用したフォーメーションは5-2-2-1 
ワントップにスペイン セグンダAのXerez所属のAlex Geijoという選手。
召集した中で一番フィジカルが’マシ’だったんで・・・。
<5-2-2-1>
5-2-2-1_swiss.jpg
ベルハイムがいるからこそ、できるのであろう戦術。
機能するかは、まだ未知数ですがこういう守備的な戦術が重要になってくるはず。
ホームだから攻撃的?そんなもの関係ありません・・・負けられないんで・・・。

試合開始
前半はお互いリスクを犯した攻めを見せず、両チーム合わせて3本のシュートに終わる。
51分スイスCKからセンデロスが競ったこぼれ玉をバルネッタがすかさずシュート!
しかし、これは相手GKの好守に阻まれる。
交代:Hヤキン→バルネッタ
59分左サイドをポドルスキに突破されグランダーのクロス!
これに走りこんだクローゼが走りこみシュートを放つがわずかに枠の上。
胸を撫で下ろす。
66分 Pデゲンの逆サイドへの大きなクロスは相手SBの頭をかすめ、
PA内のいるバルネッタへ!これを隅を狙った丁寧なシュートを放つが、
バーに当たりGeijoも詰めれず!
73分 交代:ウィッキー→フッケル Geijo→Doudin
75分悪魔が待っていた・・・。
フリングスがプレスが遅れたDF陣を尻目に強烈なミドルを放つ!
これがゴール左隅に決まり先制を許す!
この後、3-4-3に変更し、わずかな望みに託すが無常にも笛がなり、敗北。
痛い痛い敗北です・・・・。
●0-1

5バック良かったです。集中力が途切れなければ引き分けていたのに。・゚・(ノ∀`)・゚・。
相手の枠内シュートを2に抑えていました。



ブルガリアがアンドラと引き分け為、勝ち点差は1差の3位に。


4日後のアンドラ戦を控え練習中に、
センデロスの相棒であり頼れるCBのベルヘンが負傷離脱。
4バックにしないっぽいですね・・・。


vsAndorra(Away)
相手はプロ選手が一人しかいません。
これは絶対に勝たないと・・・・。
ブルガリアがAwayでアンドラと引き分けているんで、
勝てば間接的には優位になるはず。
4-3-3とナポリで使っているフォーメーションで挑む。
ワントップにはフォンランテンを起用。
開始12秒相手パスをカットしたボールがフォンランテンに流れ、
相手GKと1対1を決め先制!これは最短記録では?w
この後、前半だけで4得点を奪い快勝♪
やはりチームワークがいいのか、相手が弱いからなのか流れるパスワークでしたw
○4-0 フォンランテン1 ベルハイム2 フォーゲル1

ブルガリア、ドイツが揃って勝利し、順位は変わらず。


【順位~第3節消化~】

Pos Team Pld Won Drn Lst For Ag G.D. Pts
1st Germany 3 3 0 0 14 0 +14 9
2nd Bulgaria 3 2 1 0 8 2 +6 7
3rd Switzerland 3 2 0 1 7 2 +5 6
4th Moldova 3 1 0 2 2 13 -11 3
5th Andorra 3 0 1 2 1 11 -10 1
6th Latvia 3 0 0 3 3 7 -4 0













これで翌年の3月までは、予選はありません。
それまでに着々と力をつけてくれる事を祈るばかり・・・。

それでは、再びナポリ行きの飛行機へ・・・・。



【親善試合】

日付 vs スコア
2008.11.8 Poland(A) ●0-6
2008.12.11 Bosnia(H) △1-1
2009.2.4 Slovakia(H) ●0-2


面倒なのでアシマネに任せたんですが・・・・いやーこれは酷い。。。
ポーランドに0-6って。。。
スイスが弱いのか、アシマネが無能なのか・・・。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。



【2009.3.21 W杯欧州予選 第4節】
vsBulgaria(Home)
来ました・・・予選の大一番。
これに勝てばW杯がグっと近くなりますが、負ければ・・・・。
相手は3-5-2できそうな感じ。
上手くいけばサイドをベルハイムがガンガンにいってくれそうな感じなので、
3-2-2-2-1(2WB 2AM 2MF)といった感じのフォメで挑むことに。
フレイが帰ってきましたが、ウィッキーとフォーゲルが負傷離脱中・・・・。
大丈夫かな中盤・・・・。(;・∀・)
ベルハイムにドリブル、攻撃参加、ボール保持、プレイメーカーに指定し、
完全にベルハイム頼みの攻撃でいく事に。
試合開始
15分 ベルバトフのミドルがDFに当たりゴールにボールが流れ、
38歳GK反応が遅れ先制を許す。。。
24分 カウンターから抜け出したフレイを相手DFがファールで止め1発レッド!数的優位に立つ。
なんと、そのままベルバトフがCBに。(!!)
57分 試合を優位に進めるがカウンターからジュルーがマークミスを犯し、
追加点を許す・・・。
4-2-4に変更し、フォンランテン、シュトレーラーを投入。
70分 フレイがPA内で倒されPKゲット!これをセンデロスが決め1点差。
この後、攻め立てるが万事休す・・・。これは痛い。。。。
明らかに戦術ミスだ。゚(゚´Д`゚)゚。
●1-2 センデロス(PK)

試合後、各選手は無言でロッカールームを後にした・・・・。

【第四節消化】

Pos Team Pld Won Drn Lst For Ag G.D. Pts
1st Germany 4 4 0 0 15 0 +15 12
2nd Bulgaria 4 3 1 0 10 3 +7 10
3rd Switzerland 4 2 0 2 8 4 +4 6
4th Andorra 4 1 1 2 3 12 -9 4
5th Moldova 4 1 0 3 3 15 -12 3
6th Latvia 4 0 0 4 3 8 -5 0


これで、かなりきつくなってしまいました。
アウェーでのブルガリア戦に絶対に勝たないと無理ですね・・・W杯。
。゚(゚´Д`゚)゚。




【2009.5.30 W杯欧州予選 第5節】
vsMoldova(Home)
勝利が義務付けられているこの試合。
試験的な意味合いもこめて4-4-2で挑む。
試合は、戦前の予想通りスイスペースで進み、
2得点を入れ、相手にシュート1本も許さずに勝利。
○2-0 ベルハイム1 フォンランテン1


【2009.6.3  W杯欧州予選 第6節】
vsLatvia(Home)
ここも負けられない試合。
ラトビアはエースのベルパコフスキスを抑えれば怖い物はありません。
そして、この試合は2試合ぶりにエースのフレイが復帰。
前半は58%の支配率でゲームを支配するが得点は生まれず。
試合が動いたのは後半48分、
シュトレーラーが抜け出し1対1の場面でシュート!これがポストに嫌われるが、
フォーゲルがそれを拾いシュート!これが決まり先制!
この後、さらに2点を追加し快勝v( ̄Д ̄)v
○3-0 フォーゲル1 ベルハイム1 ベルゲン1


【順位~第6節消化~】

Pos Team Pld Won Drn Lst For Ag G.D. Pts
1st Germany 6 6 0 0 21 0 +21 18
2nd Bulgaria 6 4 1 1 12 6 +6 13
3rd Switzerland 6 4 0 2 13 4 +9 12
4th Andorra 6 1 2 3 4 16 -12 5
5th Moldova 6 1 0 5 3 19 -16 3
6th Latvia 6 0 1 5 4 12 -8 1

やはり、vsドイツ戦 vsブルガリア戦で決まりそうですね。


【2009.8.29  W杯欧州予選 第7節】
vsGermany(Away)
5バックで挑む。
これに勝てれば、かなり楽なんですがどうなることやら。。。
そして、頼みの綱であるベルハイムが負傷離脱中。。。。
その他はベストメンバー。
試合開始から攻勢をかけるドイツ。
8分にGKがクローゼと接触しPKを与えてしまう。
しかし、これをスイス期待のニュルベルグ所属GKダコートが止める。
21分 ポドルスキのスルーパスに反応したクローゼが裏へ抜け出しこれを決め先制点を許す。
そして、22分にもFKからバラックにヘッドで決められ2点目を許す。
もう、こうなったら攻めるしかないので、4-3-3でいく。
それでも、やはりドイツペース。
後半に途中出場のフォンランテンのゴールで1点返すが、それが限界。
アウェーの地で大金星・・・・とはいかなかった。
●1-2 フォンランテン

ブルガリアがアンドラに7-1で大勝した模様・・・・(´Д⊂ モウダメポ
監督のやる気も・・・・(´Д⊂ ナイポ


【2009.9.2  W杯欧州予選 第8節】
vsAndorra(Home)
○2-0 Pデゲン1 フォーゲル1


【順位~第8節消化~】

Pos Team Pld Won Drn Lst For Ag G.D. Pts
1st Germany 8 8 0 0 27 1 +26 24
2nd Bulgaria 8 6 1 1 22 9 +13 19
3rd Switzerland 8 5 0 3 16 6 +10 15
4th Andorra 8 1 2 5 5 25 -20 5
5th Latvia 8 1 1 6 10 16 -6 4
6th Moldova 8 1 0 7 4 27 -23 3

残りあと2戦。
次節のブルガリアvsドイツはドイツが勝ってくれるはずなので、
ここから最終節のvsブルガリア戦も合わせ、
スイス2連勝、ブルガリア2連敗でぎりぎり2位→W杯出場というシナリオです・・・・。
・・・・・・自信全くない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして、再びナポリ行きの飛行機へ・・・・





2009年10月1日 3日のモルドバ戦、7日のブルガリア戦の最後の勝負に向けて、
スイス代表がモルドバの地に降り立った。
日ごろから、物静かなLa Nati達だが今日はより一層静かで、
静かなる闘志が沸々と胸の内で燃えているように見えた。
いわば、自分達の為だけではない。
いや、むしろ愛する740万人の愛する同胞の為・・・・この2戦’絶対に勝たなければいけない’ことは、
重々承知しているのであった。




【2009.10.3  W杯欧州予選 第6節】
vsMoldova(Away)
もはやW杯の望みを絶たれているモルドバに集まったのは、
わずか1000人余りのサポーター達だけであった。
試合開始前、選手に『結果は、ついてくる。楽しんでやってこい。』と、
定石通りの言葉で選手を送り出した。
試合開始後9分に、フォンランテンが相手のミスに乗じて先制すると、
12分16分と次々と得点を重ね、終わってみれば9得点の大勝。
スイス史上の最多得点記録を上回る大勝であった。

○9-1 フォンランテン2 バルネッタ1 フレイ3 キューミエント1 ドウディン1 OG1

試合後のロッカールーム。
スイス代表の面々は、この大勝に浮かれる事なく、あくまで冷静であった。
私は、心の中で確信した。『(これならいける。)』

そして、すぐさまドイツ対ブルガリア戦 2-1でドイツが勝利した事が伝えられた。
舞台は整った・・・・・。

Pos Inf Team   Pld Won Drn Lst For Ag G.D. Pts
1st Q Germany   9 9 0 0 29 2 +27 27
2nd   Bulgaria   9 6 1 2 23 11 +12 19
3rd   Switzerland   9 6 0 3 25 7 +18 18
4th   Andorra   9 1 3 5 7 27 -20 6
5th   Latvia   9 1 2 6 12 18 -6 5
6th   Moldova   9 1 0 8 5 36 -31 3

相手は、僅差でドイツに負け、こちらは大差での勝利後のゲーム。
アウェーの地であるということを差し引けば、
天は我々に味方しているように思えた。



【2009.10.7  W杯欧州予選 最終節
vsBulgaria(Away)
とうとう、この日がやってきた。
状況は以前厳しい。
この試合、直接対決で敗れているため最低条件が’勝利’である。
しかし、同時に勝利=W杯の切符といっても過言ではない。
vsBulgaria.jpg

相手の中盤から前の布陣は凄まじい。
しかし、守備ラインにはスイスの方に分があるのは明白であった。
3トップの布陣も考えたが、アウェーということも考え、4-4-2で挑むことに。

キックオフ
キックオフと同時に相手のキーマン・Mペトロフにボールが渡ると、
スイスの泣き所である右SBにドリブルで仕掛ける、
しかしこれをなんとかコーナーに逃れる。
このCKをセンデロスがヘッドでクリアするとボールは前に残っていたバルネッタへ。
これをドリブルで持ち上がりクロス!中にはフレイ!
しかしヘディングでクリアされる。そのクリアボールを拾ったフォーゲルが右足一閃!
ミドルが相手GKの手をかすめネットへ。先制!わずか52秒での先制点。
しかしわずか2分後、左サイドMペトロフの速いセンタリングがまさかの、直接ゴール。
同点に追いつかれる。
やはりMペトロフに突破される場面が目立つ為、マンマークの指示を出す。
こちらは右サイド中心の攻撃に変え、右サイドに足の速いフォンランテン、
左にポストのフレイを置く。
19分 スローインからバルネッタがMペトロフを交しPA内のフレイへ!これをフレイがワントラップからシュート!
これがファーネットに突き刺さり再び突き放す!
24分ベルバトフがセンデロスを交し1対1になるが、ダコートがこれを止め難を逃れる。
42分 ゴール前のこぼれ玉にバルネッタがつめるが相手GKの好セーブに阻まれる。
そして、前半終了。チームトーク’スリル’を選択。
センデロスをベルバトフの対面に移動。
後半はお互いチャンスを作るが決めきれない展開が続く。
迎えた86分フォーゲルのパスに抜け出したフォンランテンが、
GKとの1対1を決め突き放す!!
そして、この後4トップにし最後の望みにかけるブルガリアだが、ここでタイムアップ!!
ブルガリアに18本のシュートを許しているが、気持ちの勝利といっていいのかもしれない。
○3-1 フォーゲル1 フォンランテン1 フレイ1

大逆転劇2位でプレイオフ進出が決定。

プレイオフの相手は・・・・ルーマニア(;´Д`)

この物語は、まだまだ続くようである・・・・。
(実はもう終わりたかった。)





第二弾に続く

  1. 2007/03/22(木) 14:41:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Napoli 4年目 6月~セリエA 伊から欧州へ飛翔の時~

もう早、Napoliに就任して4年目。
怒涛のプレイ&更新でここまで来ました(;´∀`)

とうとうNapoliにもヨーロッパデビューの時が近づいてまいりました。
その為にも、選手層の強化を図らねば・・・・。
というか昨シーズンは、やたらに怪我人が多かったですしね。。。

ちなみに今シーズンのUEFA CUPは9月から参戦の模様。(メモ)



【今期の目標】
5位以内
UEFA Cup決勝T進出


正直、ここまで順調にきたナポリですが、
セリエAの4強(ユーベ、インテル、ミラン、ローマ)に割って入る事はいまのところ、
まだかなり厳しそうです。。


【移籍金発表】
昨年に引き続き・・・・・
3,3Bキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
いやー景気がいいですなぁ(・∀・)
いつも太っ腹の会長には頭が上がりません。

これでUEFACupに向け十分な戦力補強ができそうだ。




移籍シーズンも終盤を迎え、親善試合も数試合こなした、ある日。
ユベントスからMattia Cassaniカッサーニ)について問い合わせがきた。
評価額900Mの彼・・・・もちろんナポリにとっては代えの効かない重要な選手。
一応、2,5Bなら考えてもいいよ と返答。
するとユーベから2,5Bでオファーが(;´Д`)
う~ん非常に良いオファーだ(;´Д`)

もはやイタリア代表の右サイドバックとして定着しつつある彼は、
今でさえザンブロッタの後塵を拝しているが、
次のW杯にはザンブロッタではなく彼がアッズーリの右SB
と言われているほどの逸材。
つまりイタリアには彼以上の逸材はいない様子。

しかし、実は昨季の彼のパフォーマンスに満足していないのも事実あります・・・。
そこで、彼の後を任せられる様な選手を探してみる事に・・・。

いました・・・・・Micah Richards

いまマンCは、07/08のまさかの降格劇から、いまだ昇格できずにチャンピオンシップにいます。
そこで800Mで打診してみると・・・・1,25Bならいいよと・・・・・。
ちょうど半分の値段ですね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
もう決めました。
熟成も大事ですが、ナポリはもっと上を目指しています。
言語の問題なんて1年あれば、なんとかなるでしょう。
てことで、獲得に踏み切る。。。
そして、カッサーニを2,5Bで売却。
この判断が正しかったのか、否かは、いずれわかる時がくるでしょう。


09/00 シーズン 夏獲得選手
Date Person From Fee 一言
1.7.2009 Gaillard, Frédéric Lens Free ボランチの若きフランス人。
ローン放出。
1.7.2009 Mata, Juan Manuel R. Madrid Free 今期の戦力として考えてます。
昨季はGAKで26試合出場5G15A
レート7,27
1.7.2009 Nimani, Frédéric Monaco Free 昨季のレンタル→完全移籍へ
移籍した途端に評価額が200M→1,2Bへ( ゚Д゚)
1.7.2009 Monnet-Paquet, Kevin Lens Free 期待の若手FW。
とりあえずレンタル放出。
1.7.2009 Zokora, Didier Tottenham ¥675M アフリカン第二号。
こちらも格安で獲得。
5.7.2009 Edu Dracena Fenerbahçe ¥750M ポルトガル国籍所有。
念願の優秀なCB獲得。
7.7.2009 Andreasen, Leon Bremen ¥360M 能力の割りに格安。
20.8.2009 Richards, Micah Man City ¥1.25B  スリーライオンズ Pネビルの後継者
  Total   ¥3.05B  























放出額は前述のカッサーニの件もあり、3,45B。
よって残りの移籍金額・・・・3,45B残ってます(*´Д`)/ヽァ/ヽァ


08/09 ナポリ戦力紹介
-獲得選手 -レンタル  -レンタル放出中
太字:キープレイヤー
Name Position 国籍 Age 評価額 一言
Tommaso Berni(ベルニ) GK ITA 26 ¥150M

就任1年目に獲得していた選手。
第3GK

Antti Niemi(ニエミ) GK FIN 37 ¥290M 37歳・・・・もう良いおじさんです。
確か、昨年から評価額も30Mアップしてます。
Marco Storari(ストラーリ) GK ITA 31 ¥525M 今期こそはニエミから正GK奪取を目論む。
Micah Richards(リチャーズ D RC, DM ENG 21 ¥1.25B 既に英代表キャップを刻む。
新天地での更なる飛躍に期待。
Maurizio Domizzi(ドミジー) D LC ITA 29 ¥380M 個人的にかなり信頼している。
ベンチにいると安心する。
DFならどこでも安定した仕事をみせる。
Paolo Cannavaro(Pカンナバーロ) D C ITA 28 ¥600M 新加入選手の影響でレギュラーの座が危うい。
Edu Dracena(ドラチェナ D C BRA 28 ¥750M 早く伊語マスターしてDFライン率いてください。
Sotiris Kyrgiakos(キルギアコス) D C GRE 30 ¥440M 今期はセットプレーからの得点にも期待したい。
ナポリ3年目。
Leon Andreasen(アンドレアセン D C, DM DEN 26 ¥360M CBとボランチを高次元でこなす。
強烈なFKとミドルを併せ持つ。
Iván Helguera(エルゲラ) D C, DM ESP 34 ¥13M 昨季は陰の救世主的存在であった。
今期は出番あるかなぁ・・・。
Fabiano(ファビアーノ) D/WB L BRA 30 ¥150M

Fアウレリオの控え

Fábio Aurélio(Fアウレリオ) D/WB L BRA 29 ¥390M

左サイドからチャンスを演出し、
守備も、しっかりやる。FK○

Alou Diarra(ディアッラ) DM FRA 28 ¥775M 今期もナポリの心臓として期待。
Didier Zokora(ゾコラ DM CIV 28 ¥675M ディアッラとのアフリカンコンビは、
相手にとって脅威となるはず。
Senna(セナ DM, M RC ESP 33 ¥130M ヴィジャレアルよりレンタル。
まだまだ老け込むには早い。
Roberto De Zerbi(ゼルビー) AM RLC ITA 30 ¥575M ナポリの攻撃を牽引していた彼も30歳。
両サイドいけるので貴重なバックアッパー。
Camel Meriem(メリエム) AM RC FRA 29 ¥490M 2年連続レンタル。
終盤に使いそう。
年棒が安いのが○
Gabriel Obertan(オベルタン) AM R, F C FRA 20 ¥1.05B もはやナポリの攻撃を語る上では欠かせない存在に。
Juan Manuel Mata(マター AM LC ESP 21 ¥525M 即戦力候補。
タバーノとのポジション争い次第では、
レギュラーに。
Inácio Piá(ピア) AM LC, F C BRA 27 ¥1.07B 今期はカップ戦要員になりそう。
スピード○、勝負強
Frédéric Nimani(ニムアニ) AM L, F C FRA 21 ¥1.2B ズラタン並みのフィジカル。
決定力はなし。
Francesco Tavano(タバーノ AM LC, F C ITA 30 ¥625M ヴァレンシアよりレンタル。
親善試合で監督の評価を上げた。
開幕スタメン候補。
Christian Bucchi(ブッチ) ST ITA 32 ¥775M もう32歳か・・・・。
カップ戦要員。
John Carew(カリュー ST NOR 30 ¥675M リヨンよりレンタル。
ニムアニに劣らないフィジカルの持ち主。
昨Sはヘタフェで34試合20ゴールをあげた。
チェホンマン似
Emile Mpenza(ムペンザ) ST BEL 31 ¥775M 今期が使える最後の年になりそう。
スピードに衰えが・・・。
Yakubu(ヤクブ) ST NGA 26 ¥2B ナポリの大エース。
ボールを’置く’という言葉は彼の辞書にはない。
どんなに至近距離であっても全力でネットに叩き込む。







































































※新加入選手のみSS撮影。






カリュー練習中の負傷で1ヶ月離脱・・・・。

ニムアニが国際試合中の怪我で4~5ヶ月離脱ヽ(`Д´#)ノ

そして、次の日GKストラーリが練習中の怪我で2~3ヶ月の離脱ヽ(`Д´#)ノ

左サイドハーフ マターが1ヶ月離脱。

なんで、こんなに怪我多いんですかね・・・。・゚・(ノД`)・゚・。




09/00 シーズンフォーメーション
09_formation.jpg
一応、今期も軸は4-4-2。
中盤のポジション争いが、かなり熾烈です(;・∀・)
FWもムペンザとカリューがいますし。


【親善試合】
今期は順位が結構上だったので、毎年恒例だったシーズン前のコッパイタリア参加も、
シードでシーズン後から参加らしく、
親善試合は7試合こなしました。
うち2試合は控え選手用です。





結局、移籍金は、約3B残りましたが、これ以上獲る選手いないので、
冬の為に残しておくことに。

そして、いよいよセリエA開幕・・・そしてUEFA CUPも始まります。( `・∀・´)

[Napoli 4年目 6月~セリエA 伊から欧州へ飛翔の時~]の続きを読む
  1. 2007/03/21(水) 20:18:47|
  2. Napoli 4年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

Napoli 3年目 4月 5月~セリエA 閉幕~

知らぬ間にHendrikse監督のナポリでの契約も終わりに近づいてたみたいです。

【契約更新】
契約年数 2年(2011年まで)
監督年棒 60M→200M
移籍金 2,4B
給与予算 3,5B→5,4B

ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ
いやーナポリは景気が良いようです♪
これでUEFA Cup出れれば最高なんですが。
年棒2億かぁ・・・・税金でいくら持っていかれるんだろう・・・・とリアルなことを考えてみるw

それと新たに移籍金が出たので、早くも新しい選手と契約交渉できます。




vsGenoa(Away)
格下相手に絶対に負けられない試合。
右SHがいないので、この試合も4-3-3で挑む。
前線はピアニムアニムペンザの3トップ。
試合はカウンターからお互いチャンスを演出する展開。
前半31分 GKのストラーリが負傷・・・・。もちろんベンチにGKなんて入れてません・・。
この緊急事態、誰よりも熱い男ブッチが立ち上がった。
今Sはヤクブや若手の活躍と自身の低パフォーマンスによりベンチを暖める日々が続いているが、
キャプテンとして誰よりもナポリを愛し、誰よりも責任感の強い男である。
『俺に・・・俺がGKやる。』
ぶっきらぼうに言い放ったその言葉には強い信念がこめられていた。
試合はこの後、攻勢を仕掛けるナポリだが、最後まで相手ゴールをこじ開けることが出来ず、
スコアレスドローという結果に終わった。
ブッチが数回見せた、安定したセービングに救われての結果という事は言うまでもない。
△0-0

↓7位

試合中、負傷したストラーリが1ヶ月~2ヶ月の離脱Orz(ニエミ大先生がいるけど)
McCannも1~2ヶ月の離脱→レンタル終了で返還する。


vsRoma(Home)
昨シーズンの覇者Romaをホームで迎えうつ。
相変わらず中盤の守備を無視しているかのような布陣。
試合は、
12本のシュート(枠4)でナポリが試合を支配するが、またしても最後まで得点できず2試合連続スコアレスドロー。
△0-0

→7位



ただいま、セリエAは大混戦の模様を呈しています。
09April
優勝争いは上位4つでほぼ決まり。
ナポリにとって重要なのは、欧州カップ参加権です。
ここで、整理ですが、今期は早々とUEFACupとCLで既にイタリア勢が全滅。
なので、1~4位はCL 5~6位UEFACup 7位Inter-totoが与えられます。

ナポリは残り4試合。
vsTorino(A)
vsInter(H)
vsSiena(A)
vsModena(H)
最低でも2勝1分1敗でいきたいところ。
理想は3勝1分です。3勝すれば確実に欧州カップ権を得られる公算。





vsTorino(Away)
3-4-3で挑む相手に対し4-4-2で挑む。
2ヶ月ぶりくらいのムペンザとヤクブの2トップ。
相手中盤バローネに対しマークをきつく設定。
試合は前半両チーム合わせて14本のシュートを放つがお互い得点できない展開。
後半に入ると完全にナポリペース。しかし得点が奪えない。
73分 3トップに切り替えようかと思っていた矢先、
FアウレリオのFKからゴール前ムペンザが競り合ってこぼれたボールを、
メリエムが詰めて待望の先制点が生まれる!
そして、4-5-1の布陣にし、相手の4トップに対し中盤でタメを作り相手に攻撃の糸口を与えない。
残りの交代枠を丁寧に使いきり、試合終了!
○1-0 メリエム1

↑7位 サンプ、パレルモが揃って勝利し、ヴィオラが引き分けたため7位に浮上。
もし負けてたら・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



ミランの買収が完了し、ベルルスコーニから違う人に会長が替わった様子。



vsInter(Home)
やってきました。大一番。この試合に引き分け以上で目標にグッと近づきます。
相手はヴィエラが負傷で出場できない模様。
しかし、前節に宿敵ミランを3-0で完膚無きまでに下し、チーム状態は申し分ない様子。
この試合は4-3-2-1で挑むことに。
目的は相手の4-4-2に対し、中盤のカンビアッソを封じパスの出所を無くすということ。
試合は、開始からお互い決定機を数多く作る展開に。
14分 相手のオフサイドのFKから早い展開でカッサーニからヤクブにスルーパスが通り、
これを決め先制!!
チームの心臓ディアッラがタックルにより軽症マークが付くが、
もうここは強行出場してもらうしかない。。
50分 それまで抑えていたインテルの猛攻。
ディアッラがもう限界に近づいた頃、FKからゴール前の混戦を最後はズランタンに押し込まれ、
ついに同点となる。
ここで、ディアッラに代えるボランチがいない為、もう4-4-2で打ち合ってこい!ってことで4-4-2にする。
しかし、57分ヘルナンデスのOGでついに逆転弾を許す。
しかし、彼らの魂はまだ迸るほど燃えていた。
62分 相手DFラインのヘッドのこぼれ玉をムペンザが広いサイドのヤクブへ。
これを一人で持ち込みDFを抑えながらシュート!!これが名手ファンデルサルの手をかすめネットへ吸い込まれる。同点!
そして、82分オフサイド気味に受けたヤクブのボールは一度跳ね返されるが、
それを拾ったKerrが再びヤクブにパス!
これをヤクブがPA外から強烈なミドル!
GKの真正面に揺れながら飛んだこのボールは、GKが触ることができずゴールへ!!
逆転!!!!!!!
しかし、勝利の女神は時に、残酷な悪魔になる。
92分 ほぼ勝利を確信したナポリサポーターのチャントが鳴り響く中、
インテル最後のCKにGKも参加。
Pedro Leonの蹴ったボールはサムエルの頭へ。
これを強烈なヘッドでゴール左隅に叩き込む!
これをFアウレリオがヘッドでクリアを試みるが、クリアしきれずゴール。
そして、ここでタイムアップ。
△3-3 ヤクブ3

↓9位 他3チームが揃って勝利したためまさかの9位転落。

そして、Pカンナバロとディアッラが揃って3週間の離脱Orz
。・゚・(ノ∀`)・゚・。


vsSiena(Away)
10位のシエナとの対決。
4-4-2の布陣で挑む。
開始早々からナポリが5本のシュートを放ちシエナを圧倒するが、
10分キルギアコスが自陣向きのドリブルをかっさらわれ、
そのままゴールに叩き込まれまさかの先制点を許す。
その後ペースを掴みきれず前半終了。
4-2-4の布陣に切り替え、後半に挑む。
53分抜け出したヤクブに相手DFがタックルで止め一発レッド!数的優位となる。
73分相手ゴールキックからニムアニ→ピアと繋いで、ヤクブが抜け出し、
豪快に蹴りこみ、やっと同点に追いつく!
直後の79分カウンターからヤクブが受け、出すぎた相手GKを見計らい強烈なシュート!
これが決まりついに逆転!!
そして、5分の長い長いロスタイムの末、タイムアップ!
○2-1 ヤクブ

↑6位 サンプドリア、パレルモが敗れ、ヴィオラが引き分けたため一気に6位浮上。
最終節モデナ戦で全てが決まります。
5位パレルモとは勝ち点差3で得失点差もわずか’1’勝(まさ)っている為、5位の可能性もわずかにあります。




vsModena(Home)
キルギアコスの調子が・・・・どうしよう・・・。
頼れる控えもいません。
かなり怖いですが、シュモラーを代わりに起用することに。
開始早々8分、ゼルビーの左サイドからのクロスにニムアニがヘッドで合わせ早くも先制!
38分 Fアウレリオのパスに、ヤクブが裏へ抜け出し豪快に蹴りこみ追加点!!
後半はモデナペースで試合は進むがDF、GKを中心に必死のディフェンスで守り切り勝利!!

→6位 結局、パレルモはサンプドリアを下し6位のまま。
これで来期、UEFA CUP挑戦権獲得ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ


【セリエA 最終順位08/09 season】
09_may.jpg
結局、スクデットはここ数シーズン低迷していたミランの元へ。
ミラン、インテル、ローマが勝ち点72で並ぶ大激戦であったが、
直接対決の結果からミランが優勝。
ナポリの課題はやはり失点数でしょうか。
それにしても、予想外の好順位&UEFA CUP参戦にヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ


【他リーグ結果】
プレミア-アーセナル
ブンデス-ハンブルグ
リーガ-Rマドリー
リーグ1-モナコ
と波乱はありませんでした。


【チーム内得点ランキング】

Yakubu 17得点
Fredric Nimani 14得点
Christian Bucchi 5得点
Emile Mpenza 4得点
Alou Diarra 4得点

ヤクブは、まさに期待通りの活躍でした。
特に終盤戦の勢いは素晴らしかった。
救世主的な活躍を見せたニムアニも素晴らしかった。
ブッチは、やはり迫りくる歳の影響か。
ナポリにとっては功臣なので、売却などは出来ないので、
長老としてこれからも頑張ってもらうことに。
ムペンザはもっと得点取ってそうな気がしましたが、
意外に少ないですね。2度の大怪我で今シーズンは先発11試合しか出場してません。


【07/08season 選手総括】
※SSはシーズン当初のものです。

名前 ポジション 国籍 コメント
Antti Niemi(ニエミ GK FIN やはり偉大なGKであった。
数々のピンチをスーパーセーブで救った。
Marco Storariストラーリ GK ITA 少し期待外れな出来であった。来Sに期待。
Maurizio Domizzi(ドミジー D LC ITA  控えのはずが、年末辺りから怪我人のバックアッパーとして、
申し分のない活躍。いつも安定したプレーを見せた。
Paolo Cannavaro(Pカンナバロ D C ITA  いつも通り、何回か個人技で得点されたが、
32試合出場。

Sotiris Kyrgiakos(キルギアコス

D C GRE 守備の要。たまに大きなミスをする。
攻撃の起点となるパスは○
Iván Helguera(エルゲラ D C, DM ESP  まさかの17試合出場で、かなり貢献した。
ここまで使える選手とは思わなかった。
34歳衰えを知らぬ老将軍厳顔的存在。
Michel Schmoller(シュモラー D C, DM BRA  序盤の守備の崩壊の元であった。
これから、どう使うかが難しい。
しかし、最終節はキルギアコスの代役として大活躍。
Mattia Cassaniカッサーニ D/WB RL, M R ITA  怪我なくシーズン通し右SBを無難にこなした。
チーム最多の37試合出場。
Fábio Aurélio(Fアウレリオ D/WB L BRA  攻撃的SB。FK○クロス○
Alou Diarraディアッラ DM FRA まさにナポリの心臓であった。
Jorge Hernández(ヘルナンデス DM MEX  序盤を大怪我で棒に振るが、終盤は良い活躍をみせた。
Roberto De Zerbiゼルビー AM RLC ITA  30歳を前に、今Sはバックアッパーに。
しかし、まだまだ便利な選手。
Camel Meriem(メリエム AM RC FRA  終盤はオベルタンの負傷からレギュラーへ。
Gabriel Obertan(オベルタン AM R, F C FRA ゲーム中盤からはチームに欠かせない存在に。
しかし、キエーボ戦の怪我により終盤戦は出場できず。
Inácio Piá(ピア AM LC, F C BRA  チーム事情が厳しい時期に奮闘した。
Frédéric Nimani(ニムアニ AM L, F C FRA  今期最大のサプライズであった。
来Sからはナポリに加入。
Christian Bucchiブッチ ST ITA 少々期待外れであった。
Emile Mpenza(ムペンザ ST BEL  怪我が多く、11試合の出場にとどまる。
Yakubuヤクブ ST NGA  まさにナポリのエースであった。
来シーズンも頼みます。


















































----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

オフシーズンはスイス代表のW杯予選を戦わねば・・・・。
かなり面倒なんですよねw

それにしても、UEFA Cup出場権獲得できて良かった良かった。

  1. 2007/03/19(月) 14:46:33|
  2. Napoli 3年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 3年目 1月 2月 3月~セリエA 吹き込む熱風~


年に2回の楽しみ・・・・移籍市場の幕開けです(・∀・)

今年のボスマンは、有名選手との契約とはいきませんでしたが、
将来有望な選手は獲得できそう。


提携クラブ募集の張り紙を街角に出したところ、数クラブが候補に上がった。
イラクのクラブ
ベラルーシのクラブ
ホンジェラスのクラブ
スウェーデンのクラブ
クウェートのクラブ
ん~~~どれも微妙w
イラクのクラブは戦争になると、親善試合でチャリティーしないといけなさそうなんで回避(嘘
今回は、まともにスウェーデンのクラブと提携しましょうかね。


練習中にムペンザがまた負傷(ー_-;
全治2~3ヶ月ヽ(`Д´#)ノ
かなり重要な選手なのに(´Д⊂ヽ

続けてブッチも2~3週間の怪我《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

【ローン獲得】
Brian Kerr(27) DM M RC
手薄なボランチをボルトンよりレンタル。
スコットランド1キャップで、パラはエルゲラと、ほぼ同じですw
瓜二つ。

Gavin McCann(31) DM
アストンビラよりレンタル。
2006で使った事がある選手で、その時はかなりフィルター役として機能してました。
しかし、能力がかなり落ちているので、リザーブでしばし調整してもらうことに。








vsSiena(Home)
FWの厳しい台所事情から2トップにヤクブとオベルタン。
でも意外にこの二人は合いそうな気がする・・・。
試合は、終始ナポリがペースを握るが、
決定的なチャンスまでもっていけない。
結局、試合終了までこの展開が続き、スコアレスドロー。
なんだかなぁ・・・・。
△0-0



vsParma(Away)
特に試合前に書く事はなし・・・・と思って試合に入ったんですが・・・・

雪降ってる( ゚Д゚)ヒョエー

コートが雪景色( ゚Д゚)ヒョエー

ボールがオレンジ色( ゚Д゚)ヒョエー

気温-5℃( ゚Д゚)ヒョエー


こんな現象初めてですw
雪が降ってたらどういう戦いが良いんだろうか・・・。
やっぱりロングボール中心のほうがいいんですかね。
しばし、ショートパスで様子をみてみる。
バックパスに(雪のせい?)、カンナバロがトラップでかすぎて相手に拾われシュート!
なんとかストラーリが止める。
ん~あんまり影響ないっぽいです。
そうしているうちに39分、
ヤクブが左サイドをドリブルで駆け上がるとクロス!
これをニムアニがヘッドで押し込み先制!
その後もナポリが試合を支配し、3度バーを叩く惜しいシュートを放つが、
試合はこのまま終了。
○1-0 ニムアニ1

ニムアニ(;゚∀゚)=3イイ
告白します・・・・密かにボスマンで獲得しました(*´ω`*)(ノ´∀`*)

↑7位



vsAtalanta
△2-2 ピア1 ディアッラ1
完全に試合を支配するものの、坂田大輔にやられる(-_-;

→7位


新聞によると、ここ数年不調のミランの買収が囁かれている。
その話も現在、佳境に入っているとのこと。
どうなることやら、ベルルスコーニさん。


【獲得】
冬の移籍市場。ナポリが獲得した選手はこの1選手のみ。

Nationality Norway
名前 Eirik Bjørnstad
International 2 U21 caps / 0 U21 goals
Born 12.10.1989
Age 19 years old
Position M C
Preferred Foot Right Only
Height 184 cm
Weight 82 kg
Value ¥11,000,000


青田買いです。スカウト曰くディアッラ以上の逸材で安かったので獲得できました。
なんか北欧には才能ある選手が多いですね(;・∀・)
今は、あんまり強くないのでレンタルで放出。



ナポリにとっては穏やかな移籍市場でしたが、
カルチョ全体ではかなり活気に溢れていた様子。
ユーベがチェルシーより30億でボジノフを獲得。
そして、ヴィオラがフェイエノールトから42億円でde Guzmanというカナダ人を獲得( ゚Д゚)ヒョエー
よくこんなに金あるなあ(;・∀・)
と思いヴィオラを見てみると今期は合計5,9B売り飛ばしてるんですよね。。。





vsPiacenza(Away)
前半開始早々、全然ペースを掴めず、2点先取される。
夜も深く、眠気から思考が働かず、適当に後半4-2-4で放置。
すると・・・なんと52分 64分と立て続けにゴールを奪い同点に。
ここで守りに入らず4トップを維持。
すると74分にはヤクブのクロスにニムアニがあわせ逆転!
いままで2点差逆転は経験ないかも・・・・。
○3-2 OG1 ニムアニ1 ピア1

→7位

試合後、ニエミが『ハーフタイム中の監督の喝が流れを変えた。』と監督を褒める(ノ´∀`*)



vsSampdoria(Home)
個人的に因縁の対決。6位との直接対決。
キルギアコスが怪我で出場できない為、エルゲラをCBに起用し、
Kerrをボランチに据える。
ナポリが早い展開からカウンターを伺う。
22分カウンターから抜け出したヤクブがフェイントでシュートコースを作りシュート!
これはポストに嫌われるが、ニムアニが詰めて先制!
しかし、33分にエルゲラの裏をつかれボナッツォーリに同点弾を許す。
すると、すかさずニムアニのポストプレーから抜け出したヤクブが決め再び突き放す。
しかし、再びボナッツォーリに決められ同点(-_-;
ここで、ニムアニを中盤に下げ、怪我から復帰したばかりのブッチを投入。
するとブッチのポストプレーから中盤のダイレクトパスを経由し、裏へ抜け出したヤクブが、
1対1を決め三度突き放す。
84分には相手GKミスをブッチが決め試合を決定付ける。
最近は、大味な試合が多いなぁ(;・∀・)
○4-2 ニムアニ1 ヤクブ2 ブッチ1

ラインを高めに保ち、ショートパスの早めに設定してるんで、
逆にカウンターも受けやすく裏を取られやすいみたいです。
しかし、こういう打ち合いのフットボールも良いもんですね・・・・勝てればw

↑6位 一時は2位にいたサンプドリアを下し6位浮上♪6試合負けなしらしい。


vsLazio
こちらも、かなり大味な試合に^^;
2点先制するが、すぐ返される。といった展開。
もう最後の方は何がなんだかわかりませんでした(;・∀・)
●4-5 ニムアニ3 ディアッラ

それにしてもニムアニは恐ろしいです。
これでまだ20歳ですらね・・・。このハットトリックで今期のゴール数を一気に8とした。




vsJuventus(Home)
レンタルで獲得し、リザーブで調整していたMcCannを先発の底で起用してみる。
前半から積極的に攻め、たまにカウンターもくらうが、
お互い最後まで得点できずに、スコアレスドロー。
△0-0

↑5位 ’暫定で’5位。CL組などが2試合くらい少ないので実質的には7位くらいですかね。
いずれにしても、このままのチーム状態を保てれば・・・・そろそろUEFA CUPとかも・・・見えてくるんですが。。




vsMilan(Away)
目下低迷中、そして買収問題で揺れるミランとの対戦。
Kakaが負傷の為、グルキュフがトップ下を務め、それ以外はベストメンバーの模様。
こちらはピルロを潰したいので、ニムアニをトップ下に置く4-5-1の布陣。
開始早々、プラシオにサイドを突破されジラに決められる。
しかし、39分インフルエンザで休みのヤクブの代わりに先発のブッチがサイドに流れクロス、
これをニムアニがヘッドで合わせ同点に追いつく。
しかし、またまたプラシオの個人技で突破されクロス→ジラにヘッドでやられ追加点。
そして、このままタイムアップ( ´ー`)y-~~
●1-2 ニムアニ1

↓8位 一気に転落Orz


vsParelmo(Home)
△0-0
ん~勝てなくなってきた・・・。

↓9位


ここから先は比較的、弱い相手が多いんで、絶対そこを落とさずに行かないと・・・。




vsBari(Home)
昇格組ながら16位と奮闘中のBariとの対戦。
この試合、ニエミストラーリが負傷中の為GKがいない・・・・。
期待のGKもローン中なので、19歳のVillanovaを起用。
かなり、不安。。
開始からナポリが攻勢をかけ、17分にPK、55分にヤクブ、76分にニムアニが得点し、
GKのミスから1点返されるが、完勝♪
○3-1 ブッチ1(PK) ヤクブ1 ニムアニ1

↑7位 このままいけばUEFA CUPくらい出れるかも。
現在CLで残ってる伊のクラブはローマのみ。
(,,゚Д゚) ガンガレ! ナポリのためにw
(伊クラブが優勝すると参戦枠が繰り下げでくるので)

ニムアニ18試合10得点・・・・。素晴らしい。
彼のゴールの約9割はヘッドなんですがw



vsChievo(Away)
6分カッサーニ負傷・・・・
18分オベルタン負傷・・・22分代わって入ったメリエム負傷・・・・
(-_-;
(・x・)コロヌ
試合は、羽生に崩され3得点されるが、後半から4トップにし、
なんとか追いつき引き分ける。
かなりストレスのたまった試合でした。
△3-3 ヤクブ1 ニムアニ1 ブッチ1

オベルタン2~3ヶ月の重症(-_-;

認定されました。
個人的嫌いなクラブ第一位【キエーボ・ヴェローナ】

↓8位



(手抜き版結果)

vs スコア 得点者 一言 順位

Fiorentina(Home)

●0-1    オベルタンの離脱はデカすぎ・・・。
右SHが全員怪我の為、カセッティを起用。
攻撃の形、全く作れず。
→8位
Udinese(Away) ○2-1  ニムアニ1、ヤクブ  ヤクブ、ニムアニ、ピアを前線に並べ3トップで挑む。
試合は完全にウディネーゼのペースだったが、
外しまくってくれ、運良く勝利。
→8位
Catania(Home) ○1-0  ニムアニ1(PK)  こちらは試合を支配するが、なかなかゴールを割れず。
PKの判定に助けられ勝利。
暫定ながら6位浮上♪
 ↑6位




【順位表 2009年3月29日撮影】
positon_09.jpg
今期も早、残り6試合。
5位、6位がUEFA CUPで7位でInter-toto参戦権獲得です。
なんとか、UEFACUP出たいところ。
今のこの、怪我人だらけの状況をどう乗り切るかにかかってます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

なんか今回の日記は手抜きが多かったなぁ^^;
次からは、気合入れなおして作るんで、良ければまた見ていってください。

  1. 2007/03/17(土) 04:04:53|
  2. Napoli 3年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Napoli 3年目 7月~12月 ~セリエA 開幕~

セリエA開幕直前に迫ったナポリであるが、
世界各地では、この時期にW杯の予選が行われている。
いつもなら開幕に向けての最終チェックといきたいところだが、
W杯欧州予選スイスvsラトビアを指揮した監督には、そんな余裕はなかった・・・・。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
移籍市場締め切り辺りから、
強豪クラブからオベルタンへのオファーが殺到・・・・。
もちろん全部断りましたが、やっぱり将来性抜群なんだ(;・∀・)





開幕に向けて、ベストベンバーで挑みたいところでしたが、
ムペンザが怪我で離脱。ヤクブがW杯南米予選の為、いません。




vsParma(Home)
ホーム開幕戦。
なぜかいつも開幕戦はパルマのような気がw
ブッチの相方が二人ともいないので、オベルタンをFW起用。
フォーメーションはフラットの4-4-2
攻撃的に右SHの攻撃参加を’頻繁’に、
そして、両翼のドリブルも’頻繁’に設定。
試合開始から攻めるナポリ。
7分この日FWで起用されたオベルタンがゴール前でパスを受けると、
ドリブルで切り込みクロス!これをブッチが押し込み先制!!
そして、この後、相手が一人退場し試合終了。
開幕戦を白星で飾った。
○1-0 ブッチ



vsAtalanta(Away)
せっかく帰ってきたYakubuを先発に起用するが、
前半10分で負傷退場。
この後チャンスすら作れず、
相手に得点を許し敗北。
攻撃をどう組み立てるか・・・・結構問題が浮上してきました。
●0-1


怪我のヤクブ、全治1ヶ月 ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!


vsPiacenza(Home)
何を思ったか、フィオーレを4-4-1-1のトップ下で起用。
それが効果を発揮したかどうか、開始から40:60でボールを支配。
すると40分にFアウレリオのクロスに飛び込んだブッチが先制点を奪う。
しかし、その後、決定的なチャンスを作れない。
逆に77分CKから一瞬の隙をつかれ、まさかの同点弾を浴びる。
ここで4-3-2-1にシステムを変更し、
休ませていた(本当は入れるのを忘れていた)ディアッラピアを投入。
もう諦めていた90分、ディアッラが綺麗ではないが、気持ちの入ったミドルで決勝点を決める!!
あきらめていただけに、入った瞬間はガッツポーズw
○2-1 ブッチ1 ディアッラ1

終盤に使った4-3-3が一番合ってかも・・・・。




vsSampdoria(Away)
前節、使い手ごたえがあった4-3-3のフォーメションで挑む。
試合はサンプドリアがしばし試合を優勢に進める。
しかし、カウンターから決定的なチャンスを作り出しているのはナポリ。
時節、’おおぉ’というような攻撃を繰り出していた。
ナポリ監督以来最も華麗な攻撃だったかもしれない。
結局、お互い数々の決定機を迎えるがGKが踏ん張りスコアレスドロー。
ディアッラがパス45中29本成功で5キー、
インターセプト10 タックル4/4と獅子奮迅の活躍でした。
まさに我が陣営の関羽である!
△0-0


ということで、我がチームを三国志に当てはめてみた。
ブッチ=馬超 ムペンザ=張飛 ヤクブ=呂府

フィオーレ=魯粛 Pカンナバロ=祭冒 ヌザッチ=亜斗・・・・・priceless

はぁ・・・早く伏龍か鵬趨を手にいれたいものじゃ・・・・。
三顧の礼どころか五でも十でもしますよ!

最近、三国志を読み返していますw



vsLazio(Home)
こちらもチャンスは数多く作るが相手GKに阻まれる。
そして、ワンチャンスを昨季のゴールデンブーツ、ロッキに決められ敗戦Orz
早くヤクブ戻ってこい!
●0-1

↓12位


vsJuventus(Away)
前半からPカンンバロ怪我→代わって入ったドミジー怪我→エルゲラ投入。
という感じでしたが、試合はナポリペース。
しかし、ブッフォンの壁を崩せず、後半92分にFKからヘッドで失点。
もう何やっても勝てる気がしないOrz
●0-1

↓13位


そのドミジーが全治1ヶ月~2ヶ月の怪我。(;゚Д゚)


ここで再び予選の大一番vsドイツ戦とアンドラ戦の為、スイス行きの飛行機へ・・・・。



怪我で離脱してたヤクブがやっと治りました!
次節の先発は見送りますが、途中出場の予定!!

vsParelmo(Away)
開始早々、オフサイドっぽいのから抜け出され弾いたボールを、
Pカンナバロが痙攣みたいな感じで、追わずブチニッチに1対1決められ先制を許す。
こういうのたまにあるんですが、なんなのでしょうか・・・・。
ただのバグ??集中力悪いとこうなるのかな。。。
そして、またPカンナバロのミスで失点・・・・。-_-;
もうなんか、何やっても勝てないし点入らないOrz
●0-2

↓15位


3連敗。・゚・(ノД`)・゚・。


vsBari(Away)
昇格チームのBariとの対戦。
序盤からBariペース。
しかし、16分にCKからキルギアコスのヘッドで先制!
前半終わりまでBariにペースを握られ何度か決定機を迎えられるがバーに助けられる。
後半は、お互いチャンスをつくり、68分に相手のOGで追加点をあげ試合を決める。
結構、あぶない試合でしたが、とにかく勝ててよかった(;´Д`)
これで負けたら本当に辞任騒ぎだった・・・・。
相手の方が良いサッカーしてたんですけどね・・・。
○2-0 キルギアコス1 OG1

↑13位


vsChievo(Home)
●0-1
二人退場になり負け・・・・。
なんか、負け+面白くない試合で詳細を書く気が失せる。。
しかし、この試合で重要なミスを犯していたことを発見する。
詳細はこの下で。

↓14位


いままで、シュモラーをDMに使いフィルター的な役割を期待してました。
しかし、全然中盤のプレスに行かず、下がってCBの間に入るんですよね・・・。
そして、メンタリティーを上げてみたり色々設定したんですが、直らず。
しかし、ふとしたことから気づきました。

【積極性】

が原因ということに。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
* 積極性(Aggression):
意味:
タックルをどれほど激しく行うかの目安。この値が高い選手はよりタックルをするし、よりタイトにマークします。反対に、この値の低い選手は相手選手から少し距離をとりがちです。タックルに関しても控えることが多いです。
この能力が必要な選手: ストッパー。守備的なミッドフィルダーやセンターバックをストッパーとして起用するなら彼らにも必要。この能力値が低い選手は、スイーパーとして、より低い位置にポジションを取るか、単に相手選手の囲い込みに参加する程度です。
考察: 積極性の高い選手をもっているなら、彼のタックル(tackling)と判断力(decisions)をチェックしてみてください。
---------------------------------------------FMJさん(Yusukeさん著)より引用抜粋--------------------
正直、恥ずかしながら・・・・この能力は攻撃に参加する度合いかと思ってました。・゚・(ノ∀`)・゚・。
これは戦術を考えるにおいて、かなり重要ですね・・・・。
既述されていますが、この数値が9であるシュモラーをDMに使うのは少し無謀でした。
ちなみに、DMとして世界一と言われるマケレレを見てみると、
彼の積極性は16、ガットゥーゾに至っては20でした。
この能力は守備的な選手には、かなり重要な能力っぽいですね。。
やっぱり自分は、まだまだ未熟でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。

まだまだチームには課題はありますが、これは大きな発見でした。
おそらくいままで、自分が使ってきたボランチの選手は自然とこの能力が備わっていたんでしょうね・・・。




vsFirentina(Away)
その反省点を踏まえ・・・といきたいところですが、
キルギアコスディアッラが前回退場処分の為、厳しい台所事情。
久々にモンテルヴィーノなどがベンチ入り。
試合は開始からヴィオラペース。
しかし、この日初先発のニエミが好セーブ連発でチームを救う。
後半に入るとチャンスを迎える場面も増えるが相手GKも踏ん張り、
スコアレスドロー。ヴィオラ相手にAwayでドローは良しとしよう。
初先発だったニエミはやっぱり偉大です(;´Д`)
次も先発で使ってみよう。
△0-0

→14位







ファビオ・アウレリオが2~3ヶ月の離脱(;´Д`)
なんか、今期は怪我人多すぎ・・・・・。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そして、親善試合でヘルナンデスまでもが2~3ヶ月の負傷(;´∀`)
なんか、もう踏んだり蹴ったりw



Fアウレリオの代りにファビアーノがいたじゃないか!と思い出す・・・・こいつも怪我してるしヽ(`Д´#)ノ


仕方ないのでSaviniというリザーブのCBの選手を左SBで起用することに。
そして、ボランチにはエルゲラを起用。

vsUdinese(Home)
前半からSaviniの左サイドを突破され再三チャンスを作られるが、
ニエミ大先生のスーパーセーブで難を逃れる。
すると後半、68分に代わって入ったばかりのニムアニが、
FKをそのままヘッドでねじ込み先制!
この後、相手が一人退場になり勝利!
とりあえず勝てて良かった(;´Д`)
内容は伴ってませんが。
○1-0 ニムアニ

やはりニエミ大先生は偉大です。φ(`д´)
それと、ディアッラエルゲラの中盤も良く機能していました。
というか無料で拾ったエルゲラをここまで重宝するとは(;・∀・)


オベルタンが2週間の怪我で離脱・・・・。
どうして今期は怪我こんなに多いのかな(;・∀・)


冬にレンタルオファー出す選手(メモ)
オシェイ、ペロッタ、マッキャン



vsCatania(Away)
怪我したオベルタンの代わりに前節に途中出場ながらゴールをあげた、
ニムアニを起用。そして、左にドミジーを起用。
ムペンザが長い怪我から復帰し、この日ベンチ入り(・∀・)
試合は前半7分GKからこの日も中盤に入ったエルゲラがヘッドでつなぐと、
これに反応したヤクブが抜け出し、1対1を決め先制!!
しかし、21分にキルギアコスがPA内で相手に不要なタックルをしてしまい、
PKを与え、これを決められる。
そして、62分にはPA内で受けた相手選手にカンナバロが振り切られ、2点目。
この後、攻勢を仕掛けるが最後までつめれれず敗北。
●1-2 ヤクブ

う~~~~~~ん。だめですねえ・・・・。
DFがダメなのかそれ以前の問題なのか・・・・。


vsGenoa(Home)
昇格組との対戦。
相手のフィゲロア、クレスポコンビには要注意です。
試合は珍しくナポリがペースを握り、
開始早々の2分にムペンザのゴールで先制する。
そして、後半にもヤクブのゴールで追加点を挙げ久々の快勝。
この試合、パススタイルをショートパス中心にしてみたんですが、
相手が弱かったせいか、かなり機能していました。
○2-0 ムペンザ1 ヤクブ1

この試合、素晴らしかったのは初先発だったニムアニ
序盤は持ち前のスピードでチャンスをつくり、終盤にはFWの位置に入り、
きっちりポストプレーをし、チームに貢献しMOMを受賞。


この試合で負傷したPカンナバロが1~2週間の離脱。
まぢで怪我多すぎ・・・・。



vs スコア 得点者 一言
Roma(Away) ●2-3 ムペンザ 打ち合いの結果負けましたが、
手ごたえを掴んだ試合でした。
Milan(Home) ○4-0 ヤクブ2 オベルタン1 ディアッラ まさかのスコア(;・∀・)確かに運もありますが、
こちらのショートパスに完全にミランは完全に翻弄されてました。
Torino(Home) ○2-1 ムペンザ1 ニムアニ シュート21本枠中10本と完全に試合を支配していた。
もう確信しました・・・ナポリはショートパスが合っていると。


すいません手抜き工事で(;・∀・)
トリノに勝利し暫定ながら7位に浮上♪


トリノ戦でディアッラが負傷し1週間の離脱。



vsModena(Away)
シュート数もポゼッションもナポリが上回るが、
一瞬の隙をつかれ失点。降格圏内のモデナに痛い黒星を喫した。
●0-1

↓9位




vsInter(Away)
中盤が怪我続出の為、モンテルヴィーノを先発に起用^^;
彼は1年目(セリエB時代)にレギュラーだった選手です。
DFラインをあまり下げずに、ショートパスでカウンターを狙う作戦。
試合開始6分カウンターからニムアニが一人交わしヤクブにパス。
これをフリーで逆サイドに早いクロスをあげると、混戦からオベルタンが飛び込み、
まさかの先制!
そして、16分相手DFラインでのパス回しにリベリーが思わず大きなバックパス、
これをヤクブが悠々と拾い、飛び出してきたファンデルサルを交わし無人のゴールへ流し込む!
まさかの2点目!
そして、33分前がかりになるインテルを尻目にカウンターからムペンザが、
ヤクブにパス!
これを受けたヤクブがブルディッソを交わしGKの位置を見極めループ!
これが決まり3点目^^;
後半に入ってもインテルの攻撃をニエミ大先生を中心に防ぎきり、まさかの大勝!
そういえば昨シーズンも大勝したなぁ(;・∀・)
○3-0 

↑7位

試合後、各メディアから衰えを知らない、老将軍に賛辞の言葉が止むことはなかった。



これで、前半戦終了。2週間近くのお休み+ボスマンの季節( ・∀・)イイ!!


あと、レンタルもしないとなぁ。

【順位表】
08_December.jpg

これまた、失点も得点も平均的ですな。。。
前期後半戦の盛り返しは、かなり良かったです。
やはり、ニエミの踏ん張りとショートパス主体に切り替えたのが大きな要因でしょうか。
いつか、自信のあるフォーメーションができれば、UPしたいですね。

さぁ~冬の移籍市場、楽しみだなぁ((o(´∀`)o))ワクワク
(移籍金もう0だけど)



  1. 2007/03/17(土) 00:16:06|
  2. Napoli 3年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 3年目 6月~セリエA 開幕へ 傍観者からの脱却にむけて~

1年で一番楽しい季節がやってまいりました♪
おそらく移籍金もガッツリ出そう(希望的観測)なんで、
良い選手獲りたいですね。


ちなみにセリエA最優秀選手賞はウディネーゼのギャンが獲得しました。

【今期の目標】
7位以内(欧州カップ出場権)
今期は7位以内に入りたい。
でもセリエAは中堅チームが強いところ多くて大変なんですよね・・・・。




【今期の補強のポイント】
①中盤。昨季はフラミニ、Pガルシア、ドナーティーと完全移籍では絶対に来てくれないような、
良い選手が中盤に揃っていたので、それと遜色がないくらいの陣容にしないと。。。
(あわよくば、もう一度ローン狙いますがw)

②Pカンナバロより優れているCB

③一流のアタッカー

といった感じでしょうかw
やはり年々、欲が増してます(;´∀`)




ミランがブレーメンのクローゼと契約。
遂に彼もドイツから羽ばたく日が来ましたか・・・・。
怖い相手になりそうです。



提携クラブの募集を行ったところ・・・・
・デンマークのクラブ
・カタールのクラブ
・セネガルのクラブ
・ナイジェリアのクラブ
・トルコのクラブ
が候補に。
セネガルとナイジェリアのクラブと提携した場合は約200M支払わなければいけません。
そんなにメリットあるのかな・・・と思いつつも、
ハイリスク・ハイリターンを期待し、ナイジェリアのクラブを選択。
まあ、かなり地雷っぽいんですがw


【移籍金発表】
2,2B キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!
給与予算も3,4B→4,41Bに(・∀・)イイ!!

そして、スタジアムにソイルヒーターをつける事も発表。

これで、好きな選手が獲れそうです♪ありがとう会長!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本から一緒に海を渡り、
いつも愛用している親譲りの懐中時計の短い針が’12’の文字を回ろうとしていた。

ふと、騒々しい携帯の着信音が鳴っていることに気がついた。
こっちに来たばかりの頃は、このヘンテコな着信音に嫌気が差していたが、
いまでは、安心感さえ覚えるほどになった。
相手はナポリの事務であった。
『スイスサッカー協会の方から電話があり、至急連絡をとりたいそうです。』

スイスと聞いてアルプスのハイジを思い出す自分は、
まだまだ生粋の日本人だな と変にニヤケながらも、
車に乗り込んだ。
ユーロ2008がフランスの優勝で幕を閉じ、
開催国であり、優秀な若手を擁していたスイスは、優勝候補の筆頭に数えられていたが、
蓋を開けてみれば見るも哀れな予選敗退。
1勝もできずにホスト国が早々と姿を消し、
穏やかな国民性で知られるスイスのサポーター達が暴動に近い形で暴れている姿が、
何度もTVで垂れ流されていたのを思い出した。

昨年、日本サッカー協会からの打診を受けつつも、
初戦を迎えぬまま、協会とのそりが合わず辞任したという、
苦い記憶が自分の心の片隅にあった。

しかし、ある意味、
その’苦い記憶’に後押しされた形で決断に至ったと言っても過言ではないかもしれない。

ナポリクラブの事務所に着いた先で、
’スイスサッカー協会’の文字が小さく印刷された車と、
そこに佇む二人の男性を見た。
彼らは説客のつもりかもしれないが、そう話は長引かないだろうなと思った。


次の日の新聞に、『ナポリ監督、スイス代表監督のポストへ』という記事が紙面を小さく飾っていた。
そこの写真の中の、ナポリ監督の右手に握り締められた時計には’made in Swiss'という文字が煌びやかに光っている様に見えた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この前の日本代表時からの流れから、
もう1度小説風に挑戦してみました(汗
小説はあまり読まないんで自信はありませんw



移籍シーズンも中頃に差し掛かり、陣容の固まりつつあるナポリ。
残りの移籍金1,2B。
セリエB時代と変わらぬ顔ぶれの攻撃陣に少し飽き飽きしていたので、
誰か最後に目玉となるような強烈なストライカーの獲得を目指す事に。

ターゲットに絞り込んだのは二人。

降格の憂き目にあっているボロ所属のエース:Yakubu(評価額1,4B)

アルゼンチンのSan Lorenzoに所属する若きスピードスターEzequiel Lavezzi(評価額600M)

Yakubu獲れたら最高ですが、スカウトの報告によると、最低でも1,8B必要とのこと。
半ば諦めていたんですが、1B+次回の移籍時の50%オファー。

Lavezziにも1Bでオファー。

二つとも断られる・・・・・(;´Д`)

しかも、Yakubuにはエバートンも興味を示した模様。

Yakubuに再び、1,2B+分割200M24ヶ月+50%で内容変更不可の条件でオファー。

Lavezziにも1,2B+50%でオファー。


Yakubuのオファー承諾キタ――(゚∀゚)――!!
浮かれるのは、まだ早い・・・・

本人は年棒360M希望・・・・幸いギリギリ予算範囲内なので、340Mで打診。

エバートンのオファーも承諾されたみたい(;´∀`)

心配なのは、2点。
・微妙に移籍金を超えているので、理事会にキャンセルされること。
・エバートンに持っていかれること。

そこから数日は気が気ではありませんでした・・・・。
ニュースも読んでいるようで読んでないw
’Cancelled'の文字が出るんじゃないかと(((( ;゚д゚))))ガクガクブルブル

数日後・・・・・・・
ニュース欄に『』の赤いマークが・・・・・横にはYakubuの文字。

Yakubu移籍決定キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!


最後の最後で、超大物の獲得に成功(・∀・)イイ!!
正直、獲得できないんだろうなと思っていたので喜びも一押し。



08/09シーズ 夏獲得選手

Date Person From Fee 一言
30.6.2008 Domizzi, Maurizio Sampdoria ¥280M 共有保有から買取・・・・
むこうは0MでオファーしてましたOrz
30.6.2008 Maddaloni, Antonio AlbinoLeffe ¥8.5M 同じくOrz
1.7.2008 Semler, Borut München Free 若手FW。レンタルで放出
1.7.2008 Niemi, Antti R. Madrid Free いまだ最高クラスのGK。伊語できないのが難点。。。
1.7.2008 Fabiano Genoa Free 29歳DL。バックアップ要員
1.7.2008 Storari, Marco Messina Free ニエミと正GKを争うことになる
1.7.2008 Abenzoar, Loïc Lyon Free 19歳の右サイドバック
1.7.2008 Fábio Aurélio Liverpool ¥380M かなり格安で獲得
1.7.2008 Diarra, Alou Lyon ¥575M こちらも、かなり優秀な選手。リヨンの心臓’だった’選手。
リザーブで干されてました(;´Д`)
23.7.2008 Michel Schmoller Grêmio ¥650M 今期のEU圏外枠を使った選手
8.8.2008 Yakubu Middlesbrough ¥1.4B 超期待☆
15.8.2008 Helguera, Iván Free Transfer Free ボランチ要員が足りなかったので、獲得w
フリーでした。
  Total   ¥3.3B  























目標であった、②のPカンナバロより優れたDFは獲得には至りませんでしたが、
それ以外では完璧な補強だったのではないかと思います。
中盤が少し薄いですが・・・・。
ディアッラなんかは本当に安くで買えました。




セリエA優勝予想オッズが発表された。
ユーベ-インテル-ローマ-ミラン-ラツィオ-ウディネーゼときて
メディア予想では80倍の11位だそうです。
昨季より3つ順位を上げました(^ω^)

サポーター達は中位を期待してるらしい。
10位以内入れば文句はないでしょう。




キルギアコスが残り1年の契約なんですが・・・・・年棒400Mを要求(;´∀`)
そんなに出せねぇよ!!!
このままだとボスマンで放出ぽ・・・・。



08/09 ナポリ戦力紹介
-獲得選手 -レンタル  -レンタル放出中
太字:キープレイヤー
名前 ポジション 国籍 年齢 評価額 コメント
Antti Niemi(ニエミ GK FIN 36 ¥250M スオミの国が生んだ、世界屈指のGK。
言語の問題で、しばらく控えか。
Marco Storariストラーリ GK ITA 30 ¥525M 昨季のセリエB最優秀GK。正GK候補
Loïc Abenzoar D RC FRA 19 ¥450M  Riminiへレンタルで修行中。リコール可
György Garics D RL, WB/M R AUT 24 ¥370M  こちらもレンタル中。リコール可
Maurizio Domizzi(ドミジー D LC ITA 28 ¥420M  サンプドリアより共同保有→完全移籍。
ナポリ3年目。おそらくFアウレリオの控え。柔軟性○
Paolo Cannavaro(Pカンナバロ D C ITA 27 ¥575M  ここまで長く使うとは思っていなかったw
個人技で振り切られる場面があるが、
今期もナポリの守備は彼の双肩にかかっている。

Sotiris Kyrgiakos(キルギアコス

D C GRE 29 ¥360M  昨季から加入し、レギュラーへ。
フィジカル○鈍足
Iván Helguera(エルゲラ D C, DM ESP 33 ¥16M  9年在籍したRマドリーを解雇され、ナポリに拾われた。
今期はボランチのバックアッパー。
守備技術衰えず○
Michel Schmoller(シュモラー D C, DM BRA 18 ¥650M  これからどういう成長を見せるか楽しみな逸材。
中盤で起用予定。U-21ブラジル代表。
Mattia Cassaniカッサーニ D/WB RL, M R ITA 25 ¥900M  彼の加入が昨季のナポリDFを救った。
救世主からナポリの顔へ。クロス○守備○
Fabiano(ファビアーノ D/WB L BRA 29 ¥290M

 アウレリオの控え。
特徴なし。

Fábio Aurélio(Fアウレリオ D/WB L BRA 28 ¥390M  攻撃的SB。FK○クロス○
Marco Cassetti D/WB/M R ITA 31 ¥11M  31歳いぶし銀
Alou Diarraディアッラ DM FRA 27 ¥600M  中盤のDFを一手に引き受け、
攻撃時には最前線まで顔を出す。
まさにナポリの心臓になりそうな選手。マケレレ2世。
Jorge Hernández(ヘルナンデス DM MEX 20 ¥600M  バルサの新星。ナポリの薄い中盤のお陰でレギュラー候補。
フィジカル○
Junior DM BEL 26 ¥300M  昨季に獲得した選手。今期もレンタルで放出。リコール可
Davide Carrus AM RC ITA 29 ¥500M  おそらく出番なし。買い手も見つからず;;
Roberto De Zerbiゼルビー AM RLC ITA 29 ¥675M  昨季はドリブル突破とパスでチャンスを演出。
FK○ ドリブル○ ナポリ3シーズン目
Stefano Fiore(フィオーレ AM RLC ITA 33 ¥220M  今期はどこまで彼を起用できるか正直不安。
テクニック系はまだまだ衰えず。
Camel Meriem(メリエム AM RC FRA 28 ¥525M  モナコよりレンタル。
控え。
Gabriel Obertan(オベルタン AM R, F C FRA 19 ¥550M  前評判通りスクスクと成長中。
全体的に○
Inácio Piá(ピア AM LC, F C BRA 26 ¥1B  スピードスター。
昨季は終盤にドリブルから貴重な得点を演出。
Frédéric Nimani(ニムアニ AM L, F C FRA 20 ¥650M  モナコよりレンタル。フィジカル○ FW起用も。
Ianis Zicu(ジクー AM/F C ROM 24 ¥600M  インテルよりレンタル。FWの控え。
Christian Bucchiブッチ ST ITA 31 ¥1.22B  2年連続チーム得点王。
今期も二桁得点を期待。ポストプレイヤー。
Emile Mpenza(ムペンザ ST BEL 30 ¥800M  今期も持ち前の運動神経でゴールをこじ開け、演出する。
突破○
Yakubuヤクブ ST NGA 25 ¥1.4B  今期補強の大目玉。ナポリの新エース襲名か。







































































今回はFMに元々付いている’プリントスクリーン’を活用してみたんですが、
結構見やすくて良いですね、これ(・∀・)イイ!!

名前だけ見ても、ナポリがビッククラブになりつつあるのを実感できます。



【放出】
Emanuele Calaio 360M →マルセイユ

Vyacheslav Malafeev (マラエフ) (レンタル)+200M →CSKAモスクワ

Julián Speroni(スペローニ)(レンタル)+200M →ボカ・ジュニアーズ

とレンタルで合計400Mの収入が(;^ω^)
ふっかけてみたら意外に承諾してくれました。
レンタル+お金で貸し出しは意外に良い方法かもしれません。

08/09 シーズンフォーメーション
08formation.jpg

普通に4-4-2ですw
アウェイ時には昨年の4-5-1を使うつもりです。
中盤の設定が、まだ不確かですが、
DFラインは昨年とほぼ同様。
試合をみつつ少しイジっていきましょうかね・・・・。
ちなみにフィオーレは・・・・もう・・・・構想に入ってませんw




【親善試合】
コンディション調整の意味で2戦。

vsRealMadrid
●0-1 微妙でした。ロビーニョの個人技にやられっぱなし。

【コッパ・イタリア】
vs スコア 一言
Vitebese(Away) 1回戦 ○4-0 Yakubuが公式戦初戦で初ゴール
ムペンザ全治2ヶ月の重症。
Sampdoria(Away) 2回戦 ●3-3(PK4-5) 良いフットボールだったが、
ボナッツォーリ一人にやれれる



セリエA開幕へ・・・・・



-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
いやーしかし、やっぱりSS獲ってリンク貼って・・・大変です(;´∀`)
この作業だけで1時間以上かかるんですよね。。。
でも序々に慣れたり、もっと便利な方法見つけて時間は、はじめに比べ短縮していってるんですが。

あと、スイス代表の日記も平行して作っていかないといけないですね。




  1. 2007/03/15(木) 02:23:26|
  2. Napoli 3年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Napoli 2年目 3月 4月 5月~セリエA 閉幕へ~

昨日、久々にリアル草サッカーの練習に参加。
今日は、人生で一番ひどい筋肉痛に(;´∀`)
やっぱり、いきなり動いたらだめですね。
足の裏まで筋肉痛。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------



vsUdinese(Away)
ここが正念場。
ギャン、ムンタリの他にも10億円プレイヤーをずらりと揃えるウディネーゼ。
豪華な攻撃陣を抑えきれるか・・・・。
開始から一方的に攻められ相手藤原・・・ではなく陣内にすら入れない状態が続く。
34分に相手のミドルを一度弾くが押し込まれ先制を許す。
前半は、シュート0本で終わりカウンターのカの字すらなかった。
ハーフタイムに、
『前半よりもっと良いパフォーマンスを期待している。』とあまり使わないトークを選択。
後半に入り、少しづつカウンターからチャンスが生まれだすと、
57分右サイドを駆け上がったSBのカッサーニのグラウンダーのクロスを、
ムペンザがボレーで押し込み2本目のシュートが同点弾に結びつく。
そして、この後両者チャンスを生み出せずドロー。
試合展開を考えると、勝ちに等しい試合であった。
△1-1 ムペンザ1

→10位


vsAtalanta(Home)
絶対に勝っておきたい試合。
試合はホームながらもなかなか試合を支配できずに前半終了。
試合中にフィオーレのドリブルをレアに設定してみる。
この大事な一戦・・・・後半、試合が動きました。
カッサーニがバックラインでPカンナバロに向かいスローイン。
邪魔する者だれもいません。
敵のプレスもありません。
そのなんの変哲もないスローインをPカンナバロがトラップミス
丁度後ろで自陣に帰ろうとしていた、
ザンパーニャがボールが転がってきた事に驚きながらも1対1を決め先制される。
味方をも欺く、パオロのプレーで先制を許す。
この後、なかなかチャンスを作れずこのまま試合終了。
いやー・・・・・初心者にとってはスローインのボールをトラップって難しいんですよね・・・・・
(;´Д`)


痛すぎる敗戦でした。。
●0-1

試合後、そのプレイについて尋ねられたPカンナバロは、こう答えた。

『急にボールがきたので・・・・』

『右インサイドでトラップすればよかった・・・・』


yanagi


→10位


vsChievo(Away)
前半終了間際に相手選手が退場で、
数的有利になるも相手を崩しきれずスコアレスドロー。
やっぱりヨーロッパ圏内は夢のまた夢でした。-y( ´Д`)。oO○
△0-0


vsEmpoli(Home)
開始からナポリペースで試合は進み、
前半35分にキルギアコスのロングパスに走りこんだムペンザが決め先制。
そして、この後も支配しつづけタイムアップ。
この試合、フィオーレが46本中42本パスを通し、
うち2本がキーでした。
レートこそ7でしたが、彼にとってのベストゲームだったかも。
○1-0 キルギアコス

前回書いたフィオーレ用のフォメに、
フィオーレのドリブルをレアにし、チーム全体、
特に中盤のパス意識をショートにし、中盤の選手一人の攻撃意識を上げた結果かもしれません。
フィオーレはドリブルが16でフィジカルも弱くないので、
ドリブルはイジってなかったのですが、
やはり玉離れを早くしたほうが彼の良さが出るようです。
むしろ、ゲームケーカーは玉離れを早くしたほうがいいのかもしれません。

↑12位



vsParelmo(Away)
Away用の戦術で挑む。
開始から圧倒的にボールを支配され、カウンターからチャンスを作れない状況が続く。
26分に左サイドを教科書通りの突破から先制点を許す。
前に出るしかなくなったナポリは、中盤の5人中3人の攻撃意識をMAXに。
すると37分に左サイドを突破したピアのクロスに中盤から飛び出した、
ドナーティーが走りこみながらヘッドで決める!!
これぞ2列目からの飛び出しってやつです。
しかし、51分に遅攻から上手く崩され勝ち越し弾を許す。
しかし、またまた70分にPKを獲得し同点に追いつく!
73分ピアのドリブル突破からのクロスにゼルビーがヘッドで押し込み逆転!!
しかし、終了間際、三度追いつかれドロー。
Awayでの引き分けなので、結果としては良かったです。
戦術的にも得るものが多い試合でした。
△3-3 ゼルビー2(PK1) ドナーティー

↓13位



正GKスペローニが1ヶ月の負傷離脱Orz


vsJuventus(Home)
何かと相性の良いユーベとの対戦。
ホームながら、かなり攻め込まれるがなんとか凌ぎ後半へ。
後半開始早々、相手選手のキエッリーニ2枚目のイエローで退場。
するとナポリがペースを掴み始める。
しかし、60分にFKからトレゼゲがカンナバロをターンで振り切り先制点をあげる。
65分にCKから同点にしたものの、最後までブッフォンの牙城を崩せずドロー。
△1-1 キルギアコス1

↑10位


vsFiorentina(Away)
両チームカウンターからチャンスを作るが、両GKの奮闘により試合は終盤へ。
80分オフサイドの誤審により、トニにゴールを許し、
このままタイムアップ。
●0-1

試合後『あれは明らかにオフサイドだ。あれがゲームを壊した。』と日ごろメディアには対応しないHendrikse監督が答えた。

↓12位

ゼルビー1ヶ月の離脱Orz


伊FAから通達があり、前のオフサイドに関する声明を受け、
次節のローマ戦、監督はベンチに入れないとのこと・・・・。
こんな機能が(;´Д`)
2007からの新機能・・・かなりリアルになってますねw



vsRoma(Away)
試合は観戦できるが、チームトークすら出せません。
今日は黙ってアシマネに任せるしかなさそう。
前半終了間際に点取られるとCOMがよくやる3バックに移行(;´Д`)
それのおかがかどうかわかりませんが、
後半は攻められっぱなしで2点奪われ、結局惨敗。
やっぱアシマネはダメだ。
●0-3

→12位


vsInter(Home)
チーム状態も悪く、あまり期待していなかったインテル戦。
しかし、開始からカウンターでチャンスを演出。
35分にはピアがゴール前ドリブルで二人を交わし冷静に押し込んで先制。
ポテンシャルは高い選手なんですけどね。
そして、後半にはいっても終始インテルが支配するが、
チャンスの数はナポリが上回る。
61分にはFKから繋いでオリベイラのクロスのブッチがゴール前フリーで合わせ、
追加点を奪う!!
この後も、アドリアーノが打ち上げ花火連発で、終了。
思わぬところで3ポイントを勝ち取った。
○2-0 ブッチ1 ピア1

↑11位



vsSampdoria(Home)
開始からフィオーレを中心に攻めるが、
相手GKの好守に阻まれ得点できない。
後半に入ってからはお互いチャンスを作れずにいたが、
84分にカウンターからサイドに流れたムペンザのクロスに、
フリーでピアがヘッドで合わせ均衡を破る。
そして、このままタイムアップ!
内容はあまり伴なわなかったが、2連勝!
○1-0 ピア

↑10位 残り2試合(^ω^)




【順位表~残り2試合~】
07 may

優勝争いも5位のラツィオまでが可能といったことろでしょうか。
それにしても、ミランの低迷ぶりは、リアルでもありえそうですね(;・∀・)
わがナポリも最高で8位まで順位を上げる事ができそうです。
8位まで上がると場合によっては欧州カップの挑戦権も見えてくる。




vsSiena(Away)
△0-0
最後までゴールを割れず・・・・。

↓11位 トリノが勝ったらしいOrz


vsPiacenza(Home)
○1-0 ブッチ1
ホームで今期最後の試合を白星で飾る。



【セリエA 最終順位07/08 season】
0708zyuni
結局、最終節にトリノが勝ち順位はそのまま。
そして、優勝はローマ。かなり混戦模様ですが、
ミランもぎりぎりUEFA圏内には入ったようです。
ナポリの失点数と得点数を見てみると・・・・どちらもかなり平均的ですね(;・∀・)
ちょうど平均値って感じです。
シーズン前に目標に掲げていた10位以内はなりませんでしたが、
個人的には満足のいくシーズンでした。
やはり前半戦に守備陣の陣容が決まらず手間取っていたのが原因か。
来期は、さらにパワーアップしてヨーロッパ圏内目指します。


【他リーグ結果】
プレミアはマンU
フランスはモナコ
ブンデスはシャルケ
スペインはバルサが
それぞれ優勝した模様。

プレミアではマンC、ボロが降格決定し、
ヤクブ、バートンなどの主力放出は避けられない模様。
ヤクブ欲しいなぁ(´∀`)きてくれないだろうけどw

【チーム内得点ランキング】

Christian Bucchi 12得点
Emile Mpenza 9得点
Ruben Olivera 5得点
Roberto De Zerbi 4得点
Sotiris Kyrgiakos 3得点

やはりブッチが最多得点だが、
昨季と比べると相手のレベルが上がっているとはいえ、
1対1でも外す場面が多かった。
しかし、たまに一人でこじ開けゴールというのもあった。
ムペンザは昨季に比べると、信頼できる選手になりつつある。
相手が強いので、サイドに流れボールを受けることができる彼は貴重な存在。
ブッチを超えるようなストライカーが欲しいのが本音。
ルカレッリとか・・・・・。(´∀`)



【07/08season 選手総括】
※SSはシーズン当初のものです。

ポジション 名前 コメント
GK Vyacheslav Malafeev (マラエフ 終盤戦にスペローニの負傷により回ってきたチャンスを活かしきれず。
しかし、次節見せる反応は素晴らしかった。
  Julián Speroni(スペローニ シーズン中盤から再び正GKに。終盤は安定していた。
  Gennaro Iezzo(イエゾー シーズン当初はまさかの正GKでがんばっていた。
DR Glen Johnsonジョンソン 序盤のDFライン崩壊の戦犯の一人に。冬にレンタル終了
D,M R Marco Cassettiカセッティ Johnsonの後の右SBを途中まで務めた。やはり守備に難あり。
D/WB RL,MR Mattia Cassani(カッサーニ 冬の移籍で900Mで加入。彼が入ってからはナポリDFが急に安定した感がる。
ナポリの右SBは5年は安泰か。
D LC Maurizio Domizzi(ドミジー シーズン通し、怪我なく左SB、時にはCBをこなした。地味だが貴重な存在。
D LC Raúl Bravoブラボー 結局、最後までレギュラーの座を掴めず。8試合の出場にとどまる。
DC Paolo Cannavaroパオロ 相手FWに個人技で振り切られる場面も目立ったが、40試合出場は立派。
DC Sotiris Kyrgiakosキルギアコス)  シーズン中盤からフィットしだした。CKからの攻撃参加は圧巻。
DM, M RC Francesco Montervino(モンテルヴィーノ 出場の機会を得られず。
DM Mathieu Flaminiフラミニ まさにナポリのバランサーであった。来期もレンタルしたいなぁ・・・。
DM  Pablo Garcíaガルシア 中盤以降は中盤の底で安定した、守備を見せた。
 DM, M RC Massimo Donatiドナーティー こちらも中盤戦以降にその存在感が増した。
ミドルも良い攻撃のアクセントになっていた。
AM RC Davide Carrusカルス 結局、レギュラー奪取ならず。放出候補。
AM RLC Roberto De Zerbiゼルビー 昨季同様、攻撃の軸であった。
AM RLC Stefano Fioreフィオーレ 監督を悩ませ、監督を成長させた選手。1年の契約を更新。
AMR Rubén Oliveraオリベイラ 序盤のゴールラッシュは圧巻であった。
来期からは敵になりそう。
AM R、FC Gabriel Obertan(オベルタン 冬に加入。途中出場などが多かったが、まだまだ通用するレベルではない。
あくまで将来性に期待。来期のレンタル放出も視野に。
AM RL Sharbel Toumaトウマ 結局、出場数0
AM L Mario Regueiroレゲイロ こちらも出れなかった。冬にレンタル終了。
AM LC, F C Inácio Piá(ピア 序盤は出番がまわってこなかったが、終盤戦は持ち前のスピードで、
多大なる貢献をした。
ST

Christian Bucchiブッチ

それでもエースであった。
ST Emile Mpenza(ムペンザ 貢献度は大きい。決定力もマシになってきた。

ST

Roberto Sosa (ソサ 出番は少なかった。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

長い長いセリエAの挑戦1年目終了。
やはり06より難しい(汗
今期は戦術の勉強がよくできました。

来シーズンにむけて、早速親善試合組まねば・・・・。

会長移籍金どれだけ出してくれるかなぁ(;´∀`)

  1. 2007/03/12(月) 23:53:59|
  2. Napoli 2年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 2年目 1月 2月~セリエA 混沌~

ボスマンの季節がやってまいりました。
昨年はフィオーレという大物を獲得したので、
今年もそれくらいの選手を獲りたいと思ってたんですが・・・・。
アシマネにフィルターかけてもらうと・・・・評価額300Mくらいの選手ばっかり。
やっぱり、まだまだナポリも中堅クラブってことですかね。


そして、1月1日に会長からのお達しで、
移籍金がさらに1,1B追加されるとのこと。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
これで楽しい移籍期間が過ごせそうだぁ(^ω^)
ナポリは元からファンが多いのと、スタジアムでかいんで、
ビッククラブに(再び?)肩を並べる日もそう遠くなさそうですね。
もちろんFMの世界でも・・・・。


vsSampdoria ●0-1
vsFiorentina △0-0
vsSiena ●0-2
vsPiacenza ○4-2


試合詳細書いてたんですが、消してしまったので省略^^;
それでもチーム状態は泥沼・・・カオスです(;´Д`)




【獲得】
Gabriel Obertan(オベルタン)(18歳) 
AM R、FC
才能の宝庫はフランスのボルドーより420Mで獲得。
一番信頼できるスカウトが彼を絶賛していたので獲得に至った。
本人曰く、『ミランのグルキュフより俺のほうが優れいてる』とのこと。
将来のナポリを背負って立つ人材になってくれい。
獲得後、早速アーセナルが興味を示す・・・・。
oberiatan









リアルで、しばしFMする時間がなかったのでナポリの戦術について考える暇がありました。
色々考えたり、FMJさんのサイトで勉強したり、すろうさんに戦術アドバイスをいただいたり・・・
としていくつか気づかされた 気づいた点がありました。
①いままでのナポリは結局は、’’に頼っていたという部分が否めないこと

②カウンターや両サイドアタックなど明確なコンセプトに基づいていないこと

③サイドバックの攻撃参加によるカウンターをあまりにも恐れていたこと

④Awayでの守備的戦術が生半可極まりなかったということ

でしょうか。
要は自分が、どれだけ未熟な監督かということを発見できました。Orz


次節のAwayでのParma戦。
反省を活かせきれるかわかりませんが、
カウンター主体の戦術を作ってみたいと思います。


4-5-1



とりあえず、Awayのパルマ戦に向けカウンター主体の戦術を作成。
どこまで機能するかわかりませんが、
試合をみつつ修正する予定。



vsParma(Away)
最近、動きがキレキレなムペンザをワントップに据える上記の戦術。
試合開始早々にカウンターからのロングボールが相手GKの頭を越え、
それをムペンザが無人のゴールに押し込み先制!
7分にムペンザが再びカウンターから相手のクリアミス&GKの出過ぎで無人のゴールにミドルを放ち追加点!
しかし、後半55分にFKからモルフェオに押し込まれ1点差。
この後、ひやひやの展開が続くがなんとか凌ぎきり勝利!
ラッキーなゴールが続いた感も否めませんが、とりあえず3ポイントゲット。
○2-1 ムペンザ2

→14位



【提携】
Samurai Blue キタ━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!

ナポリは日本のSakai FC(セレッソ大阪)と提携したことを発表。
アジアとの繋がりは日本代表就任(即辞任)と北京のチームと親善試合をしたくらいなので、
やはりある程度の知名度があればランダムで登場するのかもしれません。
これでジャパンマネー ゲ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッツ!!!!





アウェイ用のカウンター戦術も、まあまあ機能していたということで、
お次は半ば諦めかけていたフィオーレ用の戦術を次節ホームのカターニャ戦に向け作成。
fiore.part2

FMJさんの戦術解説やすろうさんの意見を参考に作成。
フィオーレを中盤の低い位置まで下がらせ攻撃に参加させる。
そして、隣に守備力の優れたガルシアを起用し、
右SBのカセッティにはより攻撃的に。
左ウイングのゼルビーにはドリブルで仕掛けるように指示。


vsCatania(Home)
序盤から微妙な展開が続くが、
34分にカセッティのアーリークロスにムペンザが抜け出してフリーでGKを交わしシュート。先制!
そして、試合はこの後動かず勝利。
チーム初のセリエA3連勝!
○1-0 ムペンザ

戦術はボチボチといったところでしょうか。
フィオーレは30本中23本パス成功なので、彼にとってはやりやすかったのかもしれません。
しかし、彼よりもこの戦術ではゼルビーのドリブル突破が目立ちました。
データによると6回ドリブル突破しているとのこと。
先制点の起点となったカセッティも攻撃面では良いですね。

↑12位



【獲得】
移籍市場の締め切り直前にナポリ史上最高額の移籍がまとまる。
Mattia Cassani(カッサーニ) D/WB RL,MR
900Mでパレルモより移籍。
そのユーティリティさからパレルモでも重宝されていたサイドバック。
いまナポリのウィークポイントである右SBを彼がストロングポイントに変えてくれるはずである。
また、イタリア人ということも心強い。
少々、値段は張ったが将来性も込みでこの値段。
cassani



【今冬にまとまった移籍】

日付 名前 移籍元 移籍金 コメント
2.1.2008 Obertan, Gabriel Bordeaux ¥420M 自称アンリ2世
2.1.2008 Pinsoglio, Carlo Juventus ¥24M

将来性のあるGK。レンタル放出。

18.1.2008 Fabiano Fluminense ¥140M イタリア国籍を有すブラジル人。こちらも将来性を見込んでの獲得。レンタル放出
29.1.2008 Cassani, Mattia Palermo ¥900M 目玉補強。













18歳が3人と24歳が1人。
5年後には彼らがナポリを背負って立っていてくれる事を期待・・・・。
って5年もナポリやってるかな(;´∀`)
今期の移籍は夏も合わせ合計2B使いました・・・・。
会長ありがとうw
ちなみに放出は7M(・∀・)
2007は全然選手売れませんね・・・・。
みなさんはどうやって選手売ってるのでしょうか・・・。


今冬はローマがPフェレイラを2,42Bでミランがフェリペ(ウディネーゼ)を2,66Bでと、
活発な動きが多かったようです。



vsTorino(Away)
前半はムペンザが決定機を外しまくりスコアレス。
後半開始とともに投入したブッチが62分にDFを背負いながら、
反転して抜いてシュート!久々に見たブッチのキレキレゴールで先制!
そして83分には前がかりになった相手の裏をついてブッチが追加点をあげる。
終了間際に2枚目のイエローでパオロカンナバロが退場となるが、
なんなく守りきって勝利。
4連勝♪♪♪
○2-0 ブッチ

ブッチやっぱりエースです・・・。素晴らしい。
新加入で初先発のカッサーニ君は18本のインターセプトを見せるなど、
早くもDFラインの中心として、フィットしている模様♪

↑12位 こうなったらできるだけ上狙いたいですね。

やっぱり最近の調子の良さは戦術の改善が良かったと言わざるを得ません。
特にアウェー戦術の4-5-1はかなり良い感じです。


vsLazio(Home)
○2-0
首位のラツィオ相手に守り、
セットプレーから2ゴール奪い勝利。

vsMilan(Away)
サンシーロでの試合。
終盤まで耐えたが、カウンターからPlacioに決められ敗北。
●0-1

↓13位


vsLivorno(Home)
試合は序盤からなかなか攻めきれずにいたが、
後半64分にピアが倒されPKゲット!
これをブッチが決め幸運にも先制。
この後、終了間際に代わって入ったムペンザがカウンターから素晴らしいボレーを突き刺し追加点をあげ勝利!
○2-0 ブッチ1 ムペンザ1

↑10位 Inter-totoの資格が得られる7位まで、勝ち点差3。
今のチーム状態なら欧州への切符も夢ではない!


今年の6月で契約が切れる予定であった、ムペンザと2年の契約更新。
年棒160M→250Mとかなり粘って下げようとしたが、
結局折れずに、こっちが折れた感じでした。


vsCagliari
序盤から攻めまくるも、点が奪えず、
逆に試合終了1分前に決勝ゴールを奪われまさかの敗戦Orz
●0-1

↓12位


【順位 08年2月28日】
08 february
残り12節。
おそらく、もう降格の心配をする必要はない。
調子自体は上向きなので、ひとつでも順位を上げ、
あわよくばヨーロッパ圏内に入りたいなぁ・・・・。

  1. 2007/03/12(月) 16:57:22|
  2. Napoli 2年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

三国志BattleField

私用により、明日までFMできないんで、
ここで私のオススメ・・・・というか間は空くものの、
5年間やってるオンラインゲームをご紹介。

『三国志BattleField』
公式HP:http://www.gamecity.ne.jp/3bf/

2002年に発売したこのゲーム。
当時は結構注目度も高く、ユーザーも多かったんですが・・・・・。
難しい&おそらくみんなが期待していたようなゲームではない ということで、
日に日にユーザー数も減り、
今では10人くらいで毎夜12時から2時間くらいチビチビやってます。

このゲームの特徴は、『高い戦略性』と『手軽に楽しめる(1ゲームが約20分』といったところでしょうか。
ゲームの詳しい内容は公式HPに任せるとして、
2002年からやってるだけあり、
現ユーザーのプレイレベルが高すぎ(オンラインRPGのようなLvの概念はありません)
初心者がゲームに参加しにくいので過疎化現象が起こっています。
敷居の高さはFMといい勝負しますw
初心者でも勘の良い方なら、1ヶ月もあれば現ユーザーと遜色なく一緒にプレイできるので、
もし興味を持った方は一度試しにログインしてみてはいかがでしょう。
体験版もあるので(正規版と内容は、ほぼ全く一緒)、
高いお金払ってソフト買って・・・・等の手間もなく良いですよ。
FMだけで少し退屈を覚えてるあなた、気分転換にどうでしょう?

体験版DL:http://www.gamecity.ne.jp/net/3bf_dl.htm
  ↓
市民登録:http://www.gamecity.ne.jp/regist_c/
  ↓
体験版アカウント取得:http://www.gamecity.ne.jp/net/trial.htm

  1. 2007/03/11(日) 21:12:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

Napoli 2年目 9月 10月 11月 12月~セリエA開幕~

プログのデザインを試験的に変更。
前のデザインは、かなり好きだったんですが、
横幅が狭いので、表等を使う際に少し使いにくかったんで。。
結局悩んだ末、デザインより’読みやすさ’をと選択。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
vsParma(Home)
セリエA開幕戦。ホームでパルマを迎え撃つ。
Pカンナバロにとっては古巣との対決。
怪我人続出のためカルスをボランチに据える。
獲得したばかりにキルギアコスマラエフはベンチスタート。
試合開始から、完全にゲームを支配。
フラミニが中盤でボールを奪えば、
カルスがボールを散らし両サイドを中心にチャンスを作る。
もちろん攻撃的な両サイドバックの働きも見逃せない。
32分左サイドからゼルビーが逆サイドに大きな展開を見せる。
タッチラインぎりぎりで拾ったオリベイラが中にマイナスのクロスを放り込むと、
フィオーレが落ち着いて押し込み先制!
そして、後半開始すぐFK後カルスが倒されPK!
疑惑の判定らしいですが、ホームの特権でしょうw
しかし、この後FKの競り合いからGKのスペローニが、
相手DFのヘッドに競り負け無人のゴールに叩き込まれ失点。
なんとかこれを守りきり勝利。
ホームの大観衆に勝利の美酒をプレゼントした。
○2-1

フラミニ素晴らしいなぁ(´∀`)


vsCatania(Away)
前半は互角の展開。
後半、相手CKから弾いたボールを拾われ、
PA内の味方に繋げられ失点。
そして、すぐに相手FKを直接決められ突き放される。
ブッチが終了間際に入れるが時既に遅し。
早くも、今期初黒星を喫した。
●1-2

vsTorino(Home)
大黒様はリザーブで干されてますが、
よく目を凝らすと中盤にNakamura・・・・・・憲剛が!
390Mでフロンターレから移籍したようです。
そして、この試合はマラエフキルギアコスを先発で試してみる。
試合は開始から互角の展開が続くが、
前半終了間際にブッチが左サイドでキープしてクロス!これが相手DFに当たり、
走りこんでいたオリベイラがシュート!これを決め先制。
後半開始直後、相手のアーリークロスからカンナバロが振り切られヘッドを許し同点に。
その直後、ブッチがPA内で倒され(疑惑の判定)PKを得これを決めて、再び突き放す。
すると61分には、フィオーレが相手を倒し、PK献上。
しかし、これを止め、胸を撫で下ろす。
守備的に4-1-2-2-1にし、中盤の守備力を高める為、
フィオーレ等を外し、ガルシアドナーティー投入。
すると70分にブッチのクロスにレゲイロが左足であわせ追加点をあげる。
そして、このままタイムアップ。
○3-1 オリベイラ1 レゲイロ1 ブッチ1

これで2勝1敗。カルスのパス精度が悪く18本中9本しか通っていない。
中盤でこの割合だと攻撃も組み立てる事ができない。
やはりドナーティー君の方が優秀ですね。

↑4位


次節のラツィオ戦を迎えて、ライバルとの対決になりますがと記者に聞かれたんですが、
ナポリってなぜかライバルがかなり多いんですよね。
過去に色々あったんでしょうか・・・・。
napoli onfo




vsLazio(Away)
お・・・今気づきましたがナカミューラがボスマンでラツィオ入りしたようですね。
昨季のセルティックでは24試合5G12Aの7.96という驚異の数字を残してます(;・∀・)
試合は守備的に入るナポリを尻目にラツィオが試合を支配し、
18分にナカミューラのプレイから最後はロッキにゴールを奪われる。
27分にはRブラボー、39分にはブッチが負傷交代。
前線でタメを作れる選手を失ったナポリは、チャンスをなかなか作れず、
この後も追加点を奪われ、敗戦。
●0-2
ナカミューラをもう少し早い時間から警戒しておけばよかった。。。

↓8位

Rブラボーが1ヶ月~2ヶ月の負傷離脱(-_-;



vsMilan(Home)
来ました。優勝候補との対戦。
布陣を従来の4-4-2に戻して挑む。
開始早々8分Bocaから2,85Bもの大金でミランに移籍してきた、
PlacioにPカンナバロが完全に1対1で抜かれ先制点を許す。
しかし、ホームのナポリは負けじと、
ゼルビーの長いピンポイントパスに逆サイドから走りこんできたオリベイラが点で合わせるボレーで、
同点とする。
しかし、20分相手CKからジラルディーノにヘッドを許し再び突き放される。
またまた44分ムペンザのクロスが相手DFに当たりオリベイラの足元へ!これを豪快にネットに突き刺し再び同点とする。
この後、ナポリは数回決定機を迎えるがこれを決めれず試合終了。
強豪相手に良い試合でした。なんとか連敗は避けた。
△2-2 オリベイラ

↓9位


【親善試合】
vsBeijing Tiankong(Home)
次の試合まで20日あるので、北京のチームを招いて控え選手の調整試合。
△1-1



vsLivorno(Away)
●1-2 オリベイラ
試合を完全に支配するものの、
CKからヘッドとマークミスからヘッドで敗戦。




【チーム見直し】
07formati
基本的なフォーメションは前回で書いたこんな感じです。
なぜ見直すかというとフィオーレが機能していない。
やはりトップ下だとプレッシャーがきつく前になかなか向けないので、
彼のストロングポイントであるパスを有効に出せてないんですよね。
考えられる策としては、
・ハーフの位置まで下げ4-1-2-2-1と3トップ型にする。
・サイドに張らせ、ナカミューラのような感じでゲームをコントロールしてもらう。
左サイドで一度後者をやってみたのですが、
あんまり上手くいかなかったんです。
現在、6試合で4得点を挙げているオリベイラはもっぱら逆サイドからのクロスに、
フリーで走りこんできて、ドカンという感じなので、
彼の得点能力をわざわざ消す必要もないなと思ってます。
一度前者の方で作ってみましょうかね。
(内心は4-4-2のブッチムペンザの2トップが一番良い気がするんですが、
それだとフィオーレ使えないんで・・・・・)




4-3-3_fiore.jpg

スローインやCKの設定もイジってみました。
これでFioreが活躍できるはず。
また、オリベイラのパス成功率が低いのでその辺も修正。



vsUdinese(Home)
試合開始直後、カウンターからゼルビーのクロスは弾かれますが、
それを拾ったドナーティーがPA内のブッチにパスし、ブッチがこれを決め先制。
そして、この後押し込まれる展開が続くが、
64分にオリベイラのパスカットから再び、ブッチが決め追加点。
この後、かなり攻められるがスペローニのスーパーセーブ連発で凌ぎきり勝利。
やっぱ、GKはスペローニしかいない(*´Д`)
○2-0 ブッチ1

↑12位

新しいフォメは・・・う~ん押し込まれてたのでなんともいえませんが、
フィオーレはパス41本中26本成功で2本がキーと微妙・・・・。
比べちゃ悪いですが、ピルロは前回対戦時に、
ハードマーキングしているにも関わらず39本中30本でしたから。
でもフィオーレの方が彼より前線でパスを受けるケースが多いんで、
なんともいえないところですが・・・。
まだまだ改善の余地ありそうです。


アリディエール使わなそうなんで、アーセナルに返還。


vsAtalanta(Away)
4-4-2で挑む。
試合を通し17本とシュートを放ち試合を支配するが、
ゴールを決めれず、相手の枠内シュート1本を決められ敗戦。
アウェイで勝てない・・・。
●0-1

↓14位 やはりセリエAは甘くないですね・・・・・。




vsCagliari(Away)
4-2-3-1で右サイドにフィオーレを据える布陣で挑む。
試合開始から次々と点を奪われ気づけば前半で3失点。
気づいてしまいました・・・・・。
いえ、実は気づいていたんです・・・・・・・・。

Glen Johnsonジョンソン


が穴ということに・・・・。次節見せる軽いプレー。
しかも積極的に上がるので裏をつかれる。
言語の問題を理由にはできません。
●2-4

↓14位

しばし、カセッティを起用してみます。



【コッパ・イタリア 1回戦1stLeg】
vsRoma(Away)
序盤から攻められるが、フィオーレの直接FKとムペンザのゴールで、
なんとか次節のホームでの試合に望みを繋げた。
●2-3 フィオーレ ムペンザ



vsEmpoli(Away)
開始直後からアウェイながら攻めまくるが、
前半に相手FKを前に出すぎ、ポストに当たってそれを押し込まれ初のシュートで先制される。
後半も攻めまくるが、なかなか得点を奪えず、
終了直前にブッチが1点返すがそれが精一杯。
60対40でボールを支配するが、点に結びつかず。
失点の原因になったスペローニですが、
予測力が低いせいか、相手FKの際によく間違えて飛び出して、
頭を超えて決められるってのがよくあるんですよね・・・・。
△1-1 ブッチ

↑13位


vsParelmo(Home)
そろそろ勝っておかないとヤバイ感じになってきました。
幸い相手は強敵ですが、中盤のメンバーを少し落としてきているみたいです。
ワントップのアマウリを警戒しながら試合に入る。
この試合も序盤からボールを支配し、38分にカルスが移籍後初ゴールで先制点をあげるが、
50分にまたもやFKから得点を許しドロー。
スペローニ・・・・・反応は良いんですが、FKから得点入れられすぎ。
結局16本シュートを放ちますが1点しかとれず。。。
△1-1 カルス


【コッパイタリア 2ndLeg】
vsRoma(Home)
●0-2
結局、PK2本を献上し、敗退決定。
内容は互角以上なんですが、やはり’個’の差なんでしょうか・・・・。



vsJuventus(Away)
なにかと相性の良いユーベとの対戦。
今期のコッパイタリアでも勝利してますし、
このチームはとりあえずパロを潰せばいいということを知ってます。
試合はお互い一進一退の攻防が続くが決め手に欠く展開。
試合が動いたのは76分。
この日たびたびサイドに流れチャンスメイクしていたムペンザが、
左サイドからクロス!このボールを名手ブッフォンの手前でブッチが捕らえ先制!
しかし、80分にサラジェタのゴールで追いつかれ同点で試合終了。
またまた引き分けかぁ(;´Д`)

→13位 メディアの予想通りの順位ですね(;・∀・)



vsRoma(Home)
強豪相手が続く・・・・。
開始からローマに主導権を握られ、
裏へ抜け出される場面が目立つ為、ラインを下げる。
すると22分フラミニのパスカットからゼルビーにパスが通り一人交わしてシュート!
これは防がれるが、こぼれ玉をオリベイラがごっつあんで押し込み先制。
この後再三決定機を迎えられるが、なんとか凌ぎ、
42分にカセッティのクロスが相手OGを誘い追加点!
そして、後半はローマの攻撃を寄せ付けず、
2位のローマを破り久々の勝利!
○2-0 オリベイラ1 OG

→13位 Aだと相手GKがいいのか、なかなかブッチが得点できませんね(;・∀・)
1対1もいいところ蹴ってるのですが止められます。
まあ相手の1対1もあまり入ってないですしね。



vsInter(Away)
来ました・・・・イタリアのタイガース(ぇ
残念ながらマテラッツィ兄さんはベンチでミット打ちしてますが、
他はほぼフルメンバーです。
開始早々3本のシュートを放ち、おっ・・・・と思ったのもつかの間、
13分にインテルのファーストシュートをアドリアーノのヘッドで決められ先制される。
26分にも見ていて惚れ惚れするようなパス回しから、追加点を奪われる・・・Orz
この後も追加点を奪われ敗戦。
●0-3


vsChievo(Home)
△1-1 ムペンザ
圧倒的に攻めるがワンチャンスを活かされ同点(;´Д`)
ブッチが1週間の怪我。

↑13位 これで一応年明けまでお休み。


全然使わないのに、年棒110M払ってるので、
レゲイロをバレンシアに返却。






【順位表~07/08シーズン12月31日】
07decem
やはりセリエAは甘くはなかった・・・。
前半戦はやはり守備ラインが安定しませんでした。
GKもコロコロ変えてますし・・・。
あまり良い流れではありませんが後半戦の巻き返しに期待!
ボスマンも楽しみ♪
それと数名の選手が合流予定。
でも即戦力じゃないんだよなぁ・・・・。



【日本代表監督辞任】
あれほど前回盛り上げておいてなんなんですが・・・・・
メンバー選んでたんですよ・・・・フレンドリーマッチに向けて・・・・・
そしてら・・・・なんか、日本の選手がほとんど海外のチームに所属してて・・・・
凄いレート叩き出してて・・・・なんか、これを率いてもかなり簡単なんじゃないかって・・・・
てことで辞任しましたm(_ _)m


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【ヌザッチ観察日記~黄昏~】
<観察日記>
ヌザッチは最近、私に不満があるようだ。
リザーブのコーチ曰く、’俺を使え’としきりに言っているらしい。
なので、先日リザーブに視察も含め練習を見てきた。
そこで私はある種の衝撃を受けた。
彼は1対1の場面になると必ずルーレットで抜こうとするのである。
マルセイ・・・・いや、ナポリルーレットになるのであろうか。
しかも、毎回失敗してボールを奪われるのである。
良いように言うと彼のひらめきに体が追いついていないのである・・・・。
良いように言うと・・・・・である。
そして、その事をリザーブコーチにたずねてみると、
彼の口から驚愕の事実が明かされた。
『ああ、彼ねえ。いつも練習終わるとウイイレで3Dスティック回して練習してるらししよ・・・・・・・・・ルーレット。』
開いた口がふさがらないとはこの事なんだなと思った。

能力~08年1月1日~
nzatti2

  1. 2007/03/06(火) 04:17:54|
  2. Napoli 2年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Napoli 2年目 6月7月8月~セリエAに向け準備~

長いシーズンを戦い終えた戦士達は一旦、骨休めの為に休暇へそれぞれ出発した。

しかし、ここがセリエAで生き残っていく為に一番大事な作業といっても過言ではありません。

今期の移籍金が発表されました・・・・。
156M
  ・
  ・
  ・
  ・
1ケタ間違ってない?

実は内心、毎月100M近くの黒字出してるんで、500M~1Bくらい出るかなと思ってたんですが・・・・そんなに甘くはなかった。
これじゃ誰も獲れないよヽ(`Д´#)ノ
レンタルで凌ぐしかなさそうですね。

【補強ポイント】
レンタルで全ポジション良い選手借りる・・・いや獲る。
特にDFラインは深刻。


パルマの監督が解任され、後任にミハイロビッチが就任。


ちなみに、レッジーナ、アスコリ、メッシーナがBに降格。

TV放映権料で2,1Bを受け取る。( ゚Д゚)ヒョエー

そして、理事会が『今期、降格争いに果敢に挑む』ことを期待していると発表。

最新のリッチなクラブランキングが発表され、ナポリはなんと55位に( ゚Д゚)
もっと移籍金だせるだろ(;^ω^)


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【打診】
移籍シーズンも中頃を迎え、陣容の固まりつつあるナポリ。
先日行われたAsiaCupの決勝戦韓国vsオーストラリアの一戦の録画ビデオを見ていた、ナポリを指揮する若手監督に一本の電話があった。
まだイタリアに来て2年目。まだまだ慣れないイタリア語で応対する。
すると電話口から聞き慣れた音、リズムが飛び込んできた。
『はじめまして。日本サッカー協会ですけれども』
一瞬、耳を疑った。しかし、それと同時に相手の意図を把握するのには時間はかからなかった。
アジアカップ3位という成績を受け、日本サッカー協会はオシム監督更迭という苦情の決断を下し、イタリアの地に飛び立ったばかりの監督に託そうとしたのである。
’協会も馬鹿な事をしたなぁ’と面識はないながらも、慕っていた師に思いを馳せつつ、内心は認められたという自負で複雑ながらも喜んでいた。
ロッカールームにある戦術ボード。
いつも行き詰ると、日本代表の自分なりの考えをそこにリンクさせ、何度、自分の駒のように操ろうとしたことか・・・・ふと、そんな事が頭によぎった。
色々と電話口で話している、久しぶりの日本語が心地よかった、しかし、頭に入ってこなかった。
心は決まっていたのだ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


かなり悩んだ末、就任を決断。ナポリに集中したい気持ちもありますが、
せっかくJパッチあててるのでやります。
そして、日本代表の初戦は年末の11月に親善試合が2つ。
これはこれで日本代表用にページ作ります。


セリエA優勝オッズが発表された。
ミラン-インテル-ローマ-ウディネーゼ-パレルモ-ラツィオと続き、
ナポリは200倍で14位という予想。
頑張れば残留できるでしょうという予想らしい。


選手売却の話ですが、’重要な選手’の役割を当てている選手を他クラブにオファーしてみると興味を示されませんでしたが、’このクラブには不要’にしてから再度オファーするとオファーが結構来ました。

知らぬ間に、南アメリカを含め全大陸をスカウティングできるようになってました。
提携とかいう前にあんまり関係ないんですかね??
スカウティングできるようになれば、後はスカウトを送って知識を増やすのみ。


8月21日 フランクフルト所属のギリシャ代表キルギアコス選手と契約が合意にいたる。パワフルなDFで、移籍金がないうちには助かる値段だった。

8月22日 残り40Mしか移籍金がなかった為、延期してもらう。カライオの移籍(放出)がまとまりそうなので、1週間後にはお金入ってるだろう。

8月26日 カライオが移籍を拒否。お金のあてがなくなる。

8月27日 このままではキルギアコスの移籍がおじゃんに。このままのDF陣じゃかなりきつい。だめもとで理事会にかけあってみることに。

H 「できればもう少し移籍金だして欲しいんですが??キルギアコスの分だけでいいんで・・・・。」

会長 「ほおほお わかったわかった。後で追加しておこう。」

H「(よかった。これでなんとかなりそう)」

8月28日 移籍金予算を確認してみる。
      ・
      ・
      ・
      ・
1,12B
やっぱり隠し持ってたのか(ノД`)

もう欲しい選手はみんな持っていかれたよぉ!(#゚Д゚)


【07/08 ナポリ戦力紹介】
-獲得選手 -レンタル -キープレイヤー(太字)

ポジション 名前 コメント 評価額(¥)
GK Vyacheslav Malafeev (マラエフ スペローニと正GKの座を争う。言語面の問題でまだ使いづらい 300M
  Julián Speroni(スペローニ 昨季の正GK。開幕では正GKの予定。 260M
  Gennaro Iezzo(イエゾー 第3GK。能力の割りに○ 100M
DR Glen Johnsonジョンソン アブちゃん太っ腹!言語以外はパーフェクト。密かに完全移籍狙ってます。 490M
D,M R Marco Cassettiカセッティ なぜかかなり格安で獲得できた選手。30歳だがまだまだ使える。 11M
D LC Maurizio Domizzi(ドミジー 左と中央で使えるかなり便利屋。安定○ 460M
D LC Raúl Bravoブラボー Rマドリーより。知名度ではNo.1かも。スピード○攻撃的SB 500M
DC Paolo Cannavaroパオロ 今期もナポリディフェンスを束ねる。徐々に頼れる存在に成長 500M
DC Sotiris Kyrgiakosキルギアコス)  市場閉鎖ギリギリで獲得。レギュラー奪取なるか。激フィジカル。パルテノン神殿 120M
DM, M RC Francesco Montervino(モンテルヴィーノ 昨季の功労者。今期は分厚い壁に阻まれそう。良質ミドル完備 450M
DM Mathieu Flaminiフラミニ ナポリの心臓になりそうな選手。ベンゲルさんアリガトウ。 775M
DM  Pablo Garcíaガルシア こちらもマドリーより。かなり好きなタイプの選手。サッカー脳あり。 650M
 DM, M RC Massimo Donatiドナーティー ミランより。やや攻撃型ボランチ。組み立て○ 800M
AM RC Davide Carrusカルス Bariの至宝。レギュラー奪取を目指す。パスセンス 400M
AM RLC Roberto De Zerbiゼルビー よそ者には負けません。FK職人。 775M
AM RLC Stefano Fioreフィオーレ 今期の補強の目玉。新たなナポリの顔に。32歳スタミナ× 450M
AMR Rubén Oliveraオリベイラ ユーベより。まさにサイドアタッカー。クロス○ 925M
AM RL Sharbel Toumaトウマ 移籍リスト。活躍次第では除外も。 370M
AM L Mario Regueiroレゲイロ スーパーサブの予定。スピード◎ 700M
AM LC, F C Inácio Piá(ピア ナポリのスピードスター。トップ起用も可 950M
ST Jérémie Aliadièreアリディエール 出番ないかも。スーパーサブ。スピード○ 460M
ST

Christian Bucchiブッチ

昨季は30得点をマーク。セリエB得点王。ナポリの首領。 1.15B
ST Emile Mpenza(ムペンザ 驚異の身体能力で前線をかき回す。決定力× チャンスメイク○ 575M

ST

Roberto Sosa (ソサ タワーFW。決定力○、勝負強。遅い 110M


かなり節操なく、レンタルで獲得してしまいました(汗
こんなに来てくれるとは。ウィークポイントだった中盤が完全にストロングポイントに(;^ω^)
そのお陰で、かなり財政圧迫してますw

【07/08獲得選手】

Date Person From Fee  
1.7.2007 Touma, Sharbel(トウマ FC Twente Free  
1.7.2007 Fiore, Stefano(フィオーレ Valencia Free  
1.7.2007 Berni, Tommaso Ternana Free レンタル放出
1.7.2007 Imhof, Daniel Bochum Free  
1.7.2007 Carrus, Davide(カルス Bari Free  
5.7.2007 Cassetti, Marco(カセッティ Lecce ¥5.5M  
5.7.2007 Cassetti, Marco Roma ¥5.5M  
9.7.2007 Junior Standard ¥77.5M レンタル放出
24.7.2007 Szkatula, Marcin Rosenborg ¥12M レンタル放出
29.8.2007 Kyrgiakos, Sotiris(キルギアコス)  Frankfurt ¥120M  
31.8.2007 Malafeev, Vyacheslav(マラエフ Zenit Peterburg ¥300M  
  Total   ¥525M  






【07/08シーズンフォーメーション】
07formati
親善試合等を通し、いきついたのがこのフォーメーション。
見ていてかなり楽しいフットボールをします。
やはりフラミニとPガルシアの2ボランチは強力です。
不安はDFラインの言語の問題。

【親善試合】

vs スコア 一言
Acireale(Away) ○4-0 アシマネに任せた
Barcelona(Home) ○4-1 まさかの勝利(lll゚Д゚)+入場料約100M
ManUtd(Home) ●1-2 入場料約75M
5月頃から以来してたら結構、了承してくれるみたいです(・∀・)
財政も助かります。
バルサは普通にフルメンバーだったんですが、勝っちゃいました(;・∀・)
こういう運はもっと後に取っておいて欲しいんですが・・・。


【コッパ・イタリア】
vs スコア 一言
Spal(Away) 1回戦 ○1-0 苦戦
Piacenza(Away) 2回戦 ○2-0 4-2-3-1が機能し、満足の勝利。
Juventus(Home) 3回戦 ○2-1 宿敵に勝利。序盤はかなり押し込んだ。

4回戦の相手はローマ。
次はシーズン中にH&A方式でやるみたいですね。

手ごたえとしては、セリエAでも十分通用するんじゃないでしょうか。
かなり期待できます。

ある解説者が言った。『補強の仕方といい、ヴィオラに似てるなぁ』

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

理事会に移籍金のやつ言ってみるもんですね(;・∀・)
はじめから出して欲しかったのはやまやまですが、
冬に良い選手獲れるかな。
今期のセリエA目標は10位以内。あわよくば欧州行きのチケットを。

  1. 2007/03/05(月) 00:42:07|
  2. Napoli 2年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 1年目 2月 3月 4月 5月~セリエB 閉幕~

【EU圏について】
前回のプレイ日記で困っていたEU圏の国についてですが、
暁 空也さんのご教授により判明しました。
EU加盟国が対象らしいです。

・EU加盟国
ベルギー - オランダ - ルクセンブルク - フランス - イタリア - ドイツ - イギリス - アイルランド - デンマーク - ギリシャ - スペイン - ポルトガル - オーストリア - フィンランド - スウェーデン - ポーランド - ハンガリー - チェコ - スロバキア - スロベニア - エストニア - ラトビア - リトアニア - キプロス - マルタ - ルーマニア - ブルガリア

ルーマニアとブルガリアは07年1月1日よりの加盟なので、おそらくFM2007では反映されてないと思います。

EU加盟国について詳しくはコチラ



vsCesena(Home)
左サイドのピアが負傷により欠場。代わりにナンシーよりレンタル中の19歳Diaを起用。
試合はホームの声援を背に攻めるが、なかなかペースをつかめない。
しかし、28分相手ゴールキックを奪いブッチからムペンザに素晴らしいパスが通り、相手GKが出すぎたところ、ムペンザが交わし無人のゴールを流し込み幸先よく先制。
この後、結局スコアは動かずウノゼロの勝利。
相手にシュート1本打たせてません。
○1-0 ムペンザ

→3位 上位陣は揃って勝利し、4位のMantovaが敗れた為、4位との勝ち点差は12に。

この試合でムペンザが2~4週間の怪我で離脱ヽ(`Д´#)ノ
なんか怪我人が増えてきたー(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)

ソサと契約2年の延長。年棒150M→90Mでサイン。

vsBologna(Away)
ムペンザの代わりにカライオを先発で起用。
そのムペンザの不在が響いてか、開始からボローニャにペースを握られ、
カウンターからもチャンスを作れない。
相手の3-4-3という布陣に対応しきれていないようである。
前半途中に、2トップをサイドに開くように指示を出しサイドハーフの選手にも攻撃的な指示を出す。プレスも全体的にきつく変更。
これにより前線が開いてボールが収まるようになり、サイドハーフがそれを追い越して攻撃の形ができた。そして、28分にカライオのクロスにゼルビーがDFと競り合いながら流し込み、悪い流れの中先制点を奪う。
45分にもカライオのPA内からのクロスにブッチが足で押し込み追加点。
54分にもまたまたカライオのクロスにブッチが押し込み試合を決定付けた。
序盤は苦しい展開だったが、こういう試合に勝てるのは非常に大きい。
○3-0 ゼルビー1 ブッチ2

ブッチセリエB26試合21ゴール。恐ろしいくらいの決定力(;・∀・)
しかも彼は、攻撃の組み立てもしますからねぇ。いやいや・・・恐ろしい。
神様仏様ブッチ様という言葉がナポリの街では有名らしいです(ぇ

↑2位 ユーベの試合がなかったため暫定で浮上。どうせユーベも勝つので、すぐ下がります。


vsTriestina(H)
○3-0 ソサ1 モンテルヴィーノ1 ピア1

vsVicenza(A)
●0-1 相手のFK一発に沈む。

試合内容は書いていたのですが、消えてしまったので割愛w

→2位 ユーベが1試合未消化で首位に浮上。

vsModena(Away)
前回はいいところなしで敗戦したので、今回は久々に試合前の記者のコメントに応え、士気を高める。
試合は、ホイッスル後の1分ピアがサイドを突破しクロス、それを相手DFがクリアミス。これにソサが詰め先制!早い時間で点を奪う。
すると18分ゼルビーが右サイドで粘ってクロスをあげ、それをブッチが角度のないところから合わせ、ゴール!追加点を奪う。
そして、この後ピアのミドルでさらに得点を重ね、快勝。内容的には3点差の試合ではなかったが、ストライカーとGKの差がでた。
ただ、70分から復帰後の初の実戦だったムペンザが5分後に赤マークの負傷(;><)

○3-0 ピア1 ブッチ1 ソサ1

幸い、ムペンザの怪我は大事に至らず((´∀`))


vsArezzo(Home)
最下位のチームとの対戦。
開始から圧倒的に支配するが、ゴールを割れず。
後半に入っても相手の必死のファール&守りによりなかなかゴールが割れない。
70分よりそれまでのショートパス主体の攻めよりロングボール主体にし4-4-2より4-2-2-2に変更する。
すると右AMFで投入した怪我明けムペンザが粘ってブッチがヘッドで押し込み89分に待望の先制点。
90分にもイムホフが追加点をいれ、なんとか勝ち点3を手にした。
○2-0 ブッチ1 イムホフ1

→2位   3位と4位が19P差に・・・・。ほぼ自動昇格決定的((´∀`))


vsPiacenza(Away)
おそらく後半戦の大一番になるであろう試合。
現在3位のピアチェンツァとの対戦。
アウェイながら数字はこっちのほうに分があるようです。
試合はやはり3位のチームだけあって一進一退の攻防。
カウンターから復帰したてのムペンザが2度決定機を迎えるが決めれず。
そして、前半終了。終了間際にマンマークしていた相手のFW怪我。
これで怖い選手が一人減った。。。。
後半、右サイドのピアが負傷退場。ムペンザを右サイドに据え、ソサ投入。
69分相手FKを弾いたボールを相手がミドル!これがナポリDFに当たり丁度相手FWの足元に転がり先制を許す。
3-4-3の布陣にし、同点を狙うが決定機をことごとく外し痛い痛い敗戦。
●0-1

そして負傷のピアが2~4週間の離脱Orz

↓3位 直接対決に破れ3位に。

ピア負傷は痛いなぁ。。。ムペンザを右サイドで使うしかなさそう。


vsFrosione(Home)
最下位のチームとの対戦。前節の影響で士気が下がっているので、快勝してあげておきたい。
ムペンザを右サイドに配置し、カライオとブッチの2トップ。
開始早々、ムペンザのヘッドで先制!そこから完全に試合を支配し、
52分にゼルビーのPK、72分には遂にカライオが今期初得点を挙げ勝利。
良い景気づけになりました。
○3-0 ムペンザ1 カライオ1 ゼルビー1

↑2位 ピアチェンツァが敗れた為、再び2位浮上。

ムペンザの右サイドやっぱり良い(´∀`)これでゼルビーも利き足側の左で起用できるし。


vsBari(Away)
●0-1

vsMontova(Home)
○4-0 ソサ1 ブッチ1 ゼルビ1

→2位

普通にいけば昇格できそうな感じなので、冷やし・・・ではなく’手抜き工事はじめました


残り7試合。
あと10P弱とれば決まりそう(^ω^)

vsLecce(Away)
試合開始からライバルとの試合らしく白熱した戦いになる。
しかし、両者決め手を欠き、後半へ。
53分カウンターから一瞬のすきをつきブッチが相手GKが出すぎているのを見逃さず、
浮き気味のミドルを放つ!これが慌てて戻るGKの手をかすめ先制!
結局、これを守りきり勝利♪
○1-0 ブッチ1

→2位


【契約更新】
契約期間 07年6月30日→09年6月30日(2年延長)
年棒 60M→60M
賃金予算 1,9B→2,35B
移籍予算 30M→110M



【順位 07年3月31日】
07 march
残りユーベ戦を含む6節。
直接対決で勝てば優勝も見えてくるが・・・・。



vsBrecia(Home)
おそらくセリエB上では最も激しいであろうライバル・ブレシアとの対戦。
地図で確認したところブレシアは北イタリアでナポリは南なので、
地理的には遠いんですが、どんな因縁があるのでしょうか・・・・。
試合は引いて守るブレシアに開始早々の2分にPA付近で背にDFを背負いパスを受けたムペンザが反転し、シュート!これが決まり幸先よく先制する。
そして、この後スコアは動かず試合終了。
○1-0 ムペンザ1

DFのクリスがイエローカードの規定枚数に達し次節出場停止。

→2位

セリエA昇格に向け人材発掘の為にドイツ人スカウトを他チームから年棒2,2Mで引き抜き。



vsJuventus(Away)
来ました首位攻防戦。
こんな時に限ってクリスがサスペンション(*´Д`)
仕方ないのでマルドナドを今期初先発で起用。
戦術は前回と同じくパロを徹底的に潰し、厳しいマークとタックルはハード。
プレッシングもMAXです。
序盤からユーベペースだが上手い事ファールでとめている。
耐える時間が続き34分、カウンターからドーンとクリアしたボールに左サイドライン際でムペンザが追いつき中にクロス!これはDFに当たり弾かれるが丁度、ピアの足元へ。
これを丁寧にゴール前のブッチに送りブッチがドフリーで受ける。これをハーフボレーで名手ブッフォンの股を抜くシュート!まさかの先制!
2分後の36分、ゴールキックからピアが受けサイドに流れるブッチにパスを送り、ブッチがコバチを振り切り中へクロス!ムペンザがブームソンの一歩先にでこれを足元で受けシュート!これがまたもや決まりまさかまさかまさかの追加点。ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ
そういえば、相手はトレゼゲがお休みの様子。
そして、ハーフタイム。チームトークはスリル。
57分中盤でつながれネドベトにミドルで1点差に追いつかれる。
中盤のソングがイエローを貰ってる事からチェックが甘い。しかし、控えには良い選手がいない。
ここで変えるべきか・・・・・変えよう。。
75分同点弾を狙い前掛かりになる相手に対し、カウンターからDFのカンナバロからのボールをブッチが相手DFの間で受けそのままシュート!前にですぎていた名手ブッフォンの手をかすめ突き放す3点目!!!!!!!!
そしてこのままタイムアップ!
みんな素晴らしかった!ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ
MOMはGKのスペローニみんなにあげたいくらいですけどね。
○3-1 ブッチ2 ムペンザ1

やっぱりうちのFW陣は素晴らしいですね。こんな強豪相手でもキープしてカウンターからは3人でゴール陥れますし。セリエAでも十分やっていけそう。
そして、クリスの代役だったマルドナドも素晴らしかった。次節も先発してもらいます。

試合後、サラジェタ曰くデシャンがドレッシングルームでかなりお怒りだったようです。くわばらくわばら。Ω\ζ°)

→2位 直接対決を制し、勝ち点差1に!優勝・・・・・・あるよ!


vsPescara(Home)
○2-0 ブッチ2
格下相手にホームで磐石の勝利。

→2位 ユーベも勝ちました。


vsGenoa(Away)
試合は完全にGenoaに押し込まれる展開。
しかし、ピアのミドルで先制。
後半にフェゲロアのCKからのヘッドで追いつかれ、そこから反撃に出るが、
シュートはバーに嫌われ引き分けに終わる。
△1-1 ピア

→2位

ここで・・・・・昇格決定ヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ

残り2節を残しての昇格決定です。
インタビューに答える会長も思わぬ快進撃の末の昇格に頬を緩ませっぱなしだった。来期の移籍金ガッツリ頼みまっせぇーщ(゚Д゚щ)

残り2節を残して首位ユーベとの勝ち点差はわずかに1。
全力で残り2試合戦うしかないでしょう。


vsTreviso
既に降格を決めているトレヴィゾとの試合。
前半に2得点を奪い、勝負を決めた。
○2-0 ムペンザ1 ゼルビー

→2位 ユーベも揃って勝利。結末は最終節に。


ポルトガルの伝説的DFのフェルナンドコウトが自由契約で放出されてましたが、
セリエAではさすがに通用しそうにない&コーチにならないみたいなので、獲得を見送りました。

<最終節に向け優勝の条件>
・ユーベが負ける&ナポリが勝つ

・ユーベが引き分ける&ナポリが勝つ

つまりナポリは絶対勝ってユーベが負けるか引き分けで優勝。
ユーベの相手はホームでBari。可能性はなきにしもあらずといった感じでしょうか。

vsSpezia(Away)
いよいよ迎えた最終節。
気になるユーベはホームにBariを迎えての一戦。
なんと開始早々2分に相手FKから先制を許す。。。
しかし、35分カウンターから教科書通りのサイドからのクロスにフリーでゼルビーが合わせ同点とする。
ここで前半終了。
気になる他会場のスコアが表示される・・・・・・Juventus2-1Bari
うーむまだ可能性はある。
後半開始
51分相手オフサイドトラップを突破したムペンザが1対1でシュート!これは弾かれるがブッチがつめて逆転!!
58分相手DFのバックパスをGKがトンネルしOG( ゚Д゚)
敵さえも欺くプレイで試合を決定付けてもらいました。
他会場・・・・ユーベが追加点入れ3-1に・・・・2位決定ぽOrz
ということで普段出ていない選手を投入。
ここで試合終了

○3-1 ブッチ1 OG1 ゼルビー1

→2位 結局ユーベは勝ち、2位でフィニッシュ。ピアチェンツァが同じくAに昇格決めたみたいです。

【セリエB 06/07season 順位】
07 final posion
正直ここまでユベントスに肉薄できるとは思いませんでした(;・∀・)
うちのDFの質は良いとは思いませんが、ユーベDFと失点数が1しか変わりません。
パオロ君やスペローニ君のがんばりなしには語れなかったのかもしれません。

【セリエBゴールランキング】
goal ranking 07


【他リーグ結果】
フランスはリヨン
Aはインテル
リーガはバルサ
プレミアはマンU
ブンデスは・・・・・・マインツ!?!?!?!
なぜかマインツが優勝してます。
選手の能力も軒並み低いのになぁ。

そして、CL決勝インテルvsマンUはスコールズとルーニーのゴールでマンUがビッグイヤーを掲げた。


【チーム内ゴールランキング】

Christian Bucchi 33得点
Emile Mpenza 13得点
Roberto Sosa 10得点
Roberto De Zerbi 10得点
Inácio Piá 6得点
やはりブッチ最強。まさにナポリの首領(ドン)。Mr.Perfectの称号を勝手に贈呈します。


【06/07シーズン選手総括】
ポジション 名前 コメント
GK Julián Speroni(スペローニ 抜群の反応で数々のピンチを救った。
  Gennaro Iezzo(イエゾー 控えながらも立派に代役をこなしチームに貢献。いまだ失点0
DL C Maurizio Domizzi(ドミジー シーズンを通し7.31という高レートが示す通り安定したパフォーマンスをみせた
DC Paolo Cannavaro(パオロ 序盤はミスも目立ったが、次第に頼れるDFに。
DC,DM Chris(クリス 守備はもちろん攻撃の起点にもなった。
DR,DM Hans Sarpei(サルペイ 持ち前の速さを生かし、幾度となくサイドからチャンスを演出。
DM MRC Francesco Montervino(モンテルヴィーノ 控えの予定がすぐにレギュラーの座を奪う。40試合に出場し、中盤をまとめた。
DM Daniel Imhof(イムホフ 途中出場が多かったが、きっちり役割は果たす。来期から完全移籍
DM Alexandre Song(ソング 中盤の守備を一手に引き受けた。序盤こそ軽率なプレーが多かったが、次第に頼れる存在に。
M C Dalla Bona(ダッラボナ レンタル放出
AM RLC Roberto De Zerbi(ゼルビー FKから得点し、パスでチャンスを演出、そして、豪快にゴール前に飛び込み点を奪う。彼から攻撃が始まった。
AM LC Inácio Piá(ピア 終盤には貴重なミドルを何本も突き刺した。またチャンスも数多く演出。
ST Christian Bucchi(ブッチ 説明不要の大エース。来期もお願いします。年齢が気がかり。30歳。
ST Emanuele Calaiò(カライオ 得点を奪えないFW。よくゴール前でパスをする。放出候補。
ST Emile Mpenza(ムペンザ 数え切れない程のチャンスを一人で作り、数え切れない程外した。それでも310Mの価値は十分にあった。
ST Roberto Sosa(ソサ 大事なところでゴールを奪うことができる重要な控え。
※SSはシーズン当初のものです。

【シーズン回顧】
まさかここまで良い成績を残せるとは思っていませんでした。
すべてが上手くいったシーズンでした。少し始めるチームが良過ぎたかなとも思っています。
やはりFW陣、特にブッチの得点能力と、シーズン通して大怪我がなかったことが大きかったのではないかと思います。
セリエA挑戦がんばるぞー

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
現在、約2ヶ月単位で日記作成していますが、見る人にとってはもっと長いスパンで1つにまとめた方がいいのか、1つを短くして多くした方がいいのか・・。
私的には前者のほうがいいかなっと思っているので、少し長めに書いていこうと思います。


それと、このブログ毎日30人以上の方に見てもらってるんですよね(;><)
本当にこんなにたくさんの人に見てもらい嬉しい限りです。
もっと良い物を書かなきゃと思った今日この頃でした。

  1. 2007/03/03(土) 19:53:55|
  2. Napoli 1年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Napoli 1年目 12月 1月 ~セリエB 真っ赤なお鼻の.....~

<ぼやき>
提携クラブにレンタル移籍させるのってやっぱり移籍シーズンじゃないとダメなんですね。
イングランドはシーズン途中でもレンタルできたのになぁ。

今月からいよいよ期待新コーナー『ヌザッチ観察絵日記』が開始予定(・∀・)ニヤニヤ

それと先月の収支ですが、約200Mの黒字・・・・毎月そんな感じです(;・∀・)
観客がセリエA並みに入るくせに、選手の年棒が安いんでこうなるんですかね。
いやー移籍予算どれくらい出るか楽しみだなぁ((o(´∀`)o))ワクワク



vsPescara(A)
手短に・・・・幸先よく先制し、力の差を見せ付けた試合でした。
ムペンザがひさびさに得点したのも良い感じ。
前半戦の大一番・・・ユベントス戦にむけ良い調整になりました(´∀`)
○2-0 ピア1 ムペンザ


次節の大一番ユーベ戦に向け記者よりコメントを求められるがチームの士気は十分高いので、ノーコントを貫く。
ナポリってライバル数がかなり多い(セリエAの半分くらいのクラブ^^;))んですが、ユーベもそのひとつみたいです。

vsJuventus(H)
前線にはトレゼゲ、アレ、ネドベト、カモラネージ 底にパロとルーカス(評価額2B) DFにトゥドールとコバチ・・・どうりで負けないわけだ(;・∀・)
無駄だとは思いますが、パスの出所であるパロの動きを封じにいきます。ホームなので、あくまで強気に。
試合開始からユーベが前線の個人技を生かしペースを握るが、ナポリDFの必死の守りでなんとか凌ぐ。すると次第にカウンターからチャンスを掴むようになる。ムペンザが相手DFの裏へ抜けそれを相手DFバルザーリがファールで止める・・・・・・。レッドの(゚∀゚)ヨカーンでしたがイエロー(´・ω・`)
後半に入るとしだいに主導権もナポリへ。両サイドから攻める、良いチャンスも作るがやはり最後の砦ブッフォンはボールを弾いてすらくれず、結局ドローの痛みわけ。退屈な試合だったみたいです。
△0-0

この試合で気づいたことは、うちのFWはセリエAでも十分通用しそうということ。逆にいうとAレベルのFWを擁しているということw

→3位 気づけば4位のAlbinoLeffeとは6P差に。10P差つくと3位以上で昇格なんだよなぁ-y( ´Д`)。oO○

言わんこっちゃないことですが・・・・中盤の要のモンテルヴィーノが後半に負傷し、全治5日~2週間。ナポリのフィジコは優秀なので、1週間で戻ってこーい。

vsGenoa(H)
現在7位のジェノアとの対戦。
キングカズが在籍していたところですね。
相手に前回のコンフェデで名を馳せたフィゲロアがいます。
ジェノアがシーズン前に825Mで獲得したらしい(;・∀・)
中3日の為、やや戦力を落とし挑む。
試合開始からナポリがペースを握るが、決定的なチャンスを作れない。
後半に入り、温存していた主力を投入するがたいした効果は得られずスコアレスドロー。
守備陣は絶好調なんですが。
△0-0

→3位 ユーベvsピアチェンツァの首位攻防戦がありましたが、こちらも痛みわけのドロー。


そういえば、リザーブの試合が組まれていない(;^ω^)
リザーブリーグとかないんですかね・・・・仕方なく自分でフレンドリー設定。

バージョン6.02になって消えたと思っていた日本の選手が実はいました。日本代表に架空選手が入って、クラブが別名になっているだけで、選手自体はちゃんと残ってるようですね。


vsTreviso(Away)
20位と下位に沈むトレヴィゾとの試合。
試合は開始早々に相手GKのミスも手伝いブッチが先制点をあげると、
5分後にはムペンザが追加点を奪いアベックゴール。
この後、試合は動かずアウェイで2試合ぶりの勝ち点3を手にした。
○2-0 ムペンザ1 ブッチ

→3位
ここから年明けまで約2週間強のお休み。(練習あり)

ボスマンで1名の有名選手を含む数名と契約合意。

会長が『有名で使える奴連れて来い。多少移籍予算オーバーしてもかまわん。』とのお達しが・・・・。2007の新機能ですね(・∀・)でも会長・・・・いまの戦力で十分だと思いますが・・(;´∀`)中盤かCBに良い選手いれば欲しいですけどね・・・・。でもそんなに簡単に有名選手獲れないって・・・・(ーωー)

vsSpezia(Home)
開始からナポリが細かいパス回しから試合を支配し、余裕の展開であったが、
33分にCKのこぼれ玉をつめられ先制を許す。
3トップにし、引く相手に攻勢をかけるが相手GKの奮闘もありなかなか牙城を崩せない。
すると61分に一瞬の隙をつかれ追加点を許す・・・・。
2-4-4とさらに前がかりに攻勢をかけるが最後まで相手GKの牙城を崩せず痛い痛い痛すぎる黒星を喫す。ゴールが入らなければとことん入らないなぁ。10試合ぶりの敗北らしい。
●0-2

→3位 ついにユーベが単独首位に。


数名と契約合意するも、一人はトルコ人、もう一人はロシア人だからダメでしたOrz
EU圏外ってEU連合?前のシリーズでもダメだったんですかね?
ヨーロッパ人ならOKだった気も。うーん難しい。
要するに通貨がEUのところってことですかね??わからん(ノД`)

GKのスペローニ DRサルペイが揃って3週間の負傷。ぉぃぉぃ遂にきたか噂の怪我嵐(ぇ



vsRimini(Home)
開幕戦の相手。つまり1周したってことですね。前回は2-2と打ち合いの末の同点でした。
相手のアルゼンチン人MF(キープレイヤー)を徹底的に潰す!
開始早々、ナポリが攻勢に出るが、カウンターでRiminiも応酬にでる。
そして、2度3度カウンターの応酬の末、前半10分カウンターからゼルビがブッチにパスを出し1対1を冷静に決め先制。打ち合いには強いんです( ・∀・)
22分またまたカウンターから相手DFの憶測ミスもあり、ムペンザが珍しく1対1を決め追加点を奪う!
後半に入り相手チームがキープレイヤーを左サイドに配置。いままではトップ下でプレスがきつかったので変えた模様。やるなCOM(・∀・)
68分にはムペンザがゴール前で倒されたFKをゼルビーが決め3点目。
そして、このままタイムアップ。
久々の快勝(*´∀`)(*´ω`*)
○3-0 ゼルビー1 ムペンザ1 ブッチ

最近、不調気味だったムペンザが奮起してくれて、よかった。やっぱり彼はカウンターの時に真価を発揮する選手ですね。
あと、サルペイの代役で今期初先発であったイエゾーサルペイの代役のオーストリア代表君も合格点。

→3位 遂に4位との勝ち点差が9に。このままいくと自動昇格できそう(*´ω`*)ついでにユーベの無敗記録も止まったようですヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚Д゚)人ワショーイ


なかなか出場機会に恵まれなかったダッラボナをGenoaにレンタルで貸し出すことに。するとムペンザが『これはきっと彼にとって素晴らしい経験になり自信につながるだろう』とコメント。


vsAlbinoLeffe(Home)
4位との直接対決。メディア予想は22位なのにかなりがんばってるチームです(;・∀・)
その原動力はおそらくFW陣。能力低いのにレートが7,3台です。
この試合はなんとしてでも勝ちたい。これに勝てば自動昇格がかなり現実味を帯びてきます。
開始から攻めまくるナポリ。12分ゼルビーがエリア内のムペンザを狙ったパスが相手に当たり、運よくブッチの足元にころがり、1対1をブッチが決め先制!これでシーズン通算20得点らしい・・・・頼もしすぎる(゚∀゚)
20分相手GKのゴールキックを中盤でヘディングでクリアしたボールがそのままDF背後に抜けムペンザがシュート!これはGKに弾かれるがブッチがまたしてもゲット!追加点。
76分にはムペンザに変わって入ったカライオが放ったボールのこぼれ玉に三度ブッチがつめトリプレッタ達成。今期3度目くらいです。( ゚Д゚)ヒョエー
91分にはモンテルヴィーノがA顔負けのミドルを突き刺しブッチ劇場に花を添えた。
○4-0 ブッチ3 モンテルヴィーノ1

→3位 ぉユーベがまた負けてますね。ナポリは暫定3位ですが、1試合未消化なので、次勝てば2位浮上です。

vsVerona(Away)
お互い攻めあうがあと1歩つめ切れずスコアレスドロー。
選手に疲れが見え始めてきたか。
△0-0

→3位


vsCrotone(Away)
2戦連続の中3日での試合。
相手は18位の格下なので、FWをソサとDiaの2トップにしムペンザ、ブッチはお休み。
試合はそれでもナポリが開始からソサのヘッドで先制し、すぐさまソサがヘッドで追加点。
イムホフがさらに追加点をあげ、試合を決定付ける。
アウェーで完勝。勝つたびにセリエAが近づいてくるのを実感します。
○3-0 ソサ2 イムホフ1

この試合に得意のヘッドで2得点を挙げる活躍をみせたソサ
なかなか勤勉で良い選手なんですが、今年の6月で契約が切れるため交渉中。
ですが、なかなか進展せず。

↑2位 首位のピアチェンツァの試合がなかった為、暫定で2位に浮上。1~3位の勝ち点差1の中にひしめいてます。


結局、会長が望む有名選手の獲得には至らず。
『失望している。』と短いコメントを残された。
どれだけの選手を獲得すればいいかわからないし(;´Д`)
フィオレンティーナのクロルドルップにオファー出してみたんですが断られました。



【順位表~2007 1月~】
06 position


全42節のうち25節消化。
残りの試合数考えたらまだまだ気は抜けませんね。

【プチ情報】
日本代表の頼れるSB Kajiさんがトルコの名門Besiktasに移籍。
ジーコ元日本代表監督の口添えがあったと言われている。

大混戦のプレミアリーグでボロが最下位(;´Д`)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【ヌザッチ観察日記①~創刊~】

名前 Carmine Nuzzacci(ヌザッチ)
ポジション ウイング(AM L)
年齢 1983年8月19日生(23歳)
性格 陽気(ラテンのり)
趣味 ナンパ、酒
一言 この前、海で泳いでたらぁ~いきなりスカウトされてよぉ~このチーム入ったんだけどぉ~まさかサッカーチームだとは思わなかったよ~給料貰えてラッキー

能力~06年12月24日撮影~
ヌザッチ
<観察記>
クリスマスの今日、ヌザッチと契約した。真っ赤なお鼻の彼は少々陽気すぎて、サッカー選手には向いていないような気もしたが、まあ安いからいいだろう。まだまだサッカー選手のような体つきではないが、スカウトも潜在能力を評価しているので見守っていこうと思う。早速だが、ゼルビーに技術指導を依頼すると、ヌザッチはだるそうに、
『え、練習するんっすか?』と言っていた。しかし、ゼルビーは乗り気だ。

------------------------------------------------------------------------------------------------

  1. 2007/03/02(金) 03:21:06|
  2. Napoli 1年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Napoli 1年目 11月~セリエB~

本日10時に新しいパソコンが到着・・・Vistaです( ・∀・)イイ!!
それから7.02のパッチを当てついでに、セリエA,Bなどのフェイスパックやユニフォームキット等をDLしていると気づけば時間は15:00過ぎ。
Vistaはなんか慣れないせいか、使いづらい(;・∀・)
絵文字を登録することだけでも色々、不具合が多く苦労しますし・・・。
それからFM2007をインストール後、ゲームスタートすると初めのSEGAのロゴの後から固まったのが2回・・・・・。もう1回再インストールすると直りましたが、“もしや、このパソはグラフィックボードついてないのか(;゚Д゚)”と一時はかなり焦りました。
しかし、なんだかんだいってもやはり新しい事だけあって軽い軽い(・∀・)
もっとリーグ数増やしてやり直そうか迷いましたが、まあいいところなんで、そのままで続けます。
では、前置きが長くなりましたが、これからもFM2007日記見てやってください^^

------------------------------------------------------------------------------------------------------
現在Feederクラブが伊リーグに3つあるのですが、募集の結果スペインのセグンダBのチームが推薦された。そのうちの1つのC.F Fuenlabladaというところとの提携を提案。

FMできない間に考えていたのですが、あと数年後にはFカンナバーロ獲りたいですね。
リアルならもうすぐにでも着てくれそうな勢いですがwFMではまだまだ健在なので、それは難しそう。
スカウトのレポートによると、移籍に興味はないそう。
現在32歳であと契約が2年。
・・・・やっぱり34歳とかですかね。来るとしたら。


vsBari(Home)
FM2005で指揮経験のあるチームとの対戦( ̄ー ̄)ニヤリ
当時の選手は全然覚えてませんがw
試合はホームの声援を背にナポリがペースをつかむが、前半16分にカウンターから相手のキープレイヤー(マンマーク設定してたのに(;´Д`))からのスルーパスに抜け出されそれをカンナバロがファールで一発レッド。監督の復帰戦・・・・幸先悪いです。
ムペンザを下げSaviniをカンナバロの位置に入れ試合再開。
この後、数的不利も果敢に攻めるが両者決定的なチャンスを作れず、後半38分に3-3-3に変更。
しかしこれも実らずホームで痛いドロー。
△0-0

そして、遂にユベントスが2位浮上・・・強すぎ《゚Д゚》
ナポリは3位降格
↓3位
セリエA昇格が危うくなってきた・・・・。

vsMontova(Away)
5位のチームとの対戦。
FWに193cmのBernacciという選手がいて、13試合で10点決めている模様。
これは手ごわいぞ・・・・。
そしてムペンザが国際試合でいない為、カライオブッチの2トップで挑む。
12分ショートカウンターよりサイドを突破したピアがふわりとした(松井大輔の左足クロスのような)クロスをあげ、それをブッチが叩き込み先制!
前半終了間際に警戒していたNernacciが落としたボールをクリスがクリアミスし、Nernacciの足元に転がり同点ゴールを許す。
『まだまだチャンスはある、この試合勝つぞ!』
HTのチームトークが聞いたのか56分スローインからエリア付近の細かいパス回しからカライオが抜け出しグランダーの速いクロスを放り込むとこれが相手DFに当たりそのままゴール!逆サイドにはフリーでピアがいたんで、どっちにしても入ってました(´∀`)
そして後半終了間際に相手選手が退場し、結局このままタイムアップ。
アウェーで大きい勝ち点3を手にした。
○2-1 ブッチ1 OG1

やっぱりうちのストライカーは良質共に素晴らしい(*´д`*)
→3位


そういえば、7,02にアップデートしてから7,01のデータ使っても問題なかったんですが、日本人選手達が消えてますね(;´∀`)
マレモートでも獲るかな・・・・。

vsLecce(H)
シーズン前のメディア予想は2位のチーム。しかし、不振を極め19位と降格ギリギリの位置。それでも選手はやはりかなり優秀。
一応ライバルらしいので『サポーターの為に戦え!と喝』
試合開始から両者激しく攻めあうが、両GKの踏ん張りもあり、序盤はスコアが動かない。しかし、ブッチが相手のクリアミスを逃さず右45度の位置からボレーを放ち先制点を奪う。そして、45分にもピアが追加点を奪うと、終了間際にはモントリーヴォも得点を奪い終わってみれば3得点の大勝。
試合的には3-2くらいの出来でしたが、GKのスペローニがMOMの働きをみせ無失点に抑える。
○3-0 ブッチ1 ピア1 モンテルヴィーノ

試合後、レッチェの名将ゼーマンが『スペローニは今日のピッチ上で最も輝いてたプレイヤーだ』と絶賛。

→3位 ユーベ ナポリ  AlbinoLeffeが勝ち点34で同率2位。1位はPiacenza
で勝ち点38。このペースだと1~2位昇格 3~6位プレーオフくさいなぁ。なんとしてでも2位以内を目指さなくては( ̄Д ̄)

vsBrecia(A)
こちらも下位に沈む『激しい』ライバルとの対戦。
開始からお互いカウンターの応酬で激しい打ち合いとなるも両GKが踏ん張りスコアレスで前半を終える。
後半、思わぬところで試合が動く。55分相手FWコロンボがクリスにエルボーをかまし一発レッド!!数的有利にたつ。ここでチャンスを確実に決めてくれそうなソサをムペンザに変えて投入しサイドにボールを散らし落ち着いて攻めるよう指示。
そして、これがずばり的中する。77分サルペイが阿吽の呼吸で、ややラインが高い相手DFの裏へボールを送りソサがこれに反応。GKとの1対1を上手く決め、待望の先制点!!
この後、相手は3トップで攻勢を仕掛け何度が大ピンチもあったがスペローニ様のスーパーセーブで防ぎきりダービー2連勝!これは難しい試合だった。ラッキーな退場劇が無ければ危なかった・・・いやきっと負けてた(´Д⊂
○1-0 ソサ

試合後またまた相手監督がスペローニを褒めちぎった。

→3位

フリーの選手に38歳元ブラジル人DF(過去にナポリ在籍)がいるのですが、将来コーチになりたいと考えているとのこと。無理矢理スカウトにして南米コネクション作れないかな??まだ、資格取得していないので、しばし静観することに。



<潜在男!?>
何気なくスカウトの報告を見ていたところ・・・・・・・・・・・こんな選手を発見。
potential
真ん中の選手なのですが、現在の能力が最低ランクで潜在能力がMAX値どうなってんだこれは・・・・。
ちなみにこの選手の現在の能力はこちら・・・・。
まだ若いから育ててみようかな・・・・(;´∀`)
ヌザっち観察日記みたいなのを・・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・
企画的におもしろそうなので採用(ぉぃ

ってことでオファーだしましょう。


<順位>
やっぱりユーベがダントツで優勝しそうだなあ。
2位狙い。プレーオフは避けたい(;´Д`)
WS000001aa.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------

やっぱ日記書くとだいぶ時間くいますね(;・∀・)
ぼちぼちやっていきます。
もう少し試合の内容を薄く書いて時間短縮したほうがいいかな。
来たれボスマンの季節!!

  1. 2007/03/02(金) 00:00:31|
  2. Napoli 1年目〜FM2007日記〜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

★Hot Item★

管理人のオススメ(各商品画像クリック後、商品画面に飛べます。)


『ヒストリー オブ フットボール VOL.1(DVD)』   『マンチェスター・ユナイテッド・オフィシャルヒストリー 1878-2002(DVD)』>   クラシックダービー#ACミランvsインテル・ミラン

最近の記事

FootballManager

プロフィール

Hendrikse

Author:Hendrikse
フットボール、音楽好きの自称NEET。
好きなバンド:The Used,Fall out boy,Weezer,The Hush Sound,Hellogoodbye,Panic! at the disco,blink-182
好きな選手:高原直秦、他海外で活躍する日本人選手
好きなチーム:高原が所属するクラブ・・・Jスポーツしか観れないんで必然的にw


FC2 Blog Ranking

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。